FC2ブログ
自宅にお中元が届きました。そうだ、いつも訪問して下さる皆様に何か感謝の気持ちをと考え、そりゃあ渾身の予想しかないと思ったのですが、貰っても嬉しくないかもしれませんね(笑)

火星が地球と最も近くなる瞬間というニュースが流れ始めた頃、プロキオンSの週の七夕賞で4番が使われました。
よくわからない方に分かり易く説明すると火星は、太陽から4番目に近い惑星なんです。その火星が15年ぶりに地球に近づくわけですから2003年を調べる必要が有ると思いました。

2003七夕賞 枠7-6 馬10-08 13頭(逆4番)
2018七夕賞 枠4-5 馬04-05 12頭(正4番)

2003小倉記念 枠7-4 馬08-04 11頭(逆4番)
2018小倉記念 枠4-0 馬04-00 12頭(正4番)

こんな考え方をするのは私だけですから、どこを探してもこんな予想法には出会えません。1着馬を当てる予想です。後輩などは、この時点で「無い無い」と馬鹿にするのです。ちなみに先週、私の予想は、クイーンは想定通り「外人騎手」が勝ち、アイビスは森田「直」行厩舎で丼馬券、配当は低かったのですが久しぶりに2週連続の的中でした。今週も当たるとは「言い切りません」が予想の精度はいつもより高いかもしれませんよ(笑)

<夏の54回ハンデ重賞>
CBC賞 18頭
枠4-5-5
馬8-10-9(11-9-10)
人4-9-8
歳6-6-6
H54-52-56

七夕賞 12頭
枠4-5-6
馬4-5-8(9-8-5)
人11-4-12
歳7-6-6
H54-55-50

函館記念 15頭
枠4-2-8
馬6-3-14(10-13-2)
人5-7-13
歳7-7-5
H55-57.5-54

この3つの競走に共通するのは
「4枠が1着」
「54斤量の馬券対象」
「1~3人気を使わない」

ここでも4枠1着が浮上します。ですので私から皆様へのお中元馬券は、「404ストロングタイタン号の単勝馬券」です。最終5倍前後でしょうか。

この馬を買いたくなる要素をもう一つ、ご案内しましょう。2017小倉記念で(外)ストロングタイタンは、1番人気に支持されましたが8着に敗れています。その時の配置枠が7枠10番(逆4番)だったのです。今年は1番人気でも有りませんし逆4番では無く正4番位置です。2017小倉記念で採用されたトピックは、あまり終わった後も報じられず取り上げられることは無かったですが、39年ぶりの
「最軽量ハンデ馬」の優勝でした。ストロングタイタンという馬を用いて昨年と違う結果を表現しようとするなら、これも逆を使うはずです。「最重量ハンデ馬」の優勝です。
2008年のドリームジャーニー以来10年ぶりです。今年は3頭います。
11番 1番人気 57
10番 2番人気 57
そして4番 4人気 57 の池江3頭出しの内一頭。

1番人気や2番人気はやめましょうよ!
と言いたいので<夏の54回ハンデ重賞>の人気まで書いた訳です。
まあもちろん、いつもの私の実績を考えれば、信用できないとは思いますが、日頃の感謝を込めて、誠心誠意で見つけ出した推薦馬です。宜しければ、ご検討下さい。本日のご武運を祈ります!










中央競馬ランキング



スポンサーサイト
酷暑ですが皆さん、お元気にお過ごしでしょうか?
まだまだ暑いのに変わりありませんが個人的には、随分と暑さが和らいできた気がします。
昨晩は、私の夏の楽しみである花火大会があり(といっても混雑が嫌で現地には行かない)
いつもは県立美術館まで出かけて鑑賞するのですが(打ち上げ場からは少し離れていますが、しっかりはっきり見える最高のスポットなんです。)
今年は、なんと!自宅に居ながら花火を見る事ができるという贅沢な1時間を過ごしました。
視界に高層老人施設が有って邪魔をしているのが少し悲しいのですが、涼しい所で花火鑑賞できるのですから文句を言ってはいけませんね。

さて、もう一週間、頑張れば盆休み(今年は土日含んで5日間)ですから、頑張っていきましょう。





中央競馬ランキング



2018.07.29 台風逆走
台風が逆走して西日本豪雨で被災した地域へ進路を取った。被害が大きくならないことを祈ります。
そんな中で競馬の記事をアップするのは気が引けますが
ほぼ競馬の事しか書いていないブログなのでご容赦ください。

7月の勝負レースを的中させ、福島テレビOPもワイドで、しっかり捉え絶好調となってしまったが、幸運が2週続かないことを、十分理解しているので今週は無理をしないが北海道新聞杯は個人的に印象の良いレースなので参戦する。

昨年は「ア行」馬2頭の選択に失敗し取り逃がしたが、とにかくア行馬が強い。
2010アプリコットフィズ牝3
2011アヴェンチュラ牝3 VS 10人気
2012アイムユアーズ牝3 VS 10人気
2013アイムユアーズ牝4 VS 最下位人気
2014アロマティコ牝5
2015不在
2016不在
2017アエロリット牝3

相手馬を表記しているのは3歳馬が勝った翌年の傾向で悉く不人気馬が連対席についている。穴好きの人間には今週は当たらないと自覚していても触手を動かされる所以でもある。
岩田から池添に乗り替わったことで3番トーセンビクトリーが連対する確率がかなり高まった。
昨年は角居厩舎の馬として2着。例の事件があって今年は中竹が管理する「別の馬」と考えた方が良い。
確率を示せないので感覚でしかないが、こういう時は2年連続で作用することが多いような気がする。

今週は外れても良いと考えているので何でも書くが、1月から6月までの重賞競走で外人騎手が勝たなかった月は無い。ところが今月がまだ勝ってはいないので、アイビスかクイーンのどちらかで外人騎手を1着に起用するのではないかと考えるが、この考え方の良い点は「勝馬予想」につながる点である。

クイーンS 1着候補
101 アグレアーブル
709 ディアドラ

アイビスサマーダッシュ 1着候補
408 ラブカンプ―

人気しているから単勝に旨味はない。
ポパイさんが書いておられるクイーンの正逆91
https://ameblo.jp/aaf28340oyoyo/
この統制はかなり有力な情報ではないかと思われる。
同時にクイーンSが今年、外人騎手を受け入れるのかも非常に興味深くみている。理由は浅薄で昨年外人騎手を受け入れた秋華賞の勝馬がディアドラだから。
そんな考え方をするのも私くらいか。

アイビスは分からない。
ただクイーンが外人騎手を勝利させなかった時は、17頭で施行する意味を考えた時に408から8枠3頭へ馬単で勝負に出るかもしれない。








競馬ランキング
職業柄、知り合いには現場で作業する方が少なくない。
安全性からヘルメットに長袖の作業着の着用が義務付けられていて
体に熱が溜り体温が下がらない。
毎年数回熱中症に罹るというのも頷ける。

最近は扇風機(ファン)が付いた作業着が有って
2万円くらいするらしいが少しでも涼しければと
購入したが上は汗が引くが、下半身は汗だくと
身体に良いのかどうかは判らないと言っていた。

食欲は当然、無くなるが食べないと体がもたないので
ご飯にお茶をかけて流し込んだり、冷たい麺類などが
多くなるという。言われるまでもなく水分補給は
充分に取っているが、もうそんなもんでは熱中症は
防げないと嘆く。兎に角、過酷な仕事である。

そんな彼らをもってしても、今年の暑さは異常らしい。
なんでこんなに暑いんだ!調べようとしたら
すでにニュースで取り上げていた。
太平洋高気圧が日本全土を覆い暖気をもたらす更に
その上空をチベット高気圧が張り出して、その下降気流が
空気を圧縮し気温を更に上昇させるという
「高気圧の二重構造」を成しているらしいのだ。
7月一杯はこの暑さが続くらしいから堪ったものではない。

西日本豪雨の被災地では連日猛暑の中、被災された方
消防・自衛隊などの方以外に、ボランティアの方々も
多く現地で泥をかき出したり、廃棄物を片づけたり
しておられる姿をテレビで拝見したが、本当に
頭が下がる思いで見ている。今日は直近の駅で
街頭募金を募るというボランティアに参加する。
少しでも手助けになれば有難い。







中央競馬ランキング

福島競馬場開設100周年記念を副題にした七夕賞
一瞬メドウラークかなと思ったんだけど止めちゃった・・・
ツインターボの16番位置、循環100番目
マイネル三頭につなげれば当たり。
こういう単純な発想に賭けられるかどうかだろうな。
福島テレビオープンはそんな反省も込めて
100周年アンバサダー武田玲奈と楽天則本から
レーヴミストラルとウイングチップから14番マサハヤドリームへ

七月の勝負レースは「中京記念」

非抽選2騎が米子Sの連対枠構成馬だったので、このルートを
否定しているように見える。という事は今年は東京OP1400での
前走パフォーマンスが必要という事か。
2013 米子6
2014 六甲3
2015 パラダイス1
2016 米子5、六甲5
2017 パラダイス1、2

マイネルアウラートが2年間のどん尻から巻き返すとは考えにくい。
ならば今年も「対角位置」を教える公算が高い、但し上記内容から
「並行位置」と思われる。
816 グレーターロンドン 京王杯SC

マイネルとは対照的に2年間2着枠を構成したピークトラムは
今年は□地として福島最終からサインを送っているのが後押しに見える。
ブレイズアトレイルが入った4枠にマイネルアウラートが
配置されたことからも使用される確率は増しているように思う。

3年間5歳だけで決着させているので、今年は少なくとも一頭は
違う世代を採用すると考えていたのと、複数の端数ハンデ馬の
存在から軸は1番人気のこの馬で間違いないと言える。

グレーターロンドンの前4走を見れば8枠が3着を外すことは無い。
一応、米子は否定したがメドウラークの対角に居たアメリカズカップは
激走する可能性を秘めた馬と書いておく。
この馬に複数のプラス材料が有るからで、その理由まで書いたら
梯子を降ろされるに違いないから書かない。

一抹の不安は、読めなかった2頭の既勝利馬の存在
どういう示唆を発するのか、此処が読みどころか。
2016 ガリバルディ  ⇒7歳
2017 ウィンガニオン ⇒6歳




中央競馬ランキング