HATは幸せ!


相手は二頭

またか・・・
一体、いつ頃からこの流れが現れだしたのか?
2017桜花賞  8-3人気[取消]
2015優駿牝馬 3-1人気[取消]
2014東京優駿 3-1人気[取消]
2014秋華賞  3-1人気[除外]
2010宝塚記念 8-1人気[取消]
2010エリザベス4-2人気[取消]
2008桜花賞  12-15人気[取消]
2008ジャパン 9-1人気[取消]
2003優駿牝馬 2-13人気[取消]
取消戦でも除外戦でもないから、これは違う。

じゃあ、これ。春天とヴィクトリアが同じカテゴリ
2017春天   1-4人気☆
2016ジャパン 1-5人気
2016宝塚記念 8-1人気
2015安田記念 1-3人気
2015春天   2-7人気☆
2014安田記念 1-16人気
2014マイルC 8-3人気
2014秋天   5-1人気
2013ジャパン 1-7人気
2013高松宮  1-2人気
2011VM    2-1人気☆



競馬ランキング



スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

コメレス、自己紹介

新潟さん、朝早くからコメント有難う。
あっ、お名前無いので「新潟さん」と呼びますね。
てっきり、万馬券をまぐれで獲ったから、その祝コメかなと思いましたよ(笑)でもまあ、悪意の無い、私の事を案じて下さる親切な内容だなと正直思ったんでレスします。
仮に批判めいたコメントでも、わざわざコメントロックしないでも大丈夫ですよ、こちらで判断して表示するかしないか選択できますから。

コメント頂いて、ランキングのほうから訪問して下さる方は、私の事を知らないんだなと気づかされました。
そらそうやわ、簡単に自己紹介しておきますね。

神戸に住む、還暦手前のじじいです。
2011年にこのブログを始めました。
今年の夏で6年目を迎えます。
ホントに、ただの競馬好きでコメントにあるような「プロ馬券師」など微塵も目指しておりませんし、会費をもらって予想を売るといった大それた行為もしていません。
また見合う実力も持ち合わせていないので書かれているような「自分が何だか凄い人間だと勘違いしちゃう」なんて事も一度もありません。
常日頃から当たらない事を公言しておりますし、記事を御覧になれば当たらない事は、新潟さんだけでなく誰でも分かると思います。ここの常連さんたちはそれを承知の上で覗いて下さる奇特な方々なのです(笑)


PATをはじめてから、WINZには行かなくなりましたが、その時点でサイン読みを卒業したと言えるのかもしれません。だってウインズには、サインがあちこちに散りばめられていますから、それはきっと今でも同じやと思います。
「WINZによくいる馬券オヤジ」懐かしいなあ。
関西人は、人懐っこいので、マークシート書いてたら、隣から当たり前のように話しかけてくるしね。鬱陶しい事もありますが、レースが終わると案外、その馬券オヤジが言った事が真実だったりするから、ビックリしますよ。あながち馬鹿に出来なかったりするんです、これほんまです。大体みんな居るポジション決まってるから望むなら、すぐ親しくなれますよ(笑)


新潟さんの最初のコメント、これが私にとって新鮮でした。
「みんな、外れた時の言い訳を聞きたくて訪問してる」
エ~そうなんや!って感じですわ。人それぞれ、ブログを訪問する動機も違うんやなと思いましたもん。
私基本、回顧記事を書かないんで、これは当てはまらんな。
後記事を書くときは、久しぶりに当たった時(笑)か、先々の覚え書きの為に書く程度かな。回顧する時間がないんですわ。レースを振り返って、それを次に活かせる自信も無いしね。


「アクセス数がどれくらいか人に言いたい気持ちはわかる」
「出世を諦めたサラリーマンだったら、せめて会社の外でくらいは、人に認められたいだろうから」
新潟さん、これは全く違いますわ。

競馬だけで無くブログを書く人の多くは書いた記事を読んだ方と共有したいんやと思うんですよ。日常を記したブログなら悲しい事、嬉しい事やったりするかな。
他の競馬ブログの管理者はしらんけど、少なくとも私は的中、不的中より、自分がどう考えてその馬券を買うに至ったか(私は書いた内容は必ず買います)の過程を読んで下さる方と共有したいけどな。

さすがに6年もブログやってると、アフィリエイトで儲けませんかとお誘いがあったりするんですが、これまで全てお断りしてきました。(嫁さんにその事を話したら、お前はアホか、稼げるんやったら、なんでも貼れと)(笑)
仮にアフィリなんかやってたらアクセス数が増える事に躍起になったかもしらんけど、私が人気ランキングに登録した意図とは違う。どうせ書くんやから、一人でも多くの方に読んで貰ってアクセス増えれば、自分自身の励み、モチベーションアップになるんちゃうかなと、理由はそれだけ。


「アクセス数がどれくらいか人に言いたい」のではなく
「アクセス数が増えた事を自分の励みにしたい」のです。


新潟さん、こんなもんでええですか?
「的中率がそれを如実に物語っている」いやほんまにご指摘の通り、外れ記事ばかり書いてたらモチベ下がるんですわ、著しく。当初から比べてトピ数が減ってきてるのが、その証拠。私の記事の多くは、結構「断定的な表現」を良く用いますが、自身を鼓舞する為に、そういう手法をもちいているだけで、これも他意はないんですよ、御容赦下さい。


私の記事は、「こんな読み方・考え方も有りかな」程度に 読み流して下されば幸いです。 自分が読んで面白いと感じなければ、読む方が面白いとは感じないと思うので、たとえ自己満足であろうと、自分を満足させる記事を 心がけています。まあこんなブログですが、よろしければご贔屓に。
新潟さんはもう来ないか(笑)


今日の格言
競馬はどれ程貢いでも、飽きない恋人なのかもしれないなあ。



競馬ランキング



  1. [ edit ]
  2. 競馬・雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

2月5日

2月5日
1981年に神戸ポートアイランド博覧会の開催に先立ち
ポートアイランドと三宮を結ぶ無人運転列車が誕生。
それがポートライナーで2月5日に開業した。

日曜日なので競馬開催日。
東京新聞杯にはそのポートアイランドステークスを走った
マイネルアウラートが登録
六甲アイランドも経験済みで神戸港開設150周年イベントに
相応しい馬、このあと何処へ進むのか注目。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

2月4日

2月4日
一年を15日ごとに分けた24節気
春が立つ(訪れる、始まる)日と昔の人は位置付けたようです。

土曜日ですから競馬開催日です。
今週の注目レースは「ゆりかもめ賞」です。
副題は「帰ってきたゆりかもめ」
2013年に一度帰ってきた「ゆりかもめ」ですが、昨年また「渡り」に出て戻らず
今年また元気に帰ってきました。
昨年も実は「巣」は残っていたのです、
そこに、ゆりかもめが戻らなかっただけで。
その巣から落ちたヴァンキッシュランは青葉賞1着。
そうした視点を今年の登録馬に向けると面白い馬が一頭います。
昨年の10月にJRA登録した「生まれたばかりの雛」サトノマックス
「2月1日生まれ」のこの馬の激走に期待しています。

ゆりかもめってJRの列車名かと思ったら、今話題の豊洲と新橋を
結ぶ路線名だったんですね。
それでも日本の列車名イコール競走名って結構あるので
なにか繋がりがあるかもしれませんね。


  1. [ edit ]
  2. 競馬・雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

2月1日

2月1日
月替わりですね。
年末まで「333」日です。

One eye
1月中に勝てるのかなと思っていましたが、シルクロードでようやく1勝。
投資額は根岸の方が大きくて、負けずに済んだ程度です。
競馬の1勝目も待ち遠しかったけど、もっと待ち遠しいのは
今しきりにCMで流している「ラ・ラ・ランド」
このミュージカル映画は期待できそうです。
上映は2月末、あとひと月も待たないといけないですけど楽しみです。
一部では、ありきたりのミュージカルと酷評されてますが・・・



  1. [ edit ]
  2. 競馬・雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
51位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -