FC2ブログ
ゴールデンウィーク終了。
何処へも出かけずNetflixとHuluで
ひたすら映画や海外ドラマを見て過ごした。
皆さんはゆっくり休めた?



牝馬は一円も要らないと書いたのに
牝馬があろうことか馬券対象になってしまった。
これはもう予想は大外れと言っても良い。

2019菊花賞出走メロディーレーンの春天連年出走が
昨年の再現という所までは合っていた。
着順まで一緒とは。
「菊花賞1着+日経賞3着」

「天皇賞盾」に関係しているのだろうか?
1947年トヨワカが3着席について以来のカレンの3着席。
この年のオーライトには、どういう訳か
「天皇賞盾」が贈られなかった。

この事と阪神開催天皇賞と因果関係が有るのか?
そんな妄想を抱いたレース結果。

まあ予想は外れたが、馬券は大的中したので
思い出に残る天皇賞となった。


スポンサーサイト



そりゃあ、たまには予想が当たる事もある。

2014年をサンプルにしたが、今年なぜ2014年なのかという
ところまで読めたので、予想としては納得のいくものだった。

今回多くの方が取り上げていたが、桜花賞と同じように
直前に1番人気と2番人気が入れ替わるのではないか?
という疑問を提示されていて、全くその通りの展開になった。

昨年の競馬を継承しつつ、特定のサンプル年度を併用する。
それが今年のクラシックなのではないか。
そういう視点で望んだ皐月賞。

昨年は「無敗の桜花賞馬・無敗の皐月賞馬」の誕生。
この2020年を継承するが如く、今年もまた無敗馬が誕生。
実際のところ、ソダシが勝ったからこそ
見る視点が変わった皐月賞。

2014年の3歳GIは「1番人気」が連を外さなかった。
2020年の3歳GIも「1番人気」が連を外さなかった。
よく「似たもの捜し」と言われるが、実はその手法こそが
主催者に立ち向かう有効な手立てなのだと思う。

2014年
桜花賞  1・2人気(昨年2・1人気)
皐月賞  2・1人気(昨年1・3人気)
NHK  1・下位2人気(昨年9・1人気)
オークス 2・1人気(昨年1・7人気)
ダービー 3・1人気(昨年1・2人気)

この2つの年度を並べて、今年の競走もみてやる。
桜花賞  2・1人気
皐月賞  2・8人気(1着枠1人気同居)

今年は、ひょっとすると2番人気?
NHKマイルでその答えが出る。

歳をとるというのは恐ろしいもので
これを今のうちに書いておかないとNHKマイルの頃には
すっかり忘れてしまうのである。


2014桜花賞 ジュベナイル1vsジュベナイル2
2021桜花賞 ジュベナイル2vsジュベナイル1

2014皐月賞 (東スポ1、共同通信1)vs弥生賞1
2021皐月賞 共同通信1(同枠東スポ1)vs弥生賞1

2014NHK シンザン&アーリントン(非TR)vs橘S(非L)
2021NHK シンザン(非京都)&アーリントン(TR)vsリステッド

2014オークス 桜花3vs桜花1
2021オークス

2014ダービー 皐月4vs皐月1(皐月3取消)
2021ダービー

きっと、そううまくは運ばない。



ひっそりと書いたものを、今更さらすのも
気が引けるが、当たったので一部を書いておく。

桜花賞の4枠に「横山」が居て逆1着。
皐月賞でも4枠に「横山」を配置して正1着。
そうなるのじゃないかと書いた。
そうなる予感がアカイトリノムスメ・横山武史の4着席。
桜花賞を負けたから着想がそこへ飛んだ。とも言える。


石神深道くんが競馬学校に入学という記事を見つけた。
オジュウチョウサンからの視点の参考になった。
同時に「親子孫」でGI制覇という展望が見えた。
桜花賞でソダシが「初めて」をやり
皐月賞で横山が「初めて」をやる。
そういう発想。


既に父親の乗り替わりでダービーに騎乗機会がある武史
絶好のタイミングが訪れたと書いた。
<近年のダービーには「19」という数字が使われている>
昨年5月30日に書いた記事の中で使った言葉。

今年は横山がそれをダービーに持ち込む。
史上「19」頭目の無敗の皐月賞馬

少しダービーが楽しみになった。

2021.04.11 桜花賞回顧
精一杯、予想しましたが
「はずれ」でした。いや、お恥ずかしい。

熱を込めて書けば書くほど当たらない。
皐月賞はどこか別の場所で
静かに、書くことにします。
2021.04.05 大阪杯回顧
レース後、後輩から連絡が入った。
声の調子で「獲ったな・・・」と思った。

「久しぶりに高配当ゲットしたで!」

「おお~やったやん!良かったな!
阪神無敗のレイパパレはええとして
ようモズベッロ買えたな。」

「いや~人気三頭に死角があるって
先輩記事に書いてあったから、三頭とも飛ばしたれ
と思って、思い切って8番から入ったんやけど
宝塚で騎乗した池添が鞍上に戻って来たから
モズは一発あるかなと思って。」

<まあまあ、そういう理由やろな>

「去年、フェブラリーと高松で「モズ」来たやろ。
大阪杯には「モズ」の名前が無くて
今年、「モズ」登録有ったから、こいつは
絶対に買おうと思っててん。」

<なるほど、それはええ発想やな。気付かんかったわ>

奢るわと言われたけど、まん延防止期間に入るからと丁重に断った。

後輩に言われたからではないが自分で書いた記事を読み直すと、
人気馬三頭それぞれにマイナス点がある事を
取り上げておきながら「万馬券側」と思えなかった。
自分で自分を「お前はダボや!」と罵った。

※ 「ダボ」というのは関西弁で「ボケ」や「アホ」より
汚い言葉で、罵る時に使う。


2021.03.30 年度末
先人の言葉に「一月往ぬる、二月逃げる、三月去る」
というものがある。

一月の「い」
二月の「に」
三月の「さ」

これを見事にかけた言葉で、時間が「あっと言う間」に
過ぎてしまう事を表現している。

沢山の訪問歴を拝見していて記事を書かないのは心苦しい限り。
仕事を言い訳にしたら怒られそうだが
年度末の2月3月、私の仕事は例年、
徹夜も強いられるほど、忙しい日々を迎える。
季節労働者とまでは言わないが、結構それに近いものがある。

今年2回目のGI競走も個人的な注目馬
レシステンシアの出走、更に今週の大阪杯には
もう一頭のサリオスも出走するとあって
否が応にも競馬熱は高まっては、いたが
検証し、記事を書く余裕までは無かった。

2頭の過去覇者を筆頭に7頭のGI勝馬を
揃えた豪華な高松宮記念となった。
なかでも2頭のGI馬を送り出す「(株)ダノックス」の
どちらかが有力な連対候補と踏んでいたが
川田に託した陣営の思いと、高い「S値」に
裏付けされる形でダノンスマッシュの優勝となった。

逆にDファンタジーの方はレシステンシアを強調する
指標馬の役目の方が強かったかもしれない。
ファンタジーS 1着
ジュベナイルF 1着



今年は2011年震災の年に誕生したモーリスの
仔らが頑張っている。

ファルコンS・ルークズネスト
フィリーズレビュー・シゲルピンクルビー
シンザン記念・ピクシーナイト

<海外GI3レースで3勝>
いよいよ主催者による長期計画が実現しつつ有るのだろうか。
ロードカナロアの血が海外GIで活躍したような。