• 2017_06
  • <<
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • >>
  • 2017_08

HATは幸せ!


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

夏季休養宣言「続 ・薔薇のささやき」

後輩からメールが来ました。
「ハンデ化された2006年は『京都開催』でしょ。
そこから4歳51㎏を拾い上げるより、その2年前も
5歳を起用せず枠連8-2で一緒やから、
この出目使うと考えた方が良くない?」
正直、良い突っ込みです後輩にしては。
ただ、2004年は別定戦でしたから、少し違うかなとは思います。
たぶんハンデ化された初年度に3歳49㎏を起用したのは
特異な開催だったからと考える方が自然です。
だったら今年で言えば6歳49㎏馬と同居したローズウィスパーを
起用すると考えた方が私は正解だと考えています。
だから彼女を軸に指名しました。

鳴尾記念を同じカテゴリーで拾い上げましたが、
鳴尾記念の近三年も見て頂けたでしょうか?
池江泰寿の三連覇です。
3連覇ではありませんがマーメイドも同じ事をするのではないか
という(想像を働かせる)のが「推理」です。
16頭、14頭、12頭、出走頭数を変えることで
612、712、812と枠の異なる「12番ゲート」を三度、
再現して見せるのではないかという「推理」です。
それだけでは1着か2着かの特定ができないのですが、
少し掘り下げることで妄想は可能になります。

現在11番人気の7歳牝馬ショウナンバーキンは
昨年の優勝騎手「松若風馬」君が騎乗する馬なのです。
それが、どういうことなのかは彼女の戦歴を調べないと見えません。
2015ムーンライトハンデキャップ2着51
2015修学院ステークス3着52
2016マーメイドステークス裏2着50藤懸貴志

2016ムーンライトハンデキャップ3着51
2016修学院ステークス2着51
2017マーメイドステークス表1着50 松若風馬(連覇?)


以前にも書きましたが、何でもかんでも書かないのです。
書かない裏で、いろんな気づいたこと、妄想をエクセルに
書き綴って、記事にしていきます。
それを1本の記事にします。つまらない記事に見えても
実は結構、手間暇かかっています。
だからこそたまには休憩も必要なのです。
また、主催者の恩恵も大事なのです。

8番人気と11番人気の馬券なんか買えないと仰るなら
7歳牝馬の「複勝」をお勧めします。
今なら8倍のオッズが付いています。



競馬ランキング



スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

夏季休養宣言「薔薇のささやき」

ついでなんで、明日のメインも書いておきます。
登録12頭の中に53㎏ハンデ馬が居ません。
2006年、今年と同じ「11回」揃目開催にハンデ化されてから、
初めて53㎏ハンデ馬を不在にして施行したいらしいのです。

仕組みは簡単で2007年から昨年まで
ずっと5歳牝馬を連対馬に起用していたのですから
「今年は5歳牝馬を使いません」という
主催者の意思表示だろうと考えています。

そういう事なら軸に据えるべき馬の抽出も簡単で
5歳馬を起用しなかった初年度2006年から推察すれば
重賞を走った事の無い<4歳51㎏ハンデ>
ローズウィスパー
この馬から5歳6頭を外して買えば当たると思います。

ですが、それで当たったとしても喜びは小さいです。
何せ6点も買う事になるんですから。
いっそのこと一点買いならリスクは大きいですが
喜びは格段に大きくなります。
要は相手を見つければ済む話です。
これがまた至って簡単に見つかりました。

阪神2000マーメイドが53㎏を起用しなかった2013年は
万馬券でしたが、6月に移動していた阪神2000鳴尾記念でも
揃目開催・5枠揃目で万馬券となっていました。
この2つの競走を「揃えた」訳です。
その鳴尾記念が今年はどういう訳か「7歳牝馬」を
出走させ連対席に招き入れました。
もうこの一点だけで十分でしょう。
7歳牝馬ショウナンバーキン、相手は彼女です。

だいたいからしてマーメイドを連対した馬の
戦績を調べてみればわかるように、昨年のように重賞連対馬を
起用した年度の方が珍しいのです。
黙って(8-12)1点だけ買いましょう。

ローズウィスパーの馬名の意味は「Roseのささやき」ですが、
私のは「Lossのささやき」なので、馬券はあくまで
自己責任でお願い致します。

では、この記事を持って夏季休養に入らせて頂きます。
人気ブログランキングは10%だけ「一般部門」に登録しているので、
競馬以外の記事は書かせて頂きます。悪しからず。





競馬ランキング



  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

1着賞金3800万共同通信杯

一番嫌だった6番ゲート3着という結果、仕方ないです。
同枠馬のアクシデントも予定の内でしょう。
正逆6番の決着がワイド止まりでは取れません。
1番人気と2番人気を重宝する牝馬路線に対し
違う姿を見せる牡馬路線。
キョウヘイ(朝日トラスト)は千両賞2着
コマノインパルス(HOPUレイデオロ)は葉牡丹賞2着
サトノアーサー(朝日サトノアレス)はシクラメン賞1着

当然狙うのはエトルディーニュ(朝日サトノアレス)
鍵を握るのが51回競走を走ってくるタイセイスターリー
この馬を起点にして6駒が708になります。

狙う相手は3800万競走を参考に101か404
馬連2点です。

※(   )内は無視して下さい。覚書どぇすので。


  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

増量馬が存在するクイーンC

ネタが無いので書かない方が身の為なんだけど
馬券は買うので覚書程度に書いておこうと思います。
当初、二日間の開催が降雪のため、13日も馬券を
発売することになりました。
この時期は、よくある事です。
馬券が当たる方は、この辺も良く考えておられます。
でも私は馬券下手なので苦手です。
雪が降ろうと変わらない土曜日(祝日)の重賞。
フローレスマジックが単勝人気を落としているのは
間違いなく過去3年間の結果(馬番や騎手)
に依るものだと思います。
ですが6番ゲートにあえてフローレスマジックを
配置した意味は大きいと考えます。
2009~2012年にかけて5枠9番を起用し続けた
このレースの特異性からの考察です。
人気馬を配置したことから「軸」足り得ると判断しました。
フェアリーステークス2着アエロリットが3着馬と
同居しているので微妙な6枠ですが、出目を終焉させる
機能枠としては美しく映ります。
どうしても買いたい馬が第1回4日目中山から
向かってくるスズカゼです。
まあいづれにしても地方馬が居る枠も
1番人気、2番人気の枠も「単勝万馬券」枠だという事です。
ジュベナイルもアルテミスも、そしてフェアリーも
1番人気枠と2番人気枠の決着。
連鎖が止まるとしたら、此処だと思います

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

優先出走権競走・根岸ステークス

仕事中も老眼鏡を欠かせなくなって随分経ちます。
記事に誤字脱字があるのは、そのせいです。すいません。
できるだけ眼への負担を軽減するために往復の通勤時には
眼を閉じ休ませるように心がけています。
今までその時間に割いていたのは競馬の検討で
これによって週10時間は競馬の時間が無くなりました。
記事の本数が減った理由の一つです。
昼食時は時事ニュースを知識として蓄えるので
GI週でもない限り、もともと競馬の検討などしません。

帰宅後、夕食・入浴・録画ドラマの視聴・妻との対話
就寝までのわずかな合間を縫って、競馬検討にとれる時間は
僅かに30分ほどでしょうか。それも毎日できるものでもありません。
その時間を使って、今週の重賞のテーマを考えます。
そしてテーマに沿って検証します。それは直近のテーマですが、
全体的な疑問の検証も行います。例えば、

○最内1号馬は、その独特のポジションゆえに勝馬を指し示す
何かを暗示しているか。
○4着馬は裏1着馬としての機能を持っているのか。
○1着(2着)同枠馬は連対現物馬とは異なる役割を担っている筈だが
それは出馬表から簡単に見分けられるものなのか。
○同枠馬が揃目の機能を果たす瞬間にとは、一体どういうケースなのか。
などなど、通常は思い浮かばず脳内に中途半端にしまってあるのですが
時折、ヒントめいたものから再検証を始めたりします。
まあ何にせよ老化防止のための脳活性化運動です。

東海ステークスの勝ち馬がフェブラリーを回避と
テロップが出ると、まずそこを考えます。
1月開催となって初めての事象と判り、今年出走していれば
1着の順番だったかとも考えます。
東海がフェブラリーに影響を与えなかった2012年は
1月最終週の根岸から3着馬と1着馬をフェブラリーで
起用した事実と、奇しくも今年と同じ1月29日開催だった
というところにも強い信号を感じたりします。

出馬表確定前は、1月の重賞の出目を眺めたり、過去の
連対馬の戦歴を調べておきます。
そこで導いたものは、さほど役に立たなかったりしますが
調べないよりはましだという程度です。
むしろ突然閃いた発想の方を私は優先します。

1月の重賞は、両金杯が3枠、3歳戦が8枠
距離2000が6枠、GⅡ戦が4枠と出目を一致させています。
余程の事が無い限り今週も同じ出目を共有すると考えています。
そのうえで2012、2005年は「2枠」を2着席に
指名した歴史に注目し、ダートGⅡ東海1着枠が不在と
言う事であれば尚更2着枠を重視すべきとすると
「2枠」に狙いを定めるのは無根拠・無謀とは
言えないと思います。
ただシルクロードの方の2枠に買い材料が見当たらないので
共有する枠は「2枠」では無いと見ます。

しつこいですが端数ハンデに拘って、5枠と7枠に
山を張ります。枠で言えば(2枠←5枠、7枠)
この3つの枠には(外)も[地]も居ません。
冠のない枠の連対構造という結論です。
それはこの数年の根岸ステークスの流れに逆らう馬券です。
では流れに逆らわない馬券とは、と問われたら
1号馬の戦歴から(外)ベストマッチョだと言っておきます。

昨日、正式に主催者からホープフルステークスの
GI昇格が発表されました。
GIプラス1、GⅡマイナス1、GⅢプラス1
これも同時に発表しました。
ですから此処にも意味を持たせていると考えています。
なにか閃いたときに書きたいと思います。


  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
113位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。