• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

HATは幸せ!


ワイドで買う

高松宮記念の優先出走権競走
阪急杯   は「G初勝利」の【7歳】
オーシャンSは「G初勝利」の【牝馬】1~3着

大阪杯の優先出走権競走
中山記念は「G初出走」の2着
金鯱賞は

という視点で調べたが成果は無い。
第60回 産経大阪杯に出走した4歳牝馬が
出馬表に名前を留めているので素直にこの馬を
軸に据える
仮にもGⅡ勝利、GⅠ3着という実績馬
走っても不思議ではない

相手はG未勝利の「6歳」に的を絞りたい
内から204、408、612をワイドで買う。

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

さらばミホノブルボン

大好きだった(変則)三冠馬ミホノブルボンが
亡くなって喪に服していたが
弥生三月、最初の記事は弥生賞と決めていた。
嫁は息子の一人暮らしの準備のため東京へ
出かけており自由な「独身生活」を謳歌しているが
競馬に時間を割ける環境にあるにもかかわらず
そう上手くは運ばず仕事の方が忙しい。

今日は膝の具合がまた悪くなって、以前も紹介した
ことのある神戸元町の
<鍼灸治療院 きりん堂>で治療してもらった。
長時間ありがとうございました。

HP紹介
http://kirindoh-harikyu.holy.jp/


今年の弥生賞の注目馬は2頭
コマノインパルスとグローブシアター
困ったことに、これも注目していた2つの枠に
ぴたりと嵌まってしまった。
逆にそうなると疑ってしまう悪い性癖。

2008年のマイネルチャールズ以後
途絶えてしまった「中山2000」からの直接連対。
京成杯でこっぴどく負けたアダムバローズが
「若駒」を勝った時に弥生賞に登録してきたら
関東馬コマノインパルスを軸にと決めていた。
相手も「中山2000」から直行するグローブシアター
昨年の2着角居キャロットを表現しているから。

第54回 アルゼンチン共和国杯(枠6-3)
第54回 愛知杯(枠6-3)
注目していた2つの枠と言うのが此れ。

2014、2004、2007 [地]が出走
何が起きたか?
隣接する2つの数字がワイド馬券として
成立していた。
もっと言えば同一枠に居る2頭での揃目。
それが可能だと感じさせる枠は7枠しかない

http://www.jra.go.jp/news/201702nakayama/index.html
中山イベントには「重賞わくわくチャレンジ」
というものが用意されており
弥生賞当日は昨年の最優秀障害馬オジュウチョウサン号
がモチーフとなった商品が映っている。
中山グランドジャンプ7枠
中山大障害7枠
暗にこの枠ですよと言っているようなものだ。

中山記念の時の商品は、最優秀3歳牡馬
サトノダイヤモンド
これは言うまでもなく「ルメール」
該当する馬は1番人気アンビシャスと3番人気
ネオリアリズムしか居なかった。

馬連3-7
3連7-9-10



揃目枠、隣接番で三冠出目を戦い続けたミホノブルボン
だが彼の存在を世に知らしめたのは
あの中京競馬場・新馬戦での豪脚!
彼に、この弥生賞の予想を捧げたい。
さらばミホノブルボン

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

マカヒキ京都記念から大阪杯へ

古馬オープン馬が次々と違う路線への出走を宣言する中で2/12京都記念、2/26中山記念、3/11金鯱賞を前哨戦にする馬たちが新設GI大阪杯に出陣すると報じられている。
盾が欲しい馬や、長距離は厳しいという馬の
それぞれの思いが交差する。

京都記念出馬表を見ると、どうしても昨年のダービー馬の存在が大きく映るし、主役はこの馬だろうとも思う。京都記念は1番人気が勝てない年度が数年続いてはいるが、昨年の揃目決着で、その流れは変わったとみる。

牝馬が勝った2010年は揃目で、昨年の2着馬と同様にエリザベス女王杯3着歴を保有していたのは、
まんざら偶然でもあるまいが、翌年のMベルーガの
役割をSレイアーに期待するのは些か無理がありそうだ。此処は素直に「1番人気の勝利」と予想する。
相手も捻ることなく増量馬とする。

マカヒキの収得賞金は「16,500万円」
内訳を確認すると(新馬400+3歳OP1000+弥生2700+皐月2000+ダービー10000+ニコル400)
これに次ぐのがサトノ「11,150万円」
となるが京都記念自体は、この賞金額を問われる
競争条件では無く基準日を前後するGI、GⅡを
勝ったかどうかが問われる。
その勝利自体が実力に見合ったもので有ったか否かがこの京都記念で問われるという事だ。

その上でマカヒキの馬単をオッズ比較すると
13時現在
1-134.3
2-17.2
4-20.2
5-266.3
6-5.9
7-136.9
8-122.1
9-4.3
10-27.3
最も魅力的なのが音無は音無でもアクションスター
という事になるので、これを買う。
2年間2着も無ければ3着も無い。
そんな馬、誰が買うのかと言うので私が買う。
1番ゲートに昨年の大阪杯歴を持って再走する
この馬を。
馬単2点なら6番と9番へで十分なんだけど
増量馬は買わないことにする。
馬単3→1 のみ

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

コメレス・最後のG2戦ホープフル

大阪杯の時に「最後のGⅡ」という記事を書きました。
1996年フェブラリーは揃目戦で決着し、
1995年高松宮「杯」は取消・除外歴馬の起用
レース後、アンビシャスの何処に「特殊性」が在るのか
考えちゃいましたよ。
探せばあるもので、この馬というか「この馬名」実は三代目らしいのです。
1967年生まれの牝馬
1993年生まれの牡馬
2012年生まれの現在馬
こんなもん、わかるか!という話。

実際この特殊性が2歳最後のGⅡ戦ににも適用されるのかという
一抹の不安はありますが、阪神から中山へ「ラジオNIKKEI杯2歳S」を
移した時点からGⅠ昇格を睨んでいたのでしょうから
私の中での「特殊性」は[地]コスモスしか考えられないのです。
勝つのはこの馬だと思います。

阪神には鳴尾記念という1999年にGⅢに降格した競走があります。
降格になる競走を勝たなかったステイゴールドの存在。
生涯GⅠとGⅡしか走らなかったですから。
そんなこと後から分かることで、その時には判らない。



  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:6

コメレス・阪神カップ

コメント欄で対応すれば良いのですが、どうも書いてるとなんだか
文章が長くなってしまうので、コメレスで一つの記事っていうのも
有りなのかなと。まあでも時間が許して且つ気が向いた時だけってことで。

特にネージュさんはリゲインさんのところへも同じ内容の
コメントを寄せていらっしゃるので余程、確認したいか
誰かの意見を求めているのかと思うのでレス記事起こすことにしました。

一つの競走内で、これだけ連覇が発生する要因の一つに
短距離走を得意とする馬にとって年内最後のGⅡ戦は
賞金的にも、高松宮を目指すローテの上からも魅力のあるレースで
必然、仕上げにも力が入るっていうのが一般的な考え方です。

ただそれ自体が連覇の答えにはならないので勝手に理由を推理するしかない。
初年度以外は馬名に「同じスペル」を持つ馬が連覇している。
そういう解釈の仕方もありますよね。枠出目で見ると
カフェ    82 → 27
キセキ    17 → 77
サンカルロ  78 → 75
リアル    57 → 48
ロサギ    78 → 
1年目は「7枠」でスタートするというルールをロサギガンティアも
守っているので近走の成績は関係なく、この馬も連覇の資格を
充分に備えていると思います。
でも重要なのは、其処ではなく今年が10年目の阪神カップである点と
私なら考えます。この10年目と「対」を成すのが、
私は1年目だろうと読んでます。

フサイチリシャール
2歳頂点戦勝利以降1着歴を刻めなかった馬
阪神カップ以降も1着歴を刻めなかった馬

歴史を振り返ると、この馬の阪神カップ「3歳」での戴冠は
際立って見えます。グランプリボスと決定的に違う相。
だからこそ、用意したんじゃないですかね、阪神カップ覇者を父に持つ
シュウジを。勝つのはこの馬だと思います。

サンカルロを見ておられるという事は高松宮記念2着歴を
見ているという事だと推測します。
スノードラゴンじゃなくてミッキーアイルでしょうね。
アーリントン競馬場にhanshin cup stakesという同名競走が存在する事は
皆さんご周知の通りですが、アーリントンカップ勝ち馬が
阪神カップで勝っていないという事は「あ、そうなの?」程度でしょうか。

ミッキーアイルが高松・スプリンターズと連続2着席から
悲願の古馬GⅠマイルCS制覇を果たしたのとは対照的に
昨年12月に香港スプリントを走った馬が登録しています。
8歳のサクラゴスペルです。
誰もが「無い無い」と言って言葉を遮ります。

ミッキーアイル  香港7 →MCS1
ストレイトガール 香港9 →Vマイル1
サクラゴスペル  香港12→

私ならご苦労さんと言って彼を激走させます。
主催者にもそれくらいの、広い心を持って活躍馬を選択して欲しいものです。


  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:5

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
123位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -