11/4は大統領選挙でロナルドレーガン、バラクオバマが当選した日です。
1964東京優駿には「ダイトウリョウ」という馬が
出走を果たしましたが最下位着順でしたね。
1971中山記念 ヒダプレジデント
1988小倉記念 プレジデントシチー
2004中山記念 サクラプレジデント
なんていう馬名もありました。
GIに手の届かなかったエイシンワシントンなんてのも居ました。
トランプ来日から、何かしらサインが出ているはずですが
見つけられませんね。
すでに2日間でPATの2/3は消滅。今日負ければゼロ。


11/5 9R2000「百日草特別」5東京2

サフラン賞、りんどう賞(牝馬限定)
アスター賞、くるみ賞、きんもくせい賞
紫菊賞(牝馬不在)
勝っているのは牝馬、いつまで続くのかはわかりません。
それでも、百日草特別も牝馬から入るべきだと思います。
牝馬が来る条件の一つとして人気面での裏付けが
必要であることはデータが物語っているので
1番か8番の両サイドのいづれかです。

ノームコアは福島1800からの臨戦
モルトアレグロは札幌1200から
レーツェル は福島等距離
レッドレグナントは札幌1500牝
マドモアゼルは新潟等距離牝

「牝馬限定戦」から来てはいけない気がするので
8番ダイワメモリーを1着馬(連対馬)と決める。
3、4、5、6番の牡馬へ。
8頭立てで4点も買うのは主義に反するが言ってられない。





競馬ランキング
スポンサーサイト

【2017/11/05 13:34】 | 競馬・条件
トラックバック(0) |
マウスが急に動かなくなった。
どうしても直らないので急遽、ヤマダ電機へ。
女房と一緒に出掛けたので、もう書き込みが
出来なくなった。

残念な事がもう一つあって
「競馬データセンター」さんのデータは
着順通りの並びになっていない。
これはとっても残念。まあしょうがないか。

11/3 11R1400「KBS京都賞ファンタジーS」8京都2
正番逆番ともに外れていた。
セルフリンクは内枠有利と出ていたがこれも外れ。
当然そういう事はある。
出走13頭に対しオープン連対馬5頭
まあ普通は1頭は来るよな。
改めて言うまでもなく昨年の勝ち馬は阪神1600で
デビューし同じ阪神マイルの朝日杯で1番人気に
支持された。3着馬は秋華賞を勝った。
対して東京マイル「アルテミス」はジュベナイル
桜花賞、秋華賞で2着。夏の新潟1600デビュー馬で
今年の勝ち馬にも戦歴を継承させていた。
牝馬限定1600「新馬」→アルテミス1
牝馬限定1400「りんどう」→アルテミス2
この牝馬限定戦を重く見てスズカフェラリーと
読んだが外れて、PATの三分の一が消えた。


11/4 9R「きんもくせい特別」3福島2
正番の重なりは「1」「7」、逆番は「4」「10」
2010年まで福島1700での施行。
2011~2013年まで新潟1600
2014年に福島に戻り1800で施行。
その上で今年ならではの特徴はレース番号の変更と
牝馬の異常登録。これは6頭出走の2013年に
牝馬を1・3着に起用した形と同じ。
ただ出走頭数が7頭になったので牝馬は2着と想定。
2013年に新潟等距離馬を起用していた経緯から
レーツェルが2着だろうと考える。
馬単2着付け
1、7→3

京王杯2歳ステークスに回せる資金は無い。
きんもくせい特別が的中したら考えよう。



11/5 9R「百日草特別」5東京2
正番の重なりは「1」「3」「7」、逆番は「1」「2」「6」「9」
こういう数字の重なりが多い時が難しいのでは。
2014年に距離を1800から2000へ変更した「百日草特別」
一転して牝馬を使い始めている。
◎ディロスから牝馬へと現段階では考え中。
明日の結果を見てから最終決定。




競馬ランキング


【2017/11/03 22:44】 | 競馬・条件
トラックバック(0) |
夏季休養宣言を出したのに未だ、たくさんの方が訪問下さっています。
有難う御座います。別にだから競馬記事を書くわけではないのですが
少し目に留まったので、表題のレースについて書きます。

1998年の施行を最後に、2014年まで休止。
昨年、競走番号を変更すると同時に「万馬券」を発生させました。
波乱の演出者は、今年も存在する「3歳2着マイネルビクトリー」と
同じ枠に配置された「1番人気4着クールエイジア」だったと思います。
その2頭が3枠に同居したことで、今年の八王子特別を
ある意味、面白くしているように感じます

万馬券側の1着馬が「等距離500万勝ち馬」起用だったので
クインズウィンダムは2着までだと思います。
ですから勝つのはパレスハングリーか、プリンシアコメータだろうと
思うのですが一点気になるのは、この競走の持つサイン性です。
2014エアラギオール2着
2015キネオイーグル1着
2016メイスンウォー1着
馬名に「王」「(オー)を持つ枠が、復活した三年間、馬券になっています。
今年この要件を満たすのは「アバオアクーの居る5枠」だけなのです。

枠5 →4、7、8
当てることだけを念頭に入れれば、この枠3点が推奨馬券です。
安いですけどね。



競馬ランキング

【2017/06/10 12:32】 | 競馬・条件
トラックバック(0) |
「特別レース名解説」を見ながら、調べたくなったのが「七草」でした。
七草にも春・夏・秋の区別があり、その多くは中央競馬・地方競馬で
今なお競走名として使われていることも今回初めて知りました。

春の七種はるのななくさ
芹せり、薺なずな、御形ごぎょう、繁縷はこべら、仏の座ほとけのざ
菘すずな、蘿蔔すずしろ

秋の七草あきのななくさ
女郎花おみなえし、尾花おばな、桔梗ききょう、撫子なでしこ
藤袴ふじばかま、葛くず、萩はぎ

夏の七草なつのななくさ
藜あかざ、猪子槌いのこづち、莧ひゆ、滑莧すべりひゆ、白詰草しろつめくさ
姫女苑ひめじょおん、露草つゆくさ


中央で使用されている、されていたのは、この七種
はこべら賞「第1回中京2日」
なずな賞「第1回中京3日」
ごぎょう省「第1回中京6日」
クローバー賞(しろつめくさ)「第2回札幌2日」
露草省「第3回阪神7日」2001まで
ききょうステークス「第4回阪神5日」
萩ステークス「第4回京都8日」
(便宜上、昨年の開催日を明記)

いつもなら、これをネタに「料理」しますが、今日はやめておきます。

今回、初めて知った内容の一つに「源氏物語」があります。
紅梅ステークスの紹介に
<源氏物語第四十三帖の巻名である>と書かれています。
五十四帖からなる「巻名」にも興味深いものが見つかりました。

巻名9「葵ステークス」第3回京都8日
巻名12「須磨特別」第1回阪神7日
巻名13「明石特別」第2回阪神3日—2011まで
巻名16「関屋記念」第2回新潟6日
巻名23「初音ステークス」第1回東京3日
巻名28「野分特別」第4回阪神1日
巻名34「若菜賞」第1回京都8日—2008まで
巻名43「紅梅ステークス」第1回京都6日

計8つが中央競馬の競走名に使われている、使われていた。
その中で「紅梅ステークス」だけは源氏の死んだ後の物語です。

いつもなら、これも脚色して、ネタにしますが
やめておきます。

【2017/01/14 12:04】 | 競馬・条件
トラックバック(0) |
人類が初めて月面に降り立ってから47年。
翌1970年、「15夜」が新暦で「15日」を迎えたのですが
今年は、その年以来となる「15日の十五夜」
5年前には月のうさぎは、巨大隕石の衝突痕と発表されました。
それでも、与謝蕪村が「名月やうさぎのわたる諏訪の海」と詠んだような
古の人々が抱いた浪漫は、けして人々の心から失われる事は無いだろうと
いうのが私の考えなのですが、甘いでしょうか。

今年の「中秋の名月」は望月ではありませんでした。
私が帰宅する時には神戸の空は雲が覆い、残念ながらその姿を見ることが
叶いませんでしたが、雲が散り名月が姿を見せたと神戸新聞に
書いてあるので、観測できた方も多かったのではないでしょうか。
最近知ったんですけど、なんとiphoneに取り付けて天体観測・撮影ができる
望遠鏡が有るのです。調べたら結構、安価なんですよ。
凄い時代になったなと、こういう知識を得て改めて感じますね。
今日は2日遅れの満月なのですが、やはり雲がかかっていて
見れませんでした。残念です。

あまり当たった当たったと書くのは嫌なのですが、
先週も土曜日の阪神最終競走が当たって、どういうわけか好調が続いています。
今日(9/17)もラジオ日本賞の馬単が的中。
なんだろうな、これ。
何年も何年も経験していないプラスのリズム。
此処から負の連鎖が始まるのだろうか?
それはそれで悲しいな。

2012年に13年ぶりに「ハンデ1400戦」として復活した「仲秋ステークス」
という競走があるのですが、どういう訳か「15」頭以上で施行しませんし、
どういう理由か「緑」を大切にするのです。
今年は「4阪神4」第10競走なので、2014年の「阪神ハンデ1400歴」を重視して
<810ヴェルステルキング>
を軸に据えたいと考えています。相手には
505ケッキ(月)セヨ
811ムーン(月)クレスト
あともう一頭、今日の記事のテーマである彗星探査機まで抑えます。



【2016/09/18 00:56】 | 競馬・条件
トラックバック(0) |