• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

HATは幸せ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

三の意味

ご訪問有難う御座います。
人気ブログランキングを張り付けていますが
これは毎日、書き続けていないとランキングが
上がらないようです。
それに比べ、けな気にも常連さんたちが
クリックして士気を高めて下さっているのには
頭が下がります、本当に有難う御座います。

昨年の6月の記事は1本です。
夏競馬は休養に充てたからですが、モチベーションも
維持できなかったからというのも少しあります。

四つの季節と違って、競馬番組は春夏秋の三つです。
東西南北という方向も四つですが、競馬で使われる
数字は「三」が多いのです。あえて羅列しませんが
当然そこにも意味を持たせているわけです。
安田記念は夏競馬です。
いつから其処に位置したのかはご自身でお調べ頂く
として、夏競馬安田記念は既に半月前に予告記事を
書いております。
従ってもう書くことは無いのです。
それでもクリックしてくださった方への感謝を込めて
書きます。
http://markun1128.blog.fc2.com/blog-entry-802.html

この記事の主題は、安田記念でも「同世代対決」を
やるでしょうという予告です。
6歳ミッキークイーンを出走させないという結果とも言えます。昨年はルメール不在で競馬をしたのです。
負傷したから居なくなったという表向きの理由でなく。

書いたらダービーのように外れそうですが
感謝を込めて書くのです。ダービーのように
4番が1着でなければ当たり馬券は手元に残らないのが
1着馬を特定する馬券です。
安田記念も1着馬を特定していますから
1着にならなければPAT残高は「ゼロ」になります。
そんな買い方をするから当たらないのだと後輩は
言いますが、その方が面白いから仕方ないだろ
と私は言います。

今年の安田記念は「7歳同士」で決まります。
否、そう考えています、だな。正しくは。
「67回」という開催は「56回」という開催と
イコールという発想です。
前年1着世代を起用するのです。6歳じゃないですよ。
今年コンテントメントを再出走させるのは(同じ戦歴でね)私から見たら「主催者の最高の使い方」なわけです。
えらく抽象的な書き方のようですが
正直に書いております。
馬番の配置も最高なわけです。
1着馬を特定する書き方をすれば揃目開催の翌年度を
勝つのはコンテントメントとなります。

1番は世代を表現する指標馬で、2着に起用するのは
前年1着馬ロゴタイプしか残りません。
競馬は一点では取れないようにできていますが
今年は「万馬券」と読んでいるので、
この一点で良いのです。
ダービーのように外したくなければ馬連5-16を
かっこよく馬券を買いたければ馬単5-16を
そういう事です。

いつも拙い記事をお読みくださり、有難う御座います。
人気ブログランキング、今後も貼り続けますが
もうクリックは結構です。調査は終わりましたから。
皆様に感謝です。
結構、安田記念、自信あったけど、何処が間違っていたんだろう。なんて次の記事で書きたくないなあ。







競馬ランキング


スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

第84回覇者を指名する

NHKマイルのトライアル覇者がダービーに挑戦するのは、調査不足でなければ
2001年のキタサンチャンネル以来のはず。この年はマル外開放初年度でクロフネ、ルゼルの二頭が参戦。マル外を直接機能させることを避けた。
私の中でどこかマル外への期待値が高くなっていたが違うかもしれない。

407アルアイン =クロフネ(毎日杯1着→GI1着)
818アドミラブル=ルゼル(青葉賞1着)
408トラスト¬  =トラストファイヤー

204スワーヴリチャード=ジャングルポケット(共同通信1着→皐月2人気)
611ペルシアンナイト =ダンツフレーム(アーリントン1着→皐月2着)
715ダイワギャグニー =ダンシングカラー=(OP特別1着)

この年度をサンプルに仕立てた時に2枠の「唯一性」が少し理解できた気がする。
スワーヴリチャードを第84回覇者に指名する。


競馬ランキング



  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

ダンビュライトが№1

初めて弥生賞を三文字馬が勝った現実を、皐月賞はすんなり受け入れることを拒み、トライアル優先権の無い馬同士に仕事をさせ、松山弘平君に初めてのGIをプレゼントした。多くの方が取り上げているように、朝日杯・皐月賞・NHKマイルは「牝馬が1番人気を獲得」する新しいカードを切り続けた。だが何故そうするのかを明言した内容には出会えない。会員から講義料を徴収するところは、こっそり教えているかもしれないが。
ダービーには牝馬は居ないが、牝馬を象徴する馬は存在している。ダンビュライトだ。
予言通り前年の3着馬番「№1ゲート」に座った。
彼の誕生日が「ひな祭り」だからという単純な発想だと
知れば読んだ人間はさぞ、ガッカリするのだろう。
ただ、この戦績で勝てるのか。
音無厩舎の三頭並び、同枠のアメリカズカップは牝馬1番人気のGIで同枠馬を補佐し続けている利点が有ってこその軸足り得るのだが、オークスに続いての1枠揃目や対角音無決着はどうも考えづらい。

第77回桜花賞
【若き女王】の鮮烈な輝きが歴史を変えていく。
第78回オークス
唯一の春に輝け、【若き女王】の品格が喝采に包まれる。

同じ文字を重ね、2歳の若き女王を起用

第77回皐月賞
青春を謳え、若者の【情熱が未来の夢】を拓く。
第84回日本ダービー
一世一代に叫べ、すべての【夢と情熱】をここに捧げる。

同じ文字を重ね、朝日杯の青い枠に居た馬を起用
と考えるのも私の中では「有り」だ。
結果的にオークスもダービーもトライアル3着馬を起用することに繋がるからだ。

オークスが揃目を発生させた2010や2014は、ダービーでは1枠を出現させたが、2着枠には1番人気が配置されていた。従って最終的に1番人気をルメールに譲り、GI3戦連続ルメール1着枠配置でまとめるのでは無いかと考えればアイビーステークスが活きてくる。

大穴は(外)ベストアプローチだが、今年この馬を起用する理由が見つからないので、サイン「ラッタッタ」の効果に期待するしかない。


良かったら、クリックしてね。


競馬ランキング


  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

ダービー№1

皐月賞トライアル優先権を「皐月賞連対ゲート」に配置しなかった年度が2012と2007。
2007年は牝馬出走の特殊年ダービー。
したがってサンプルになるのは2012年。

2012ダービー
スプリング2→皐月賞3→ダービー1
青葉賞1

2017ダービー
「ダンビュライト」弥生3→皐月3→ダービー
この馬が中心になるが、相手は揃目の青葉賞ではなく
「藤沢」じゃないかなと考えている。

オークスで藤沢が機能したら、考えを変える。



競馬ランキング



  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

先読み「安田記念」

「相手は二頭」という記事は、「17頭戦は荒れない」という事を表現したくて書いたわけではありません。
2017、2015天皇賞と2011ヴィクトリアが採用した5歳世代の起用について言及したかったのですが、まんまと外されてしまいました。
これで3つのマイルGIは全て万馬券側です。
何故でしょう?当然理由は有ります。
第77回桜花賞(馬17,000)
第22回NHKマイル(馬17,290)
第12回ヴィクトリアマイル(馬42,710)
オッズの仕組みはよくわかりませんが、上下「17」という数字を馬連配当にも使ってきました。
こういうのを見つけると「主催者の遊び」だと思うのです。

3歳限定GIが3歳だけで馬券構築するのは当たり前ですが、ヴィクトリアマイルまで4歳世代限定で馬券にしました。安田記念も同様の結果を期待して良いようです。
遊び心の有る主催者ですから当然やってきます。

阪神マイル桜花賞の2・3着「番」を使ったNHKマイル。
阪神マイル阪神牝馬の2・3着「馬」を使ったVマイル。
東京マイル安田記念は、何を使うのかは明白だし
Vマイルで桜花賞1着馬番を2着起用した事も大事と考えているので、2着馬は出走すればミッキークイーンではないのかと妄想の種は尽きないのです。

5歳だけで決着したダービー卿は、昨年の連対枠。
[外]2016チャンピオン2
2016ダービー卿2

2016ダービー卿3
2016チャンピオン1(2015ダービー卿)


当然この伏線があるから出場受諾したセン馬[外]だろうと考えています。
[外]2017チャンピオン2
[外]2017チャンピオン1(2016チャンピオン2)
直接は無くても同枠には注意が必要なのです。


昨年の年度代表馬はモーリスだろうと思っていましたが、蓋を開けるとキタサンブラック。
国内でのGI勝利が秋天だけだったという事より、マイル王がマイル路線を歩み続けなかった事に敗因があったのだろうと思うのです。ただその路線を走らざる得なかった理由もあるはず。
桜花賞は11番人気の配置された5枠が勝利枠となり、NHKマイルでは逆に11番人気の配置された5枠は馬券にならずの、やりやらず。
桜花賞の使わなかった10番ゲートに、11番人気を入れる周到さでマイルGI3戦ともに「万馬券」を輩出したのも
マイル王「だった」モーリス不在の影響なのではないでしょうか?


競馬ランキング


  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
259位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
126位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。