HATは幸せ!


クローバー賞2016

後輩「先輩、友人の娘さんの番宣するなら集客しないと。」
HAT「集客? 競馬記事を書けって事?」
後輩 「はい、そうです!」

9月まで競馬記事は書かないつもりだったが、確かに言われてみれば
そうだなと思い、ちょっと調べてみた。

札幌競馬場の改修に伴い、2013年は開催休止となったクローバー賞。
2014年と2015年は共に、菅原厩舎の牝馬が勝利した。
馬主も2年間、島川隆哉氏を起用。
1:29:05というタイムまで同じ。
何故そこまで揃える必要があったのか、そこについ興味を抱いてしまった。
昨年は2着同着戦として終了した事で、この2年間を踏襲しない2016年の
決着が待ち受けるのだろうか?
もちろん今年の登録馬には菅原や島川といった文字は見つからない。
休止前の2012年と2011年、この2年間の馬券対象馬は
「中山開催・朝日杯フューチュリティステークス1着枠」に起用されていた。
ひょっとすると其処がポイントなのだろうか。

「地方所属馬」を出走させなかった2007年を除けば
2011年と2014年が地方所属馬の馬券対象を拒んだ。
<2008年1着、2009年2着、2010年3着、2012年2着、2015年2着>
採用か否採用か、今年はどちらだろう?
2011年と2014年の前年度戦では、共に1枠1番を1着に起用していた。
仮にその兆候が翌年への示唆となっているのなら、今年は
「地方所属馬を馬券対象とする年度」と言える。
些か短絡眉唾物と思えるかもしれないが、前述した2007年の前年度もまた
1枠1番を連対起用していた事実があるから、またサインかなどと
全否定したら痛い目を見るよ。

アークさんの記事を参照させて頂くと
2014年の「特別レース名解説」にあった七つ葉の紹介の
<九死に一生を得るといった最大の幸福を意味する。>の一節から
「九死に一生を得るといった」の文字が2015年には抹消されていた。
そんな“読み方”をしない人にとっては「なんだそれ」の世界なのだが
結論から言うと2014年の9番は最下位着順を刻み
「9(番)死に1勝を得た」のは10番だったのだ。
その強調文字が消えたのだから「1勝を得れない」10番は
2015年最下位となった。・・・のかどうかは、知らない。
知らないが、それでも否定と肯定の関係からいえば
昨年の6枠に存在した2頭の牝馬の内、8番を起用したのにも
個人的には幾分納得がいく。
608マシェリガール  3人
609リリカルホワイト 2人

では今年の特別レース名解説は昨年と異なるのか。下記が今年の解説文。
○ クローバー賞
クローバー(Clover)は、ヨーロッパ原産のマメ科の多年草の総称。
四つ葉のものは幸福のシンボルとされ、
五つ葉は金銭の幸福を、
六つ葉は地位、名声を手に入れる幸福を、
七つ葉は最大の幸福を意味する。
四つ葉の花言葉は「幸福」「私のものになって」。

四つ葉の前にあった「 江戸時代に渡来し、各地に野生化している。」
この一行が昨年、一昨年の紹介から、やはり抹消されている。
此処で表現している「各地」という言葉が、[カク地]という地方所属馬を指す
言葉であることは論を俟たないが、ではこの一節を削除することで
地方馬の成績を言い当てることができるのかという疑問を
読み進んできた方は抱くであろう。

文字を削除することで昨年、一昨年とは違う結末を主催者は予見しているのである。
2頭の中央馬を共に(牝馬)とすることで昨年、一昨年を表現してきている。
○2頭の中央馬「牝馬」は勝てない。
○「中央馬」が勝てないのであるから、必然勝つのは「地方馬」。
単純明快な道理である。

2014トーセンラークは前走「HBC賞を最下位」
2015マシェリガールは前走「昇竜ステークスを最下位」
完全に2年間の覇者を全否定する中で、今年のクローバー賞は
開催されようとしている。この一点は大事だろうと思うのだ。
ちなみに、この2つの競走の1着馬は共に「8枠大外馬」だったといえば
私の推奨馬もわかるだろう。
当然、此処を勝ったこの馬の次走にこそ、私の興味は存在する。



スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・OPEN
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

交通違反

平日は、ほぼ運転しないので、長く違反切符など切られた事が無かったが、最近「交差点を赤信号で進入した」と減点2点と9000円の罰金を処せられた。でも厳密にいうと黄色信号での進入であり、前の車が無理なUターンをしたあおりを受けて赤に変わったのであって、そのまま交差点内に留まれば事故になるから仕方なくそのまま前進しただけだが、そんな言い訳はポリスには効かない。こういう場合は、断固拒否したらどうなるのだろう。
事故を未然に防ぐ為という大義はあろうが、あまりにも横暴やなと思うので久しぶりに愚痴ってみた。
点数は帰ってこないが違反金はJRA預金から引き出そう。

スポーツ報知杯中京ステークスを3回中京7日に施行した意味が有るはずと書いたけど、其処から2着馬と8着馬を迎えるダリア賞で、彼らを馬券対象馬と考える事は合っているのではないか。ただ、その事と新潟2歳ステークスがオープン競走ダリア賞を求めているかどうかという事とは、また別の話。
中京2歳も函館2歳も1番人気の9番を1着席に据えたが、連対枠に求めていたのは「新馬戦1番人気1着歴」であったはずで、ダリア賞登録馬の中でその履歴を所持するのは「フルオブスターズ」しかいないので必然、私の意中の馬はこの牝馬である。

赤信号と黄信号の組み合わせで
3番 → 7番 13番


  1. [ edit ]
  2. 競馬・OPEN
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

すみれS

此処も関東馬の勝利と考えている。
1番キングカラカウア
昨年キングカメハメハの勝利で道筋はついた。
そして今年、中山勝利を直接持ち込む。
この流れは良いと思う。
思い切った一手を打つのだから(1番人気だがあえてそう言う)
相手も思い切って牝馬

馬単1→6、8



  1. [ edit ]
  2. 競馬・OPEN
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

隠し味

今日一番の注目が紅梅ステークス
「隠し味」がまた13頭戦に出走します。

ジュベナイル出走が存在しないので
朝日杯に駒を進めたベルカントから
<マイネヴァリエンテ>

が仕事をしないわけが無い
と考えていますが、いつもそのあたりで
空回りするので、どうでしょう。

相手はテイエムナデューラ
万馬券なんですけどね(笑)
あとは手広く人気サイドにも。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・OPEN
  3. / trackback:0
  4. / comment:1

ゼロの結果

PATに残っていたコインがお札になった。
年始から連続で当たるなんて久しぶりだなぁ。
いやぁ~、久しぶりじゃなくて記憶に無いな。
阪神カップのツキがまだ残ってるのか?
「永遠のゼロ」
三浦春馬07番
岡田准一12番
こんな単純な発想で当たるのも久しぶり、馬連だけど。

万葉ステークスのタニノエポレットも嵌ったなぁ。
こっちは馬単
「ゼロ・グラビティ」
サン「ドラブ」ロック2番ラ「ブラド」ライト
ジョージクルーニ  2番「来る~2」
正月競馬はこれぐらい遊べって事かな。
ちなみにタニノエポレットの刻んだタイムは
「3:07:0ゼロ」

主催者の方がブログ読んでくれてたのかな(笑)
有難う御座います。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・OPEN
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
125位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2017 03  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -