前回記事で書いた今年の菊花賞の特徴2点目の
「ダービー1~3着の不在」を今少し、掘り下げて書いてみる。
そもそも菊花賞はダービーのように直前GI競走に
優先権を与えていないので、
ダービー4着以内馬が出走しなくても優先権が
4枚無くなるという事は起きない。
今年の菊花賞はダービー馬券対象馬に
「負の履歴を刻ませない年度」のようで、
1988や2002年にはダービー4着馬が
押し上げられるように人気したが、
馬連馬券に貢献することはなかった。
不思議というか、ひょっとすると当たり前なのかもしれないが、
ダービーへの優先権を持つ皐月賞4着内馬も、
この2年間の菊花賞で機能していない。
これがある種の法則ならば、はなから818、816、715、204
といった馬番は買う必要のない馬券という事になる。
枠が走ると言う概念を持ち込めば817も不要
という考え方ができるかもしれない。
何故そのようなことを付け足すように書くのかと言うと、
この2年間の連対馬番は「正逆2」を起用しているからだ。
この消去理論が働けば残る検査対象番は102だけになる。


此処で次に菊花賞の特徴3点目4点目にに触れてみる。
プレスジャーニー、この馬が象徴的な馬であることは
1番ゲートに入ったことで実証された。
この馬の菊花賞直行宣言はトライアル直前の9月15日。
この事からは2つの仮説が立てられる。
一つは菊花賞トライアル馬連対象馬の排除。
もう一つはその逆で機能。
だが神戸新聞1着馬が既に消えているので、
そちらの方は考えにくい。従って個人的な見解を先に言えば
612、816、713は不要だ。
前回記事では書かなかったが、
102も菊花賞トライアルに進まなかった馬。
このタイプの馬は菊花賞で採用されないのだが
今回も不要と決めつけるのは危険だ。
なぜかと言えば前述の2番ゲートに居る馬だから
という理由もそうだが、同枠も形の違う同じ非トライアル組だからだ。
トライアル馬連対象馬と書いたが3着馬はと聞かれそうだから、
其処も書いておくが、実は今年の菊花賞勝ち馬は
そのトライアル3着馬だと考えている。

セントライト記念 202サトノクロニクル
神戸新聞杯    202サトノアーサー

この2つの競走は共に1~3番人気で、1~3着。
まあ100人いれば100種類の考え方が存在しても
良いのだが、実際はそうはならない。
同じ考え方をする方が居るからだ。それが人気に反映する。
強い馬3頭が上位着順に座る、まあ其処は正しいから良しとして、
3着に同馬主の馬が来る確率は何パーセントだろう?
ましてやそのサトノ2頭が出馬表の対角に
配置される確率はどうだろう?
もうこの時点で私の軸馬は408サトノアーサーで仕方ない。
何故クロニクルでは無いのか?

1988菊花賞817「神戸新聞3着」
2002菊花賞102「神戸新聞3着同枠配置」


続く?・・・時間があればね。



競馬ランキング

スポンサーサイト

【2017/10/21 00:33】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
先読みではなく、遅い予想。
今年の菊花賞の特徴は・・・
<第48回衆議院選挙当日施行に尽きる。>
なんでも書いた天皇賞秋の記事とは違って、
なんでも書かない菊花賞としておこう。
46回2012.12.16「朝日杯FS」
47回2014.12.14「阪神JF」



2点目の特徴はダービー馬だけでなく
馬券対象馬3頭を不在にした事だろう。
ダービー馬の不在は(88、90、91、97、02、04、07)
ダービー1~3着の不在は(88、02)
1988年 1着皐月・優駿不出走
      2着皐月不出走・優駿9
2002年 1着皐月・優駿不出走
      2着皐月15・優駿15

優勝馬には春の実績を問わない、むしろ不要。
2着馬にはそれでも最低限の優駿出走歴を要求。
そんな簡単で良いのだろうか?



3点目の特徴は年明け初戦に菊花賞を選択した馬が
存在する事。
8/26にnetkeiba.comに転厩の報が載った。
美浦・本間→栗東・佐々木
オーナーの要望とあるが嘘か真か。
9/15スポニチannexに菊花賞挑戦の記事が発表。
これを時系列に読んで分かることは何か?



4点目の特徴は神戸新聞1着が不在。
普通に考えれば故障以外でこういうことは起きない。
2008年に神戸新聞杯1人気1着馬が秋天皇賞に
挑戦した年度以来、丁度10年目。
ディープスカイはダービー馬だったが「Jpn1」
勝ったウオッカも「Jpn1」ダービー馬、
そんなことはどうでも良いか。

菊花賞を勝ったオウケンブルースリは神戸新聞3着
3着は神戸新聞2着同枠
このあたりが手掛かりか?

続く・・・?




競馬ランキング





【2017/10/17 23:37】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
昨年は2015年の1着番「8」を連続起用した。
ある意味、数字の「連覇」と言えるかもしれない。
2011、2012年にも同様の形「12」は見られる。
ただ、数字が同じと言うだけで
ポジションが全く同じという訳では無い。
出走頭数の相違で逆番位置が異なるからだ。
2015「正8逆11」
2016「正8逆8」

2011「正12逆7」
2012「正12逆7」

2010年の2着は「正7逆12」、3着が「正12逆7」と
3年がかりでのリンクだった事が分かる。
今年も1着の可能性は低いが2着か3着に「正逆8」を
使ってくる可能性は否定できない。
あくまでも出馬表との相談になる。



この1着馬番を連続起用した前後の年には
牝馬を起用していることから、今年も牝馬を起用する可能性も
併せて考慮しておきたい。
優先権競走・毎日王冠では1番人気の3歳「牝馬」が一蹴され
京都大賞典では過去に例のない7歳「牝馬」に1着席を
与えた伏線を考えれば、その準備をしておくのは
至極当然のように思われる。



烏滸がましいが戦歴的なつながりを書けば、
1着馬番連続起用の2年間の1着枠の戦歴は
翌2013年の1着枠に引き継がれている。
2011(京都大賞典1着)1着同枠
2013(京都大賞典1着)1着同枠

2012毎日王冠2着(1着同枠)
2013毎日王冠2着(1着)

第156回天皇賞秋の1着枠に、2015、2016の1着枠の
戦歴を起用するのだとしたら、2016年1着枠の
安田記念2着馬、札幌記念2着馬が不在なので
同枠配置馬が所持していた毎日王冠1着歴が
「1着枠を形成する」と考えられる。
2016(毎日王冠1着)1着同枠
2017(毎日王冠1着)1着枠・・リアル

その上で前述した牝馬の起用性を加味すると、
2015京都大賞典1着(1着)
2017京都大賞典1着(1着枠)・・スマート

リアルとスマートが同枠になれば、其処が1着枠
リアルとサトノが同枠でも、其処が1着枠
同居しなければ固執せず考えそのものを
振り出しに戻すのが無難だ。




春と秋の兄弟・姉妹関係は
1200(高松9800-スプリンター9800)
1600(安田11300-マイルCS11300)
ダート(フェブラリー9700-チャンピオンズ9700)
牝馬戦(Vマイル9300-エリザベス9300)
ファン投票(宝塚15000-有馬30000)
そして同じ名前の(天皇賞春15000-天皇賞秋15000)
がこれまで相互関係を築いていたのかもしれないが
春に「大阪杯」という距離2000のGI競走が
誕生することで(大阪杯12000-天皇賞秋15000)
という対比も視野に入れた考察が今後の大事な
「研究課題」になったのではないか。
既にいくつかの記事の中で「古馬三冠ボーナス」に
ついて書いたが、その中での距離2000GIの存在性
からもそのように言及できる。




書いた数字は「賞金額」であるが、それは「格」を示すと
言うよりも「売上貢献値」のようなものだ。
たとえ対比したとしても大阪杯が天皇賞のステータスを
犯すことは無い。
それが大阪杯1億2000万の設定理由だろうから。
勘違いされると困るが、大阪杯1着馬が天皇賞秋を
勝たないという意味ではない。
けしてそういう意味で書いてはいないが、
宝塚サトノクラウンは有馬を勝たないと想定しているし、
キタサンが宝塚をいとも簡単に負けた理由も
(キタサンの有馬での機能)という設定から納得がいく。
そうした考え方に基づき
<2017大阪杯勝馬は、2017天皇賞秋を勝てない>
という自分の中での根拠づけにしている。
キタサンが天皇賞秋を勝たないと結論付ける事は
春とは違い秋古馬三冠・初戦敗退を意味する。
まぁ(笑)あくまでも個人的な妄想なので気にしないで
北島ファンは、キタサン頭で買えばよい。
「先読みする」という事は、そういう事ではないのか。

いつもは書かない素材もあるが、此処では洗いざらい
考えつくことを書いている。
長くて飽きたら無理して読む必要もないので
秋天直前にでも読むのも一興。




61回大阪杯は「牝馬不在」での施行。
156回天皇賞秋は「牝馬出走」
この相対関係は、今年の天皇賞秋で牝馬が連対枠入り
するのではないかと考える上での、一つの目安ともいえる。
今年の秋天が何頭で施行されるか不明だが
18頭なら逆8番は正11。
春天で唯一の牝馬が配置された位置にあたる。




今一度、相対関係に設定した「61回大阪杯」を紐解く。
新設GIだが61回という施行回数は前年、産経大阪杯から
引き継がれている。
引き継がれるという事は、其処に「連続性」が
存在すると読み換えても良い。

90回中山記念2着歴は60回産経大阪杯1着
91回中山記念2着歴は61回大阪杯1着同枠

109回京都記念2着歴は60回産経大阪杯2着同枠
110回京都記念2着歴は61回大阪杯不出走
   →156回天皇賞秋2着枠配置?(スマートレイア)

読んでおられる方の中には中山記念は分かるが京都記念を
取り上げているのは何故?と思う方もいるだろう。
2016中山記念 デムーロ 堀
2017中山記念 デムーロ 堀

2016京都記念 デムーロ 堀
2017京都記念 デムーロ 堀

連続性をテーマにする限りにおいては、見逃せない
デムーロの「連覇」




もう一方の大阪杯ステップも「連覇」で
大阪杯の3着位置を任されていた。
2016金鯱賞 池添 池添
2017金鯱賞 池添 池添

こうした「連覇」の影響を受けた大阪杯
例年なら秋天の、比較の対象となる天皇賞春も「連覇」
2016天皇賞 武 清水
2017天皇賞 武 清水


此処までを先読み出来ていなかったから
京都大賞典の「連覇」や
スプリンターズの「連覇」を獲り逃す。
2016京都大賞典 武
2017京都大賞典 武

2016スプリンターズ  デムーロ 尾関
2017スプリンターズ  デムーロ 尾関

なんで此処で、スプリンターズが出てくるのかと
問われても困るが春一番GIが「連覇」で始まったから
秋一番のGIもと答えれば納得してもらえるだろうか?
2016フェブラリー  デムーロ
2017フェブラリー  デムーロ



長すぎて意味が分からない。
秋天も「連覇」という事か?
違います。
連覇を受ける大阪杯は前年2着馬の起用。
これは大阪杯自体が「連続性」を主張している証左。

秋天も京都大賞典や春天皇賞の「連覇」を受ける以上
前年、堀厩舎の連覇と考えるよりも
大阪杯同様「連続性」に主眼を置く方が良いと考えます。
前年2着枠の起用です。
712リアルスティール
713ヤマカツエース


ですからリアルスティールの枠が「1着枠」と既に上に書いています。
「2着枠」はスマートレイアの枠です。

先読みと言ったって、此処までは誰でも似たような内容を
書けるのです。ここからが読めないのです。




「譲位特別法」が成立し、現段階で2018年、天皇在位30年を
目途にして、天皇誕生日に皇太子に譲位。
2019年1月1日付で新「年号」公布という予定で進んでいます。
仮に主催者がいろんなことを想定し着手する際に
今年を含めた少なくとも「3か年計画」がどうしても必要です。
2017年  155回  156回
2018年  157回  158回
2019年  159回  160回

特に天皇即位後初めての160回天皇賞秋
此処に即位後、初めての天覧競馬の期待がかかります。
警備上の問題から天皇陛下が京都へ行くことは無い。
過去の天覧競馬
2003 新コース(ペリエ)
2004 JRA50周年(ペリエ)
2005 エンペラーズC100年

2010(外人騎手)
2011(外人騎手)
2012近代競馬150年
ちゃんと仕込みの前2年を用意している。
仕込みきれない時は「天覧競馬」は施行されない。

でもオリンピックイヤーでは無いと思うので(これも警備上の問題)
2019年、即位後すぐは可能性は否定できない。
ならば今年、何らかの仕込みが行われる。
それが春天皇賞の「武」による「連覇」ではなかったのか?
考えとしては面白いでしょう?
秋天も何かを仕込む。それは何でしょう?と言う話。

これも考慮して予想しないといけない。
私の先読みが予想の一助になれば幸いです。





競馬ランキング



【2017/10/11 23:54】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |

当たりましたね
HAT
misonoさん

祝コメありがとう!
一緒に当たって良かったです。
信じてくれてありがとう。

秋競馬の記事を再開してから
軸馬はまずますというところです。
9/2札幌2歳     6人気7着
9/3小倉2歳     2人気4着
9/3新潟記念     1人気2着

9/10セントウル    2人気9着
9/18セントライト記念 1人気2着

10/1スプリンターズ 3人気11着
10/8毎日王冠    5人気2着
10/9京都大賞典   1人気3着
10/15秋華賞     3人気1着

この調子が続けばよいのですが・・・




misono
おめでとうございます!!
私も頂きました!
お疲れ様でした!

秋華賞買い目は
HAT
misonoさん
いつもコメント頂きながらタイムリーにレスできなくてすいません。
アイルランドトロフィー、昨年との違いを示すであろうこの競走は
全く分かりませんでした。
まあでもなんかトーセンビクトリーって秋華賞前に示唆的ですよねw

この馬去年ジェンティルドンナメモリアルを勝ってるじゃないですか。
この競走、不思議なんですけど三冠牝馬の名前を冠しながら
牡馬も走ったんですよ。実に妙です。まあそれは良いのですけど。

私が推薦するディアドラは、三冠牝馬の14番ゲートに入りました。
私はもう迷う事無くスペシャルゲートを軸にします。
彼女の戦歴は500万→1000万→トライアル→秋華賞。
彼女の対極にいる
条件戦を走らない407、612
連を外した事の無い1番人気だけで秋華賞へ辿り着いた816
オークス馬不在の1着同枠馬204
この4頭が相手です。記事に書いたようなワイドなんか買いません。
アエロリットと同居したのでマル外は消しました。
でもなんか配当が安いんだよなあ
そんなすんなり収まるかなあ


misono
いつもありがとうございます。

府中牝馬は当選勝利からにします。選挙真っ只中のおり、期日前も受け付けており。ここから1.4.7.11.12..13へ

よろしくおねがします

コメントを閉じる▲
夏季休養中に競馬記事は書かないと言っておきながら「秋競馬の展望-2」という記事を8月20日に書きました。
秋の天皇賞を考える上で避けては通れない札幌記念と考えたからです。
1着中山記念2着(大阪杯1着同枠)8人気
3着金鯱賞1着(大阪杯3着)
結果的に申し分のない結末
2着馬をどうやって拾い上げるのか、此処が問題なわけですが「ワンツースリー」「キングカメハメハ」これしかないわけです。

日曜日の毎日王冠、これは私はサトノアラジンから入っているので取れるレースですね。ただ後悔が残ったのは「ディープインパクト産駒」で3連単を買わなかった事。
ちゃんと札幌記念の後検量をしていたのにです。
1着中山記念8着(大阪杯不出走)2人気


月曜日の京都大賞典
2年間1号馬を勝たせた競走です。その1号馬を取り上げるまでもなく目立つのは「ハーツクライ」
1号馬は天皇賞春で、3号馬の勝利を見届け、その前の出走GIエリザベスでも3号馬の勝利を見ていた。
いやいやそれはGIの話でしょ、いえこの馬GⅡ歴を持たないのですから、それで良いのです。
軸はシュヴァルグラン(ハーツクライ)です。
3年間の春天皇賞2着の結果からも、そう感じます。

相手もハーツクライで良いのです。
3連複は買いたい方が買えば良いのです。
私は買いません、たとえ3着もハーツクライでも今回は後悔しません。3度も同じことをしないと思いますから。
もっと言えば2着で買うのはフェイムゲームとカレンのみで良いと思います。今年のこの競走の特異点は高齢馬の多さです。馬連3-7(11倍)3-12(80倍)












競馬ランキング

【2017/10/09 01:13】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
夏季休養中に競馬記事は書かないと言っておきながら「秋競馬の展望」という記事を7月30日に書きました。
クイーンSがあまりにも面白そうだったからです。
マイルGⅠ馬2頭の対決。
此処を勝って秋華賞へ向かった時の3歳アエロリット。
勝ってエリザベスへ向かった時の4歳アドマイヤリード。
どちらが勝っても両方ともGIを勝てないと呟いたが、アドマイヤはエリザベスではなくマイルCSに向かうらしいので、其処から既に間違ってた。牡馬相手にひょっとしたら頑張るんじゃないの?もう少し考える時間が必要になりました。

対して勝った3歳アエロリットの戦歴に刻まれたフェアリーS1人気。此処が調べていて気になった点なのですが、フェアリーの歴史を調べると2009年に施行時期を1月に移しマイル化させるにあたり2008年を休止にしています。
その段取りを経て?2009年にシンザン記念1600と同日開催にするのですが、翌年以降は同日に施行しません。それを今年はまた同じ日に開催したのには、何らかの理由が存在するはずなのです。さしずめ、ずれた時計の秒針を合わせるような何かが。

同じ日に牝馬のマイル戦が行われるのですから、2009年のシンザン記念には当たり前のように「牝馬」は居ませんでした。当然、今年のシンザン記念にも居ません。
ですが「当たり前」「当然」と書きましたが、本当にそうでしょうか?だって1日違いの開催の2010~2016年のシンザン記念には牝馬が登録して出走してるんですよ。おかしいと思いませんか?2012、2016には桜花賞馬も輩出している。別に中山のマイルからマイルGI馬誕生させても良いじゃないですか。
まあそんな声が聞こえたのかどうか、アエロリットはNHKマイルを勝ちましたけど。

2009シンザン記念アントニオバローズ1着
皐月賞3着同枠、ダービー3着
2009フェアリーSジェルミナル1着
桜花賞3着、オークス3着


2017シンザン記念ペルシアンナイト1人(3着)
皐月2着、ダービー1着同枠
2017フェアリーSアエロリット1人(2着)
NHK1着


2009年の同日勝ち馬2頭は秋に結果を残せなかったし、以後同じ日を走る事も無かった。
マイルGI馬3歳アエロリットはクイーンSを勝ちました。
2003、2010、2011、2012年
札幌に舞台を移したクイーンSが3歳牝馬に1着席を与え、その勢いのまま秋華賞へ挑戦した年度です。
2011アヴェンチュラに許されて、他の馬に許されなかった理由は何だろうと考えた時に、アエロリットは勝つことが許されないタイプと結論付けました、それが正解かどうかは分かりませんけどね。
片やペルシアンナイトはアドマイヤリードと一緒にマイルCSを走る事になりそうです。

7月2日の時点で藤沢がソウルスターリングは、秋天皇賞へ出走させるというコメントを出してました。じゃあ秋華賞は誰が勝つの?と考え始めた訳です。皆さんもそうだと思います。

阪神ジュベナイル
ソウルスターリング
リスグラーシュ
レーヌミノル

桜花賞・取消戦
レーヌミノル(報知2)
リスグラーシュ(チューリップ3)
ソウルスターリング(チューリップ1)

オークス・揃目戦
ソウルスターリング
リスグラーシュ5着
レーヌミノル5着同枠

今年の場合、ある意味特殊な桜花賞・オークスが施行されて三冠戦最後の秋華賞も何か同じような事が起きるのではないかと推測してみるとトライアル戦2頭の戦歴が良い具合に映ります。

紫苑S
1着ディアドラ(揃目オークス4着)

ローズS
1着同枠カラクレナイ(取消桜花賞4着)

ちなみに2009年は除外馬発生オークスに、降着の秋華賞。
秋華賞2着馬は「オークス4着歴」
NHKマイルと秋華賞は同じ誕生日で今年は共に22歳。
11歳の時の2着馬は「桜花賞4着歴」

軸ディアドラからワイドでレーヌミノル、リスグラーシュ安いけど、欲を出さずにこれで良いんではないでしょうか?あれっアエロリットは何処に行った?
軸ディアドラがフェアリーS1着馬なので消えてもらいました。

後輩が桜花賞4着馬じゃないの?と聞くので「出ないよ」と答えた。持ち金無いもんね。ローズが同枠のマル外が1着、実はこれはとっても怖い。理由がある。第1回NHKマイルは牝馬が1番人気。惨敗したけど秋華賞をあっさり勝った。それがマル外ファビラスラフィン。今年のNHKも不思議なんだけど牝馬カラクレナイが1番人気だった。だから消せないラビットラン。

さて今週は、ソウルスターリングが毎日王冠に出走。
23年ぶりに牝馬が勝った昨年の毎日王冠。秋天も1着同枠だったのだから勝てる要素は持っていたと言える。
クイーンS同様、世代は違えどもマイルGI馬を対角に配置した。どちらかは来る。
2016京王杯1、安田記念2同、毎日スワン1
2017京王杯1人、安田記念1人同、毎日王冠?
来るならサトノアラジンだと思うが。
マカヒキの対角ウインブライトが怖いと言ったら、また馬鹿にされるのだろうな。






競馬ランキング




【2017/10/06 23:29】 | 未分類
トラックバック(0) |

平場戦
HAT
misonoさん
平場はめったに買いません。
調べる時間が無いのと、資金不足が理由です。

でも機会を見つけて何か書きますね、その内。


misono
たまには平馬東京6R
4-8.9.13.15連

お願いします

コメントを閉じる▲