頂いたコメントを拝見して成程と間違いがよく理解できました。
春だけでなく夏もマイルGIは万馬券、これで秋も楽しみが出来ました。
「三」枠が大事ですね。

主催者の計らいで宝塚は「春三冠」成るかという興味で少しは
売り上げが伸びそう。私の興味は其処じゃなくて、
3枠をもう一度2着にするの?
8枠をもう一度3着に据えるの?
だったりする。

前回の表題は「三」、競馬では大事なんですね。
それはキタ「三」の「三」冠にもつながる。
こんなことを書くと、またかとか思うでしょうけど。
宝塚が4年間も8枠からしか1着馬を起用していないことを
見事に説明できる方はいないと思うので
数字はそれだけではダメだけど、重要ですよ。

今年もまた、夏競馬は休養に充てたいと思います。
競馬以外の記事を書くかも。



競馬ランキング





スポンサーサイト

【2017/06/05 12:59】 | 競馬・回顧
トラックバック(0) |
すいません。
最初に謝っておきます。

牝馬2頭が1番人気と言う事は、1番人気と2番人気が入れ替わっても「牝馬が1番人気」と言う事になります。
牝馬の1番人気で幕を開けたNHKマイルの歴史。
昨年の天皇賞の枠出目「1-2-4」は、NHKマイル第1回「4-2-1」の反転。
まず間違いないだろうと踏んだのですが、2番人気と3番人気が交互に入れ替わるオッズを見て、つい押さえたのが
第10回大会の決着パターン。

もともと伏線となる考え方は持っていました。
女性ゲスト4号から、2016年牝馬、2001年クロフネ。
皐月賞の牝馬出走1番人気(牝馬が連対枠入り)
昨年の3着馬番の勝利。、これを拡大解釈して8枠
2番人気の牝馬、2005年型。

牝馬同士の馬券。
万馬券、押さえちゃいました。
これは当たったとは言わないのです。
言わないんですけど、記事にしてないのに
失礼だなあと思って
最初に謝りました、ごめんなさい。

良いGWになりました。



競馬ランキング




【2017/05/07 22:40】 | 競馬・回顧
トラックバック(0) |
点数を絞って買うのは、少ない資金で高い収益を得たいが為で外れてもそれは仕方ないです。
後輩が今回の記事は、なんで牝馬を出走させないのかという観点が、なんか有耶無耶になってましたね。とメールを送ってきたが、それも仕方がないんです。
だって明確な理由が分からんからです。
それでもディーマジェスティが日経賞を負けたから、大阪杯は三文字GIと愛チャンピオンが大事やと思うと、事前にちゃんと別の視点はメールしといたんやけどな。

3/19阪神大賞典(牝馬不在)菊花賞馬出走
3/25日経賞(牝馬不在)皐月賞馬出走
4/03大阪杯(牝馬不在)菊花賞馬出走

皐月賞馬ディーマジェスティが大阪杯を走らずに日経賞を選択したから成り立つ図式。

昨年の凱旋門賞の特設コーナーで「前哨戦」として紹介された愛チャンピオン。2017年は<9月9日>開催。

重陽の節句という言葉が有りますが、昔の方は「9」を陽数として旧暦の9月9日は陽が重なるので「重陽」と呼んだとか、今やったら10月中旬あたりですかね。
その重陽の節句は、実は「菊の節句」とも呼ばれ、「菊花酒」を飲んで祝ったそうです。
とそこまで教えた訳です。それで私同様、外したのは私のせいじゃない。

大阪杯は何を一致させたのかも、分からず仕舞い


【2017/04/03 19:45】 | 競馬・回顧
トラックバック(0) |
今日の回顧
京都記念、スマートレイアー軸だったか~、残念!
共同通信杯は、頂きました!
本年2勝目、万歳!

これでマカヒキのGI勝利、怪しくなってきた?
オルフェーヴルは三冠馬として古馬GIでも
勝てたけど、後のダービー馬はひどいね。

「1回」東京優駿を勝った馬が既に9頭も誕生しているが彼らには共通の戦歴があって「三冠馬」でなければ、その後のGI級競走を勝てないジンクスがある。
1回ワカタカは天皇賞の前身「帝室御賞典」を勝っているがそもそも三冠競走が存在しないし、強すぎるので当時としては当たり前のように最後は71キロを背負わされていた。
11回ミナミホマレはダービー後引退
21回ゴールデンウエーブは引退前はダートを走った、父はミナミホマレ。
31回シンザン
41回コーネルランサーはダービー後引退
51回シンボリルドルフ
61回ナリタブライアン
71回キングカメハメハはダービー後引退
そして81回覇者がワンアンドオンリーだけど
もうとにかく、とことん勝てない。

マカヒキは「3回」東京優駿馬という括りになるが
さあ~という話。

【2017/02/12 16:34】 | 競馬・回顧
トラックバック(0) |
大晦日
29日、義父の墓参り
30日、正月の買い出し
31日、大掃除

これから恒例の「ガキの使いやあらへんで」を観る。
僅かな時間を使って、有馬の総括をしておこうかと。
といっても自分の回顧じゃないんですよ(笑)
シュウジが勝った時点で私の今年の勝負運は尽きていたようです。
A-PATなので東京大賞典は買えませんでしたので
今年の競馬は有馬で終わりました。
ちょくちょく私の記事に登場する後輩ですが、休みに入って
電話する用事があって連絡したら、有馬記念の的中話を聞かされる事に。

「プレゼンターが田中将大で1番と11番に何が入るんかなと
思っとったらキタサンとサトノ、あっもうこれしかないと
びびっと来ましたわ!あっこれ田中の誕生日ね。
今やヤンキースの「エース(1or11)」、大統領は「トランプ」誕生日6-1-4
おまけに61回やないですか有馬記念
これはもう買うしかないでしょ!」

馬単一点、おおっ、立派。
過去にも田中はプレゼンターに起用されてるけど誕生日の数字を
使ったのは初めて、それを信じて一点買いは確かに勇気がいるし
えらいわ~お見事!
ほめたのが良くなかった。この後なぜかトランプの講義まで始まる。

「トランプって4種類、各13枚でしょ。この数字を全部足したら364
これにジョーカーを足して一年を表す365になるの知ってました?」

いや知らん。初めて聞いたわ。

「ふと思たんですわ、365を足したら14やから
11-1で決まるんやったら3着は2番しかないなと。
ハナムケ君はゴールドアクターの巻やったし」

えっ3連単も当たり?まあでもその発想は確かに凄いわ!
そこら辺のサイン読みより、ええ読みやわ
また褒めたのが悪かった。

「そうでしょ!これ今日ツイテルわと思ってハッピーエンドカップ買ったんですよ。
去年の揃目2着アルティマブラットが、今年は去年の1着騎手デムーロと
コンビ、これやっ!と思って単勝5000円」

また、えんえん自慢話が続くのを承知の上で、つい言ってしまった。
<素晴らしい!>と。


【2016/12/31 17:29】 | 競馬・回顧
トラックバック(0) |