GI競走で単勝万馬券が発生する確率は極めて
低いです。ましてや6歳馬です。
1983年まで遡らないと例がありません。
あまりお勧めは出来ませんが、そんな馬券に
お付き合い頂いて有難う御座います。
2週続きの台風で万馬券側ならこの馬の可能性を
否定出来ないので、私は買いました。

先読みで「譲位特別法」が成立し、3年間の
仕込みが始まるのでは無いかと妄想の一部を
書かせて頂きました。この馬はご存知の通り
2014年のダービー馬です。皇太子殿下がその日
観覧席から観戦なさいました。
オペラグラスで見たかどうかは知りませんが
レース終了後に「そんな事があるんですね」
とご発言なさいました。

そんな事・・・
皇太子殿下の誕生日が2月23日
(いづれ天皇誕生日になります)
ワンアンドオンリー、横山典弘、オーナー前田幸治
みんな同じ誕生日だったことを指します。
そんな事、普通は起こりません。
それが起こるのが中央競馬です。
仕込みの初年度、私はやっても良いと思います。





競馬ランキング
スポンサーサイト

【2017/10/29 13:49】 | 未分類
トラックバック(0) |

こじまさんへ
HAT
こじまさんへ
コメントありがとうございます。
ひょっとして私の知っている「こじまさん」でしょうか?
もし、そうなら御無沙汰しており、恐縮です。
違っていたら、すいません。独り言と言う事で。

あまりに当たらないので不憫に思われたのでしょうか(笑)
お気遣い、有難う御座います。
私も世のお父さん方同様、小遣い制ですので予算が無くなれば競馬できません。
それを承知で勝負に行きましたので
11月は言われるまでもなく「見」です。
馬券を買わない予想はしませんので、ブログも休止です。
25日以降、競馬再開となります。

当たらないのになぜ勝負すると言われそうですが
そういう気分の時もあると言う事です。
エリザベス結果を見ましたが、これもとても私は取れる馬券ではありませんでした。

ではそういうことで。
返信、大変に遅くなり申し訳ありませんでした。



こじま
まあ、無理しないで休んでください。


単勝万馬券
HAT
コメント有難う御座います。
まずは謝ります。文章の書き方が悪かったです。

>「天皇賞秋で6歳が勝つのは」
>1983年まで遡らないと例がありません。

カギカッコの一文を付け足すべきでした。
貴重な時間を無駄にしてしまい申し訳ありません。

いつも「万馬券」の検証はnetkeiba.comさんの
「データベース」→「レース」→「万馬券検索」を
利用しております。此処で検証しましたが
1980~1984年に単勝万馬券は発生していない事に
なっていますが、これはたぶんデータが存在していないのだと
思います。GI個別に調査いたしましたが
単勝万馬券は有りませんでした。お手数をおかけし
すいませんでした。


GI・JGI 単勝万馬券(近年からしばらく遡ったところで)
????
2014フェブラリーS  コパノリッキー 単27,210
2012天皇賞春    ビートブラック 単15,960
2002皐月賞     ノーリーズン  単11,590
2001中山大障害   ユウフヨウホウ 単11,470
2000スプリンターズS ダイタクヤマト 単25,750
1991有馬記念    ダイユウサク  単13,790
1989エリザベス女王杯 サンドピアリス 単43,060

これくらいは発生しています。「6歳馬」条件を追加
するとダイユウサク(旧7歳)だけになりますが。

1983年のGIの単勝万馬券とはどのレースですか?
調べてみても分からないので。



コメントを閉じる▲
夏季休養中に競馬記事は書かないと言っておきながら「秋競馬の展望」という記事を7月30日に書きました。
クイーンSがあまりにも面白そうだったからです。
マイルGⅠ馬2頭の対決。
此処を勝って秋華賞へ向かった時の3歳アエロリット。
勝ってエリザベスへ向かった時の4歳アドマイヤリード。
どちらが勝っても両方ともGIを勝てないと呟いたが、アドマイヤはエリザベスではなくマイルCSに向かうらしいので、其処から既に間違ってた。牡馬相手にひょっとしたら頑張るんじゃないの?もう少し考える時間が必要になりました。

対して勝った3歳アエロリットの戦歴に刻まれたフェアリーS1人気。此処が調べていて気になった点なのですが、フェアリーの歴史を調べると2009年に施行時期を1月に移しマイル化させるにあたり2008年を休止にしています。
その段取りを経て?2009年にシンザン記念1600と同日開催にするのですが、翌年以降は同日に施行しません。それを今年はまた同じ日に開催したのには、何らかの理由が存在するはずなのです。さしずめ、ずれた時計の秒針を合わせるような何かが。

同じ日に牝馬のマイル戦が行われるのですから、2009年のシンザン記念には当たり前のように「牝馬」は居ませんでした。当然、今年のシンザン記念にも居ません。
ですが「当たり前」「当然」と書きましたが、本当にそうでしょうか?だって1日違いの開催の2010~2016年のシンザン記念には牝馬が登録して出走してるんですよ。おかしいと思いませんか?2012、2016には桜花賞馬も輩出している。別に中山のマイルからマイルGI馬誕生させても良いじゃないですか。
まあそんな声が聞こえたのかどうか、アエロリットはNHKマイルを勝ちましたけど。

2009シンザン記念アントニオバローズ1着
皐月賞3着同枠、ダービー3着
2009フェアリーSジェルミナル1着
桜花賞3着、オークス3着


2017シンザン記念ペルシアンナイト1人(3着)
皐月2着、ダービー1着同枠
2017フェアリーSアエロリット1人(2着)
NHK1着


2009年の同日勝ち馬2頭は秋に結果を残せなかったし、以後同じ日を走る事も無かった。
マイルGI馬3歳アエロリットはクイーンSを勝ちました。
2003、2010、2011、2012年
札幌に舞台を移したクイーンSが3歳牝馬に1着席を与え、その勢いのまま秋華賞へ挑戦した年度です。
2011アヴェンチュラに許されて、他の馬に許されなかった理由は何だろうと考えた時に、アエロリットは勝つことが許されないタイプと結論付けました、それが正解かどうかは分かりませんけどね。
片やペルシアンナイトはアドマイヤリードと一緒にマイルCSを走る事になりそうです。

7月2日の時点で藤沢がソウルスターリングは、秋天皇賞へ出走させるというコメントを出してました。じゃあ秋華賞は誰が勝つの?と考え始めた訳です。皆さんもそうだと思います。

阪神ジュベナイル
ソウルスターリング
リスグラーシュ
レーヌミノル

桜花賞・取消戦
レーヌミノル(報知2)
リスグラーシュ(チューリップ3)
ソウルスターリング(チューリップ1)

オークス・揃目戦
ソウルスターリング
リスグラーシュ5着
レーヌミノル5着同枠

今年の場合、ある意味特殊な桜花賞・オークスが施行されて三冠戦最後の秋華賞も何か同じような事が起きるのではないかと推測してみるとトライアル戦2頭の戦歴が良い具合に映ります。

紫苑S
1着ディアドラ(揃目オークス4着)

ローズS
1着同枠カラクレナイ(取消桜花賞4着)

ちなみに2009年は除外馬発生オークスに、降着の秋華賞。
秋華賞2着馬は「オークス4着歴」
NHKマイルと秋華賞は同じ誕生日で今年は共に22歳。
11歳の時の2着馬は「桜花賞4着歴」

軸ディアドラからワイドでレーヌミノル、リスグラーシュ安いけど、欲を出さずにこれで良いんではないでしょうか?あれっアエロリットは何処に行った?
軸ディアドラがフェアリーS1着馬なので消えてもらいました。

後輩が桜花賞4着馬じゃないの?と聞くので「出ないよ」と答えた。持ち金無いもんね。ローズが同枠のマル外が1着、実はこれはとっても怖い。理由がある。第1回NHKマイルは牝馬が1番人気。惨敗したけど秋華賞をあっさり勝った。それがマル外ファビラスラフィン。今年のNHKも不思議なんだけど牝馬カラクレナイが1番人気だった。だから消せないラビットラン。

さて今週は、ソウルスターリングが毎日王冠に出走。
23年ぶりに牝馬が勝った昨年の毎日王冠。秋天も1着同枠だったのだから勝てる要素は持っていたと言える。
クイーンS同様、世代は違えどもマイルGI馬を対角に配置した。どちらかは来る。
2016京王杯1、安田記念2同、毎日スワン1
2017京王杯1人、安田記念1人同、毎日王冠?
来るならサトノアラジンだと思うが。
マカヒキの対角ウインブライトが怖いと言ったら、また馬鹿にされるのだろうな。






競馬ランキング




【2017/10/06 23:29】 | 未分類
トラックバック(0) |

平場戦
HAT
misonoさん
平場はめったに買いません。
調べる時間が無いのと、資金不足が理由です。

でも機会を見つけて何か書きますね、その内。


misono
たまには平馬東京6R
4-8.9.13.15連

お願いします

コメントを閉じる▲
登録馬を見て興味を覚えた北海道新聞杯クイーンステークスだったのですが、クマタローさんが見事に書いてくださっています。
月の裏側~The Dark Side Of The Moon
https://blogs.yahoo.co.jp/ppjfk552/36848603.html


5歳世代のGI馬が3頭存在しながら4歳馬に戴冠を許した
今年のヴィクトリアマイル。GIの冠を持たなかったアドマイヤリードは「重賞初勝利がGI」という戦歴馬でした。近年、このタイプは多いです。(ドゥラメンテ、ビッグアーサー、マリアライトなど)登録に名前の有るアエロリットも同タイプ。従って、対角配置のこの2頭が揃って討ち死にと言うケースは考えなくて良いと考えます。

但し、この2頭の斤量はクマタローさんがおっしゃるように増量規定により異なっています。
アエロリット6550(1㎏増量)≠52
アドマイヤリード4075≠55
アエロリットは7月開催なので3歳51㎏+1㎏
3歳増量馬 対 4歳非増量馬の対決
夏競馬は3歳と言うけれど、これ自体、どちらに有利に働くのかは分かりません。

アドマイヤリードは夏を経験しエリザベスを目指し?
アエロリットは増量を経験し秋華賞でしょうか?

いづれにしろ、次走も「牝馬戦」の可能性が高い2頭。
この2頭の共通項は上記戦歴だけではなく、「牡馬に後塵を拝したことが無い」という点も同じです。
従って選択のポイントは3歳なのか4歳なのか、これに尽きると思われます。

2011、2012、2014年の変更に加え、2013年も施行場の変更、1回札幌2日に戻った2年間の6歳馬の起用を考えた時に、明確に3歳を勝たせるか、4歳を勝たせるかというところにポイントを置いてよいような気がします。
なぜなら、この2頭は前述した秋のGIを勝てないと考えているからです。従って、此処は勝っても良い。

どちらかに決めて馬単、私が馬券を買うなら、そうします。
シャルールの存在から、私はアドマイヤリードが勝つのだと思います。4歳です。今年のヴィクトリアマイルで主催者が「復活」させた世代です。


競馬ランキング





【2017/07/30 09:20】 | 未分類
トラックバック(0) |
「京都2000」をどのように置き換えて「中山2000」に向かうのかを
表現していた2012年と2013年の弥生賞(と私は感じた)

2012トリップ
京都2歳1人1着 →ラジオNIKKEI2歳1人4着 →弥生賞3人気2着
京都2000→「阪神2000」→中山2000

2013エピファネイア
京都2歳1人1着 →ラジオNIKKEI2歳1人1着 →弥生賞1人気4着
京都2000→「阪神2000」→中山2000

では昨年2014年はどうだったか?

2014トーセンスターダム
京都2歳1人1着 →きさらぎ賞2人1着 →皐月賞3人気11着
京都2000→「京都1800」→中山2000
まずは「京都2歳S1着馬」を禁じ手・・ラジオNIKKEI杯京都2歳Sへ

2014エアアンセム
ホープフル8人1着 →京成杯2人11着 →弥生賞8人気4着
中山2000→「中山2000」→中山2000
そして「ホープフルS1着馬」も禁じ手・・GⅡホープフルSへ

弥生賞で起用されたのは「京都2000」を直接持ち込んだ
2014トゥザワールド
若駒S1人1着 → 弥生賞1人気1着
『京都2000』→中山2000

「京都2000」を別の色に塗り替える事無く、
同枠に最後の禁じ手「ラジオNIKKEI杯」(阪神2000)を同居させ揃目戦とした
・・GⅡホープフルS(中山2000)へ

そして今年、主催者は案の定、この2頭を登録段階で用意した。
ラジオNIKKEI杯京都2歳ステークス(京都2000)覇者ベルラップ
ホープフルステークス(中山2000)覇者シャイニングレイ

さあ、此処までは誰でも確認できる「情報」に過ぎない。
競馬の本来の楽しみ方は此処からだ。
どちらが勝つのか?
今年は2頭のどちらかが勝つのである。(と私は思っている)
何故、今年わざわざ2頭の第一回覇者の雌雄を決する必要があるのか?
それこそ主催者が思い描く今後の弥生賞の道筋を示したいからだ。

京都2歳ステークスは同枠馬を存在させない頭数で施行したが
ホープフルSは同枠に1番人気を配置した。
明らかに此処がひとつのポイントだ。
京都2000歴のまま中山2000に向かってくるベルラップか
京都2000を既に中山2000に置き換えたシャイニングレイか

<登録11頭>
もう一つのポイントが此処にある。
もちろん、主催者が「11頭施行戦」にした理由である。
「シロ」と題した記事の中で1986年揃目戦の弥生賞を紹介した。
軽く読みがして頂いて良いのだが、誠に申し訳ないがネタに困った時の為に、
時に伏線を仕込んである。
第23回弥生賞 8-8(10-11-03)
第51回弥生賞 7-7(10-11-03)
これが主催者の技法である。これ自体はJARISが
勝手に計算してくれる。番組制作者の技では無い。
当然データを入力するのはエリート軍団である。
「1番ゲートにサクラスターオーを入れる」これがそのデータ部分。
第24回弥生賞『11頭施行戦』
1着 1枠 1番 サクラスターオー6人
2着 6枠 6番 ビュウーコウ4人
3着 5枠 5番 マイネルダビテ2人

第52回弥生賞『11頭施行戦』
1着 1枠 1番 ベルラップ(京都2歳S)


これこそが11頭で施行したい主催者の真意であり
どちらかが勝つと断言した2頭の内、1番ゲートに入ったベルラップこそが
当然私の持つ単勝馬券なのである。


【2015/03/06 13:00】 | 未分類
トラックバック(0) |

misonoさん
HAT
misonoさん
お久しぶりです。見事に6番人気になってくれたのですが
まったくの方向違いだったようです。
たまに気合を入れて書いても、この有様ですから
お恥ずかしい限りです。
確か以前も私の予想に乗って頂いて
ご迷惑をおかけしたと記憶していますが
懲りずにまた覗いてください。



misono
仰る通り気持ちよく6番人気になりましたね!!

コメントを閉じる▲
ブログ開設から丸3年が経ちました。この記事で500トピです。
毎日記事を書かれる方からしたら、少ないと感じられるかも
しれませんが、私個人と致しましては良く頑張って書いたなぁと
云うのが実感です。当初は競馬だけでなく身の回りの出来事など
多岐に亘って書く予定でしたが、今改めて数えてみると60トピと
1割程度しか書いていないので、完全に競馬専門のブログですね。
恐ろしいので調べていませんが、競馬予想の440トピのほとんどが
馬券を外しているので、後輩だけでなく読まれた方が私の馬券を
ゴミ馬券と呼んでもそれは間違いでは無く、正解です。
別に無理に外しているのではなく真剣に予想して外れているので
其処のところは自分でも結構、笑えます。

二十世紀の豫言
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BA%8C%E5%8D%81%E4%B8%96%E7%B4%80%E3%81%AE%E8%B1%AB%E8%A8%80

報知新聞が1901年(明治34年)に未来を予測した記事を書きました。
そのほとんどが現在、実現しているという事なので凄いです。
できれば、そんな記事を書きたいものです。

昨年の函館・新潟・札幌・小倉の2歳重賞は、札幌2歳が函館で
行われるという歪を牝馬起用で補い、すべて1着を牝馬で統一しました。
明けて本年、函館2歳は万馬券で開幕し、牡馬を1着に据えます。
2008 8/10函 →9/ 7新・小 →10/ 1札<牡牡牡>
2010 8/ 8函 →9/ 5新・小 →10/ 2札<牡牡牡>
2011 8/ 7函 →9/ 4新・小 →10/ 1札<牡牡牡>

2009 8/ 9函 →9/ 5札 →9/ 7新・小<牝牝

2012 7/14函 →8/26新 →9/ 1札 →9/2小<牡牡牡>
2013 7/21函 →8/25新 →8/31札 →9/1小<牝牝牝牝
2014 7/19函 →8/31新 →9/ 6札 →9/7小<牡・・・>

昨年、オークス2着馬とダービー2着馬を誕生させた新潟2歳が
今年、1着に指名するのは「牡馬」だろうというのが私の当たらない預言。
これだけで止めておけば牡牝50%の確率で当たる預言になったかもしれないのに
よせばいいのに3枠6番ギンパリが勝ちます、などとほざくものだから
ますます当たらない預言になってしまうのです。
新井原博さんはどうしてこの馬に、この名前を付けたのだろうというのが
目下の興味だったりするのです。

【2014/08/30 16:04】 | 未分類
トラックバック(0) |