HATは幸せ!


今日も仕事・・・

中山記念
4歳馬を起用した翌年2005年、マイルチャンピオンから直行した馬が
国際競走の幕を開けた。
昨年ドバイワールドカップ壮行試合となった中山記念が
外人騎手デムーロを起用したのも頷ける。
Sプレジデントが用いた1番ゼッケンをバランスOGが2年間相手に
選んだような決着を今年もやるのだと思います。
軸9番

阪急杯
昨年の連対馬2頭が阪神カップ・東京新聞杯を制して再び相まみえる。
2008年が其のサンプルなのか?
2008年阪神カップ1着枠対2着枠
でもこの年は「揃目戦」だった。
スズカは直前マイルチャンピオンで揃目戦を経験。
揃目戦・京都牝馬を走ってきたスプリングサンダーはいるけれど
去年のサンカルロが担った阪神カップ6着席から
揃目戦東京新聞杯を勝ったガルボが本年の主役だろう。
軸4番

すみれS
ダノンゴールドが直前に取消して枠連を発売しない年度になった。
7頭立て2004年では無く、2010年をサンプルにしてみると
「何かが足りない馬」の起用だと思うので、4番と5番の一点という結論になった。
馬連4-5

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

武の居ないアーリントン

武豊にとってはもう相性抜群のレースのひとつですが
前年優勝したのに翌年出走ができないという年度になりました。
2000年がそうでした。
第40回 きさらぎ賞 9着 5枠 エイシンプレストン
第52回 きさらぎ賞 9着 5枠 アルキメデス
たぶんこの馬が「2着」です。
共同通信杯とヒヤシンスが連続して3枠を1着に据えたからです。
3度目はない。

牝馬が出走してきます。
此処から「3歳500万」を勝ちあがってきた馬をチョイスしたいと思います。
101と710
「ダートしか走ってないのですが良いですか?」
そう話しかけているように私には聞こえますので。

馬単 3番(2着)←1番、10番

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

ダートグレードワン回顧

哀れトランセンドはHATの単勝指名を受けて馬群に沈んでしまいました。
回顧を書くと書いたのですが、来なかったトランセンド選択の理由を
書くのは何だか面倒臭いなあ、と思ったのですが
正直15番→10番が本線馬券だったので150周年馬券を握っていたと
思われるのも癪なので、仕方がないので書きます。

4月の競馬に目を向けるとアンタレスSが京都から阪神に替ります。
2010年トランセンドが8着に敗れた競走です。
5月には東海Sがは3歳から4歳以上国際別定に変更になる。
2010年トランセンドがダートGⅡ戦で唯一敗れた競走です。
7月のプロキオンも変化をしますが、こうした変化がトランセンドに
有利に働くと読んだのですが、又々外れでした。
相手に選んだワンダーアキュートは、この変化する前の
アンタレスSと東海Sで賞金加算した馬。
変化する競走で「結果を出せなかった馬」と「結果を出した馬」の組み合わせ。
これが私の15番-10番馬券の根拠です。
もう少し検討する時間が有っても結果は外れでしょう。

私の中での一番の注目馬はヤマニンキングリーでした。
この馬をどう使うのか?
札幌2歳ステークス 3番 9着
札幌記念      3番 1着
札幌記念     16番 14着
しっかり使いました、3番と16番。
でもこれを直前には見抜けないんです。
月名レース「ジャニュアリーS」を受け入れた根岸1着馬セイクリムズンが
昨年[地]の同枠に配置され2着枠としての役割を担わされたように
2年連続で「揃目戦ジャニュアリー」を受け入れた根岸1着馬シルクもまた
同枠馬として、しっかり大役を果たすことになるだろう。
そう考えましたが枠連は買ってない。
2011ジャニュアリー5-5
2012ジャニュアリー3-3

札幌2歳と札幌記念はどういう意味かですか?
グレード制施行元年に「ダートグレード競走」だった。
・・・ということです。
日本中央競馬会が1984年に導入した「グレード制」のもと
施行されたダートグレード競走は8競走。
但し、一月に開催された4つの競走は翌年に持ち越されない「単年」での
ダート施行だったので厳密に言えば4競走。
更に施行回数を継続する競走と新設競走に分かれていました。
<1984年ダート施行>
アメリカジョッキークラブカップ GⅡ 中山 D1800 ・・・単年
日経新春杯 GⅡ 京都 D2600 ・・・単年
中日新聞杯 GⅢ 中京 D1700 ・・・単年
京都牝馬特別 GⅢ 京都 D1400 ・・・単年
フェブラリーハンデキャップ GⅢ 東京 D1600・・・第1回
札幌記念 GⅢ 札幌 D2000
札幌3歳ステークス GⅢ 札幌 D1200
ウインターステークス GⅢ 中京 D2200・・・第1回(現東海S)

1996年にJRA、NAR、全国公営競馬主催者協議会(全主協)の3者によって
「ダート競走格付け委員会」が発足。
翌1997年4月の競走からダートグレードによる格付けが実施。
<1997年>
平安ステークス GⅢ 京都 D1800
ガーネットステークス GⅢ 中山 D1200
フェブラリーステークス GⅠ 東京 D1600
マーチステークス GⅢ 中山 D1800
(格付け開始)
04/12 プロキオンステークス GⅢ 阪神 D1400
この年のシンコウウインディは格付け前の平安とフェブラリーを
勝ちますが格付け後の競走で結果を残せなかった。
以前にも書きましたが、地方競馬は1年の区切りは「年度」。
4月に始まり、3月に終わる。
だから統一グレードは、中央が地方競馬にあわせたんですね。

仮に統一グレードの視点からトランセンドの戦績を眺めてみると

2009.02.14京都 新馬   2着T1800
2009.03.01阪神 未勝利  取消T1600

2009.04.11阪神 未勝利   1着D1800
2009.04.25京都 500万下 1着D1800
2009.05.09京都 京都新聞杯 GⅡ 9着T2200
2009.07.26新潟 麒麟山特別 1000万 1着D1800
2009.08.23新潟 レパードS 1着D1800
2009.09.21新潟 エルムS GⅢ 4着D1800[15]
2009.11.07東京 武蔵野S GⅢ 6着D1600[15]
2010.02.13京都 アルデバランS OP 1着D1900

2010.04.25京都 アンタレスS GⅢ 8着D1800
2010.05.23京都 東海S GⅡ 2着D1900
2010.09.23船橋 日本テレビ盃 JpnII 2着D1800
2010.11.07京都 みやこS GⅢ 1着D1800
2010.12.05阪神 ジャパンCダート GⅠ 1着D1800
2011.02.20東京 フェブラリーS GⅠ 1着D1600
2011.03.26メイダン ドバイワールドC GⅠ 2着AW2000

2011.10.10東京 マイルCS南部杯 JpnI 1着D1600
2011.11.03大井 JBCクラシック JpnI 2着D2000
2011.12.04阪神 ジャパンCダート GⅠ 1着D1800
2012.02.19東京 フェブラリーS  GⅠ 7着D1600[15]

年度内に東京南部杯→JCD→東京フェブラリーを
勝つ事で真のダート王になれるのではと思ったのですが
錯覚でした。
ターフでの負の履歴と中央以外での負の履歴
そして「15」の負の履歴も克服できなかったのですから。

西暦を[4]で割って、割り切れる年は[閏年]です。
グレード制施行元年1984も閏年。
「GⅠ定量化」後の2000、2004、2008と正逆1番位置が
馬券になっていたので逆一番も馬券に組み入れたけど軸じゃない。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・回顧
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

ダートグレードGⅠ

勝つのはトランセンドだと考えています。
回顧は終わった後に書きます。
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

ダイヤモンド回顧

競馬はやはり事後検証よりも事前検討の方が断然面白いと思う。
その時間を捻出できない時が競馬の面白くない時で、外れ続けている渦中にあっても
予想できる時間が有るときは競馬は面白い。
明日のフェブラリーも調べたいことは山ほどあるが調べる時間が
無いので今年は面白くないフェブラリーになりそうだ。
それでもPATに残高があれば馬券購入してしまうのは競馬好きの性である。

毎年、軽量4歳馬を用意するダイヤモンドが今年はそのタイプの4歳馬を
出走させなかった。
これは軽量馬を用意していたのに使わなかった年度とも違う。
賞金を減額しているのはほぼ全ての重賞に共通する事なので何の参考にも
ならないが、向かってくる競走の変化から何かを得られるかもしれない。
(外)が勝った翌2003年、ステイヤーズに3歳で挑戦したイングランディーレが
タイトルを手にした構図から考えれば出走しないイグアスを秤にかけて
スマートロビンあたりかと思っていたが、それほど安易ではなかった。
ケイアイドウソジン
この馬の単勝馬券を手にすることができた御仁はいったい何人いるのだろう。
俗に言う「ダート叩き」というやつで、2010ながつきSから甲斐路Sで
すでにやっているが、此処でも一発あると見込んだ人は少ないだろう。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・回顧
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2012 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -