HATは幸せ!


GIのテーマは?

GIなので何か書かねばと思いつつも
何も思い浮かばないのでたぶん外れる。
自分の買い目だけ書いて失礼します。

阪急杯で7歳を起用した2006年を見ているので、
阪急杯もオーシャンも連対馬を起用しないと
極端な予想シフトを敷いたので
外れる公算は、いつもの如く高いです。
今年のGIのテーマが仮に「連続性」だとするなら、
辛うじて残るのが2番フィエロとなるがすでに8歳。
中京と阪神の連覇を成したキンシャサノキセキの
例があるとはいえ確固たる軸にはし難い。
ならば前年の2着同枠馬と同居したオーシャン1着馬を
2着と考えた方がまだまし。
彼女が幸い2番人気なので相手は
4番人気のシュウジに絞って勝負します。




スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

ワイドで買う

高松宮記念の優先出走権競走
阪急杯   は「G初勝利」の【7歳】
オーシャンSは「G初勝利」の【牝馬】1~3着

大阪杯の優先出走権競走
中山記念は「G初出走」の2着
金鯱賞は

という視点で調べたが成果は無い。
第60回 産経大阪杯に出走した4歳牝馬が
出馬表に名前を留めているので素直にこの馬を
軸に据える
仮にもGⅡ勝利、GⅠ3着という実績馬
走っても不思議ではない

相手はG未勝利の「6歳」に的を絞りたい
内から204、408、612をワイドで買う。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

さらばミホノブルボン

大好きだった(変則)三冠馬ミホノブルボンが
亡くなって喪に服していたが
弥生三月、最初の記事は弥生賞と決めていた。
嫁は息子の一人暮らしの準備のため東京へ
出かけており自由な「独身生活」を謳歌しているが
競馬に時間を割ける環境にあるにもかかわらず
そう上手くは運ばず仕事の方が忙しい。

今日は膝の具合がまた悪くなって、以前も紹介した
ことのある神戸元町の
<鍼灸治療院 きりん堂>で治療してもらった。
長時間ありがとうございました。

HP紹介
http://kirindoh-harikyu.holy.jp/


今年の弥生賞の注目馬は2頭
コマノインパルスとグローブシアター
困ったことに、これも注目していた2つの枠に
ぴたりと嵌まってしまった。
逆にそうなると疑ってしまう悪い性癖。

2008年のマイネルチャールズ以後
途絶えてしまった「中山2000」からの直接連対。
京成杯でこっぴどく負けたアダムバローズが
「若駒」を勝った時に弥生賞に登録してきたら
関東馬コマノインパルスを軸にと決めていた。
相手も「中山2000」から直行するグローブシアター
昨年の2着角居キャロットを表現しているから。

第54回 アルゼンチン共和国杯(枠6-3)
第54回 愛知杯(枠6-3)
注目していた2つの枠と言うのが此れ。

2014、2004、2007 [地]が出走
何が起きたか?
隣接する2つの数字がワイド馬券として
成立していた。
もっと言えば同一枠に居る2頭での揃目。
それが可能だと感じさせる枠は7枠しかない

http://www.jra.go.jp/news/201702nakayama/index.html
中山イベントには「重賞わくわくチャレンジ」
というものが用意されており
弥生賞当日は昨年の最優秀障害馬オジュウチョウサン号
がモチーフとなった商品が映っている。
中山グランドジャンプ7枠
中山大障害7枠
暗にこの枠ですよと言っているようなものだ。

中山記念の時の商品は、最優秀3歳牡馬
サトノダイヤモンド
これは言うまでもなく「ルメール」
該当する馬は1番人気アンビシャスと3番人気
ネオリアリズムしか居なかった。

馬連3-7
3連7-9-10



揃目枠、隣接番で三冠出目を戦い続けたミホノブルボン
だが彼の存在を世に知らしめたのは
あの中京競馬場・新馬戦での豪脚!
彼に、この弥生賞の予想を捧げたい。
さらばミホノブルボン

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

テレビCM「図書館」

柳楽優弥「フェブラリーってなんだっけ?図書館」
このCMが、しきりにサイン読みサイトで
話題になっている。
ひと廻り見て回ったが同じ考えの方が居なかったので書くが、映画「図書館戦争」の中で図書館法が登場する。
実際にある図書館法に図書館の武装化が取り込まれているのだ。以下のような内容。
図書館法第4章(図書館の自由)
図書館の武装化(第30条~ 第34条)
第34条 図書館の自由が侵される時、我々は団結して、あくまで自由を守る。

これに着目したのは「34」という数字。
柳楽君はフェブラリーは図書館がサインですと言ってる。
それを調べて出てきた数字が「34」
枠に直せば「22」の揃目
そこでこの2つの数字を開催数に置き換えて
調査すると、ある共通項が浮かび上がる。

22回揃目開催と同じ出目を使った33回揃目開催
22回フェブラリーS 14番-7番
33回フェブラリーS 14番-7番

この翌年度に目を向けると
23回フェブラリーS
714 1番人気
509 前年2着

34回フェブラリーS
逆14 1番人気
611 前年2着

このような図式が出来上がるのだが
果たしてこんな「ノンコノ夢」になるのか?

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

東京競馬場イベントインフォメーション

1/28~2/19を期間として「UMAJO SPOT」がオープン
コピーは「カワイク・タノシク・ヨクブカク」です。
「カ」で始まって「ク」で終わる。
期間中のメイン競走で、この条件を満たすのは
根岸を勝った「カフジテイク」のみ。

この馬を軸にしようと思っているのですが
京都でカフジグローリーが早々と勝利。
少し嫌な感じです。
ダイヤモンドステークスの5枠にも加藤守
この馬が勝ったら更に嫌な感じが重なります。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
287位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
141位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -