FC2ブログ
今週はGIの中休みという事で、今日は
のんびり独り言を綴ります。


後輩が「オジュウチョウサンから考える皐月賞」を
読んで、「(もう一つの16頭戦)とか、(むしろこの年)とか書いてるけど
2014年は16頭ちゃうやん」と言うのです。
あぁ、文章の表現が拙かったか、読む方に説明不足だったなと反省。

「フルゲート」ばかりに注目するあまり、別の角度から見る事が
おざなりにならないように、という意味で書いて
むしろ注目すべきなのは、こっちじゃないか。
という事を書きたかったのだけど、文章が下手すぎて
誤解を招く表現でした、すいません。


ただ私の意に反し、主催者が発信した「フルゲート割れ」には
ちゃんと意味が持たされていて、2018年と同じ「枠連4-7」と
いう出目で終わったという事実は、しっかりと受け止め
覚えておかなくてはならないし、直近4月18日施行の皐月の
年度は7枠を使っている事と併せ、このあたりは
まだサイン的には有効なんだなと再認識しました。

5年間の皐月との決別は、新たなる5年間として
出目表には刻まれる形になりました。
それが「7番」ゲートの5年間です。
その事が、その先にある優駿にどのような影響を
及ぼすのかまでは判りませんが。


さて私が注目した2014年という年度は、
日本中央競馬会が設立されて60周年の節目の年でした。
競馬界にとって縁の深い「午(馬)年」で
この年に主催者が行った事業が「JRA60周年」記念事業。
全国10競馬場で「JRA60周年記念競走」を開催し
以下の競走に「馬名とカップ」の文字が添えられていました。

中山競馬場 皐月賞「最強の荒武者オルフェーヴル」
阪神競馬場 宝塚記念「永遠の疾風サイレンススズカ」
函館競馬場 函館記念「函館の名優エリモハリアー」
福島競馬場 七夕賞「韋駄天ツインターボ」
小倉競馬場 小倉記念「玄界灘の風雲児メイショウカイドウ」
札幌競馬場 札幌記念「美しき女帝エアグルーヴ」
新潟競馬場 新潟記念「不屈の闘士オフサイドトラップ」
京都競馬場 菊花賞「英雄ディープインパクト」
東京競馬場 天皇賞(秋)「豪快な淑女ウオッカ」
中京競馬場 チャンピオンズカップ「白い衝撃クロフネ」


それが何?と言われたら身も蓋もないのですが
たとえば、皐月賞だけを単体で見るのではなく
その先にあるダービーや菊花賞を見据えた時に
皐月賞馬がダービーで5番ゲートに入ったら
三冠馬としての資格を得た事になるのか、とか
私なんかは全てを文字にはしませんが様々考える訳ですよ。
2014年は皐月も優駿も、牝馬が居たなぁとかね。
それが直接的にレースに関係なかったとしても
それをキーとして取り上げたら、どうなる
なんて事を考えます。
まあいわゆるバカで一種のオタクです。
中央競馬会にとって「特別な年度」というのは
昨年も今年も、同じくらいに特別なのではないか?
上手く言葉にできませんが、2014年は其処から
取り上げた年度です。


ちょっと2014年から外れますが
今年の皐月賞で4枠は連を外さないと言いましたが
その時点では、大きく7番に意識が働いていました。
その一番大きな理由が以下。

7番ゲート
1940ウアルドマイン
1943ダイヱレク
1973ハイセイコー
2001アグネスタキオン
2013ロゴタイプ
2018エポカドーロ


8番ゲート
1950クモノハナ
1951トキノミノル
1953ボストニアン
1961シンツバメ


貴方なら7番と8番、どちらを選びますか?
そういう事なんですよ。
これは個人差がありますけれども
多くの方が21世紀に入って勝ち星の有る
7番を選択するんじゃないか、と私は思います。
これだけを見ればね。
けしてダノンザキッドが弱いと言ってるわけでは無いです。
その様に「配置された」という事が言いたいのです。


もう一つは、5年間のホープフルと決別する的な
事も書きましたが、昨年のホープフルを見て下さい。
鹿戸雄一のランドオブリバティが競走中止しています、落馬で。
これを見つけた時に「これか?」とちょっと思いました。
概ねそんな他愛の無い理由です。

昨年のダービーで「ひろしさん」から
頂いたコメントで継続しているものがあります。
断りなく本編にさらしますが

2018皐月4-7(7-14)

2019優駿1-4(1-7)


2019皐月6-4(12-7)

2020優駿3-6(5-12)


2020皐月1-4(1-7)

2021優駿


今年のダービーは「1番か7番」に注目。
1番ゲート
1962フエアーウイン
1968タニノハローモア
2008ディープスカイ
2009ロジユニヴァース
2010エイシンフラッシュ
2013キズナ
2019ロジャーバローズ

7番ゲート
1937ヒサトモ
1979カツラノハイセイコ

配置次第ですけどね。
ではまた。

スポンサーサイト



2021.01.07 主催者の姿
競馬は単なるギャンブルとは違う。

課金を伴う至高の推理ゲームである。

ギャンブル等依存症対策への取組もしているし

災害支援、コロナ感染支援も存分に行っているのが

主催者の真の姿である。

一部を紹介すると、6月28日宝塚記念当日の売り上げから

55億が医療機関支援・学生支援・社会福祉事業支援に

拠出されている。

25%の控除の内、10%が国庫に納められ

利益が出れば更に半分が第2国庫納付金となる。

ゲームに参加さえしていれば、知らず知らずの内に

高額納税者になっているという仕組みだ。

社会的に感謝されこそすれ批判される筋合いは毛頭ない。

一昔前は、本馬場、ウインズに人がごった返し

騒音・煙害にクレームを言う方も多くみられたが今や

馬券購入者の7割がインターネット購入で

まさに今の時代性を先取りしたシステムを取り入れている。

知ったかぶりをしたが、全て主催者のHP

企業情報に掲載されている情報だ。

https://jra.jp/company/




2021.01.06 丑年の競馬
丑年競馬の開幕となりました。
外れ予想に興味がある方だけが、私の記事を
読む資格があります^^
コメントを沢山頂いてまして、感謝です。
記事にして一斉返信します、横着ですいません。


ディクターランド さん
記事を読んで面白いと感じるかどうかは
人それぞれ好みが有りますからなんとも言えませんが、
ディクターランドさんの記事を見た方は
明らかに時間を費やして予想をしておられるのを
理解するはずです。
私なんかは、其処に強い共感を覚えます。
紹介文を引用させて頂くと
「競馬は全て興行。 指示された馬をいかに見抜くかの勝負」
本当にその通りです。私も今年は一頭でも多く
見つけたいと願い予想していきます。
今年も宜しくお願いします。


BAD MINDさん
長い事、ブログを続けていると年に何回かは
貴方の様にコメントやメッセージで辛辣な評価を
残して下さるのですが、有難く受け取り
返信するようにはしております。
ただ何度も頂戴すると心が折れますので
以後はもう結構でございます^^
だって「BAD MIND」って、翻訳すると
「敵意:強い憎しみ」なんですもん、怖いです(笑)

ラヴズオンリーユーね・・・
実はこの馬を支持した理由の一つが
1960年の有馬記念なんですよ。
少しコメントでのやりとりで記しましたが
60年ぶりに「2年連続で牝馬の優勝」
其処に主眼を置いたわけですが、スターロッチの母親が
「コロナ」と言う名前で、今年のテーマに似合うと
思ったからです。
三冠牝馬デアリングタクト
この馬の持っていた戦歴が「無敗のオークス馬」
(クリフジ、ミツマサ、ミスオンワード、カワカミプリンセス)
そして現役馬で唯一ラヴズオンリーユーが
所持していたもの。三冠牝馬の2枠4番。
私は今年のオークス最下位着順の5枠9番を軽視したという事です。
だからラヴズオンリーユーから馬券を勝った事を微塵も後悔してないし
間違ったとも思っていません。
(馬券外してるのは間違いないんですがね)
一応、書いておきますね。


JINさん
今年の冬は寒いですね。
懐が寒いので余計にその様に感じてしまいます。
また、良いアドバイスをお願い致します。



今年はシンザン記念を年明け初戦にしようと思っております。
当たれば良いなぁ~。






天皇賞秋、枠連・馬連が的中し、回収率は上がりましたよ。

今週はGI開催が無い谷間。

<第45回 エリザベス女王杯は、サラキアが馬券になる。>

というのが現時点での予想。



日本中央競馬会から郵便物が届きました。

「JRAアニバーサリーキャンペーン」

デアリングタクトのQUOカード500円を頂きました。

思いがけず何か貰うというのは、嬉しいものです。

有難う御座います。


2020.10.28 まじか!
【Club JRA-Net】の投票照会サービスで
此処までの年間成績を調べてみた。

的中率 16%

そうやんなぁ~正しい、間違ってない!
当たってないもん。


回収率 70%

まじか!

え~!そんなに回収してる~?
まぁ、ろくでもない予想してるから当たればデカいねんけど。
正直、懐に入った実感が無いから
的中率と同じくらいの数値かなと思ってた。

じゃあ、後半戦、年間回収率100%目指そうか。