今年の出馬表には58斤量馬が不在ですが、こういう年は57斤量が起用されてます。4歳馬は毎年出走してきますが、出走1頭の年だけ起用されていません。今年は複数頭ですから1頭は3着内に来ます。
ですので短絡的ですが、◎ペルシアンナイト
ワイドのお供にどうぞ。

阪急杯同様、高齢馬を一頭用意しています。でも9歳馬は過去にも出走歴が有ります。
2006年バランスオブゲーム
2008年カンパニー
共通するのは当該競走2着歴を所持いていた事。
従って相手は○サクラアンプルール

実に簡単です。
今年も大阪杯に直接、影響しないのではないかと考えています。今年は金鯱賞でしょう。






競馬ランキング

スポンサーサイト

【2018/02/21 00:26】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
年明けハンデ競走3戦は
京都金杯(出走構成4歳~7歳)6-6-4歳
中山金杯(出走構成4歳~8歳)4-4-6歳
愛知杯 (出走構成4歳~6歳)5-5-6歳
所謂、同世代決着というやつで、このように3競走で、同じことをするのは稀有。

対して、一つの世代を抜いて施行するのが下記。
昨年の「1着世代」を抜くという状況を作っている。
稀有な決着を主催者が望んでいるなら、2着3着を
同一世代に託すのでは無いか。
日経新春杯(出走構成4歳不在)6-5-5歳
AJCC (出走構成5歳不在)7-4-4歳











競馬ランキング


【2018/01/17 10:22】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
登録抹消馬コパノリッキーの戦歴が示唆する今週の東海ステークではないか、と考えてみると、愛知杯の713コパノマリーンの競走中止も意味があるように映るから不思議だ。

ではコパノリッキーが教えるものとは一体何だろうか?
私なら「生涯ダート戦しか走らなかった事」だと答える。
単体では無いが、実力から言えばテイエムジンソクが指名馬となる。

「みやこSを開催しない2018年」と主催者は戦前からアナウンスしている。これを無視するわけにはいかない。過去2年間で起用されていない「みやこ1着歴」は希少価値が高いと読む。その結果、テイエムジンソクを後押しする材料になってしまうのは、私が故意に誘導している訳では無いので、当該馬の起用確率はより一層高いと言わざる得ない。

相手は3つのルートから来る下記3頭の配置された「枠」だろうと考えている。
レパードS1着歴
師走S1着歴
ペテルギウスS2着歴


(注)初めて当ブログを訪れた方へのお願い
さも、当るかのような文章ですが、先週の愛知杯はかすりもしてませんし、京成杯の9番も、日経新春杯の9番も連にすら来ていません。毎年、年明けから随分経たないと両眼も開かない酷い予想実績です。それでも、此処に掲載された予想を購入しようと考えられた奇特な方は、自己責任でご購入下さいますよう、お願い致します。





競馬ランキング


【2018/01/17 10:20】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
ホープフルでその存在を否定されなかった
中谷雄太君がペルーフで参戦。
当ブログの注目馬は、この馬です。


1月15日の積雪順延を受けて施行された昨年の覇者ミッキーロケットが登録しており、前年との違いを示す「連覇」を否定しませんが、この馬を軸には考えていません。


代替戦を一旦「閉じたい」と主催者が考えたとしたら、4歳の覇者を翌年、再度出走させるという使い方は正しい段取りのように思えます。4歳世代が軽量牝馬一頭しか登録していない事も、今年は「5歳世代」に載冠させたいという意思表示だと感じます。
また昨年の3着現物や、一昨年の3着同枠馬を用意してきたのにも、ある程度説明がつくような気がします。


その4歳牝馬はトップハンデの前年覇者と斤量7.5キロ差。腐っても秋華賞1着同枠のエリート牝馬です。これは相当「楽なハンデ」と思えるのですが、どっこい其処がハンデキャッパーの凄いところで、けして大きな着差にはならないのです。
たとえ愛知杯を走ったとしても、此処に登録があることが大事です。


そんなハンデ差を味方につけた馬にテイエムプリキュアという牝馬が居ました。2009年トップハンデと9キロ、2着馬と7キロという斤量差を武器に1着席に着きました。ジュベナイル1着馬で以降24戦も鳴かず飛ばず。
ですが実は前年の3着現物馬で、そういう所に万馬券の下地が隠されていた、とも言えます。


代替戦を閉じたいなどという突拍子もない私の言葉遊びが現実になるのなら、前年1着と3着馬をそのまま起用するでしょうか?アクションスターも含めて枠順決定後に結論をまとめたいと考えています。


余談ですが、GⅡハンデ戦といえばアルゼンチン共和国杯も同じカテゴリーに入る競走です。日経新春杯との違いは「3歳が走れるかどうか」という点。昨年は20年ぶりに1番人気3歳馬が勝利しました。此処を軸に、1998年の日経新春杯(明け4歳出走可能競走)では、どういう起用法が用いられたか。此処も別視点で眺めれば面白いと思います。







競馬ランキング


【2018/01/10 22:35】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
連覇の話に触れたのは、ステイヤーズSのアルバートの記事を書く為の前振り。
アラブ・障害・指定交流の重賞群を除けば「3連覇」を発生させた重賞はわずか。
1956~1958鳴尾記念(4歳~6歳)
2003~2005金鯱賞(6歳~8歳)
2005~2007函館記念(セ5歳~セ7歳)
2007~2009オールカマー(4歳~6歳)
2013~2015阪神大賞典(4歳~6歳)

脂の乗った4歳から6歳の期間での達成が多いのは至極当然で、アルバートも同じ条件下で3連覇を狙いに行く。

年2回施行をやめた鳴尾記念は、距離変更の阪神を走ったセカイオー
2004創立50周年を間に挟んだ金鯱賞のタップダンスシチー
2006のサマーシリーズ化を受けたエリモハリアーの函館記念
絶対的な中山巧者マツリダゴッホのオールカマー
2014・2015春天優先権ホルダーとなったゴールドシップ

アルバートはこうした馬たちと比べると、どうも宣伝コピーに乏しい。今年開催変更を受けた金鯱賞のヤマカツエースの3連覇の方が可能性が高いように感じる。
ただ一縷の可能性を否定できないのは登録馬のほとんどが「高齢馬」である点。
中でも6年「連続出走」サイモントルナーレ(2012~2017)の存在が挙げられる。

サイモン6歳時の、2012年の勝ち馬はトウカイトリック号
無事是名馬の見本、G2阪神大賞典を8年連続出走(2006~2013)
初年度2006年はディープインパクト(菊1-有馬2)
最終年2013年はゴールドシップ(菊1-有馬1)
ゴールドシップが以後、3連覇を果たすのは前述した通り。

トウカイトリックはステイヤーズも連年出走(2010年は海外遠征)
初年度2006年はアイポッパー(京大-アルゼンチン2)
最終年2013年はデスペラード(京大-アルゼンチン1同)
デスペラードは以後、連覇を果たしている。

さてサイモントルナーレに話を戻すが、2013年で役目を終えたトウカイトリックに代わって任務続行指令を受けた彼の実質的な初年度は2014年
初年度2014年はデスペラード(前年1着馬)・・2連覇
最終年2017年はアルバート(前年1着馬)・・3連覇
これが「アルバート」の3連覇を否定できない根拠である。






競馬ランキング



【2017/11/28 23:04】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |

hitopapa  さんへ
HAT
hitopapaさん

初コメント有難う御座います。
当たらない記事にコメントを頂くと勇気と意欲が
湧いてきます。
感謝します。

素晴らしい
hitopapa
いつもみていますが、初コメです。
素晴らしいの一言です。

いつもありがとうございます。

コメントを閉じる▲