HATは幸せ!


こーえつ

秋の番組の中で最高に笑えて楽しめる番組が石原さとみの
「地味にスゴイ! 校閲ガール・河野悦子」です。
もうほとんど新境地を確立したと言って良いほどはまり役になっています。
優香の旦那、青木崇高とのコンビが程よいアクセントになってる。
2年前に「ディア・シスター」という松下奈緒との姉妹役で
登場した時の役作りが、どうも此処でも生かされているような気がします。
次回で最終回、これ終わると寂しくなるなあ。




スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 映画・ドラマ
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

ムーラン・ルージュ

あのミュージカル映画の最高傑作、Moulin Rouge!(ムーラン・ルージュ)が
ついに舞台ミュージカルになるそうなのだ!
2012年のトニー賞ノミネート作品の演出をしたアレックス・ティンバースが
演出を担当し、「グラディエーター」「007 スカイフォール」の脚本家で
劇作家でもあるジョン・ローガンが脚本を書くのが決定しているらしい。

どんな舞台になるんだろう、是非見てみたいなぁ。叶わないか・・
誰がサティーンとクリスチャンを演じるのか、どんな曲の構成になるのか。
バズ・ラーマンは楽曲を選曲する際に、嘘か本当かポップソングを1000曲も
聴いたらしい。選考した曲を使う権利の獲得にも苦労したらしいから
舞台はたぶんオリジナル曲でいきそうな気がするなぁ。
見たいなあ、宝くじが当たったらブロードウェイに行こう!
英語はからっきしだけど、舞台を見るだけで楽しめるよね。

これは嬉しいニュースだ。


  1. [ edit ]
  2. 映画・ドラマ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

第70回トニー賞

ALL POSTを見ると昨晩書いた「神戸港開港150年」が通算700本目の記事
となっています。凍結や危険防止の為に自ら削除した記事などが12本。
現時点で読めるものは688本です。けして多いとは言えませんけど
一つの節目ですね。7月は記事0本、そんな月もあってこそ継続できるのかも
しれません(そう自分に言い聞かせ)

今年も大好きな、トニー賞はやってきて、去っていきました。(6月13日)
今年は記念すべき節目の第70回の記念の授賞式。
今回はニューヨークのビーコンシアターで開催され
司会はジェームズ・コーデン(ごめんなさい、良く知らない)
なんといっても今年の目玉は16ノミネートで11部門で受賞した「ハミルトン」

主要6人の役を演じているのが全て「白人」以外のキャストで
歴史にあえて逆らって舞台演出も斬新なヒップホップを用いています。
リハの様子や舞台の一部を動画で見ましたが、私は
個人的にはあまり好みじゃない作品でした
まあそのせいか、今年のトニー賞はつまらなかった。

授賞式直前にオーランドで乱射テロが起き、参加者はシルバーリボンを
つけていました。開会直後に司会のコーデンが「すべての人にとっての悲劇」
と哀悼の辞を述べスタート。
素敵だったのは演劇主演男優賞を受賞したフランク・ランジェラが
受賞の原稿を読まずに、この悲劇について語ったことです。
「無いことが起きた時、人には3つの選択肢がある。
定義づける事か、破滅するか、強くなるか。
厳しい現実に直面したが是非、みんなに強くなってもらいたい。
一歩づつ共に歩んでいきたい」
即興でなかなか、このような言葉は出てこないですよね。
今年のトニー賞は彼のこのスピーチが最も心に残りました。



  1. [ edit ]
  2. 映画・ドラマ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

フォースの覚醒

お正月休みに家族で映画を一本、観に行きました。
スター・ウォーズ/フォースの覚醒
これはもう、観るならMX4Dだろうと
TOHOシネマズ 西宮で鑑賞。
もう文句なく楽しい映画でした!

デイジー・リドリーという綺麗な女優さんが
今回のシリーズの欠かせない星だなと私は思いました。

これもう一度IMAXでも見たい気がします。




  1. [ edit ]
  2. 映画・ドラマ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

今年もトニー賞がやってきた

第69回トニー賞を録画で観ました。
録画の良いところは宮本亜門や黒柳徹子の解説を聞かずに
早送りできるところです、ほんとに。
アメリカではCBSが全米生中継するらしいから
さすがにエンターテイメントな国だなと感心してしまいます。
今年はリバイバル「王様と私」で渡辺謙が主演男優賞に
ノミネートされていたことも有り、いつもの年に比べ
マスコミに取り上げられる機会も多かった気がします。

2014年4月から2015年4月までにブロードウェイで
上演された作品に劇場関係者ら700名以上が投票して
5月に各賞のノミネートがされ、6月表彰のスケジュール。
WOWOWに加入してて良かったと思う瞬間なんです。

今年はキャバレーの主演男優賞アラン・カミングと
ウィキッドなどノミネート経験のある(今年もノミネートされていた)
クリスティン・チェノウェスとの息の合った二人での司会。
トニー賞の司会を人選する人って凄いなと感心します。

トニー賞を一度でも見た人はミュージカルをきっと見たくなる。
と断言できるのは、トニー賞では素晴らしいパフォーマンスを
少しだけど観れるから。
今年も冒頭「Something Rotten!」の「A Musical」は
これこれ、これがミュージカル!って感じでスタートしました。

個人的に良かったと思うところだけを紹介すると
作品賞に輝いた「Fun Home」の「Ring of Keys」は
同性愛に目覚めた瞬間を楽曲にしたものですが、
シドニー・ルーカスが感動するぐらい見事に歌い上げていました。
11歳の彼女の歌唱力と表現力に大拍手!
「It Shoulda Been You」からは「Jennys Blues」を熱唱した
リサ・ハワードに拍手。

別の意味で良かったなあと思ったのが「王様と私」で
主演女優賞を獲得したケリー・オハラの受賞スピーチ。
彼女は6度目のノミネートでの受賞だったらしくて
「好きな事をやっているので賞は必要なかった。」
「でも両親に6度も会場に来てもらって、これでもうなぐさめてもらわなくてすむ。」
と会場の御両親に感謝の言葉を捧げていて一緒に嬉しくなりました。
喜び過ぎて踊りながら会場を後にする彼女の姿に
万雷の拍手が起きていた。いやあ努力はいつか報われるな。

さて話題になった渡辺謙ですが、英語力が少しハンデになったようです。
でも、ミュージカルへの「挑戦心」や白血病を乗り越えた「闘争心」で
必ず近い将来、この場所に戻ってきそうな気がします。

腸が弱いのでヤクルト400(シロタ株)飲んでみようかな。

  1. [ edit ]
  2. 映画・ドラマ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
51位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 05  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -