スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

  1. [ edit ]
  2. スポンサー広告

飛びます、飛びます

札幌2歳S →札幌初出走
ロードシュプリームが出ないので「唯一重賞歴」を持つ
コスモシルバードに軸を変える。
選択肢としてはトーセンパワフルもあるが
トーセンパワフル<2010年度セレクトセール当歳・1億1,200万円で落札>
この高額馬に
コスモシルバード<2011年度サマーセール1歳・380万円で落札>
この低価格馬が勝つ方が夢があるから、こっちを軸にする
こういう選び方をするからいつも外れる。

シルバード
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%AB%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89
時間移動機

小倉2歳S →小倉初出走
こちらは大外17番に配置、「トルーク・マクト」とは
映画アバターに登場するグレイト・レオノプテリクスという翼竜を
乗りこなす英雄の事。


新潟記念は対して際内
トランスワープ
http://www.m-nomura.com/st/index.html
光速の数千倍で船を移動させるワープ航法を更に越える夢の航法


「飛びます、飛びます」と言ったのは坂上二郎さん。
これだけ飛ぶものを軸にしてるので、どこかで「5-5」
演出してくれないか、札幌2歳ステークスかな。
馬券が飛ばない事を祈る

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

変化したサマーシリーズ

主催者が夏競馬を盛り上げる為に用意したサマーシリーズが
7年目を迎える。
純粋に競馬番組を研究する人間に対してだけではなく
あらゆる角度から勝ち馬を見抜く機会を与えてくれるのも
主催者のファンに対する配慮である。
シリーズ化していると言う事はそういう事だろう。
単体の重賞の勝ち馬を特定できない人間でも、セットになった
重賞を総合的に判断すれば勝ち馬が分かりますよと主催者は
投げかけている。
だから、サマーシリーズを検討をすることは勝ち馬を言い当てる
的外れな方法などでは断じてない。と言っておく。

北九州記念を1200m戦にし、キーンランドSを重賞に昇格させて
スタートした初代サマースプリント覇者は「牝馬」シーイズトウショウだった。
以後6年間「牝馬」だけでその地位を保ってきたのに
「牡馬」パドトロワがセントウルSを待たずに優勝を決めた。
この馬を買うヒントも実は昨年、主催者は提示している。
「牡馬」だけでチャンピオン席を守ってきたサマー2000の覇者に
スプリントシリーズよりも一足早く「牝馬」にその座を明け渡したのだ。
初めてシリーズ2勝した牝馬イタリアンレッドは最終戦新潟記念を待たずに
チャンピオンを確定させた。
新潟記念やセントウルSまでチャンピオンを「特定させない」としてきた
主催者が従来の『最終戦での決着』構造を壊し、新たなスタイルを築こうと
しているのは間違いの無い事実。

サマージョッキーズシリーズ対象競走が「25」に拡大され
スプリントには新たに「CBC賞」が追加された。
更にサマーマイルシリーズの新設と、激しく変動する今年の変化も
きっとその過程に違いない。
今年の新潟記念はかろうじて「チャンピオン決定戦」という形に
なってはいるが所詮「出がらしのお茶」だ。
だからといって札幌記念を勝った「牝馬」が出走しないから
勝つのは「牡馬」と決めつけるのは早計じゃないか。
例えば、スプリントシリーズで北九州記念を勝った馬が
サマースプリントのチャンピオンになっていないのと同様に
函館記念の1着馬はサマー2000のチャンピオンになっていない。
(札幌記念は論外)
変化するサマーシリーズの中で変化していない所から
勝ち馬を捜そうとする試みは、けして間違いではないと思う。
今年のサマー2000チャンピオンは「せん馬」トランスワープだろう。
何故そう考えるのか。
そのヒントを今年も函館記念を元気一杯に走り、5着入線を果たした
現役11歳マヤノライジンが教えてくれている。
第一回サマー2000シリーズで優勝したスウィフトカレントと
2位エリモハリアーのポイントは共に13ポイント。
二頭の明暗を分けたのは<最多ポイント獲得馬が複数頭いた場合は
上位着順の回数の多い馬をシリーズチャンピオンとする>という規定。
スウィフトカレント新潟記念4着3P
エリモハリアー  札幌記念5着3P
この4着と5着の差が「初代サマー2000チャンピオン」を決定し
「せん馬チャンピオン」の誕生を今年まで持ち越す要因となった。

第一回サマーシリーズをエリモハリアーと一緒に走ったマヤノライジンは
「歴史の証明馬」として今年もサマーシリーズを走ったのだ。
11歳馬の掲示板着順は主催者による慰労だったのだろう。
彼が果たさなければならなかった使命とは函館記念でせん馬が
勝つのを見届ける事と、その馬がサマー2000のチャンピオンになることを
エリモハリアーに報告することだ。
函館記念2006エリモハリアー 2-2 03-04-07 16頭  
函館記念2012トランスワープ 2-4 03-08-04 16頭  

これが「せん馬チャンピオン」だと法螺吹く、私なりの理由。
月」=「歳」せん馬
http://www.jra.go.jp/datafile/seiseki/index.html

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

ローカル2歳重賞

<1983年アップセッター以来の3歳勝利を目論む新潟2歳Sの覇者モンストール>
こんな記事を見て思わず「フン」と鼻で笑ってしまいました。
所詮、外れ男の「フン」ですからモンストールを買おうと思っている方が
いたら許して下さいね。
でも夏のローカル2歳重賞を勝った馬が古馬重賞を連対するのって
少ないんじゃないかな~、特に地元戦(新潟2歳なら新潟記念みたいな)
詳しく調べてないけど、小倉2歳のアルーリングボイスが
北九州記念で2着したのしか思い浮かばない。
札幌2歳がかろうじて、札幌記念との関係を保っていますがそれにしたって
プレジデント、ムーン、ロジユニぐらいでしょ。
過度に期待するのって、どうかな。

で、考えたんですが2歳重賞と地元ローカル古馬戦の関係が仮に
反転するとしたら、今年の結果から小倉2歳や札幌2歳は
地元を走った事が無い馬が激走するんじゃないかと妄想したんですよ。
既に結果が出てる2つを事例にするとこんな感じ。
<直近の2歳戦と古馬戦の関係>

07/14 函館2歳S スナークアンドレイ 函館新馬勝ち
07/15 函館記念  トランスワープ   函館初出走

08/12 関屋記念  ドナウブルー 新潟初出走
08/26 新潟2歳S ザラストロ  新潟未勝利勝ち


08/05 小倉記念 エクスペディション 小倉1000万→1600万勝ち
08/19 北九州記念 スギノエンデバー 小倉1000万勝ち
 ↓
09/02 小倉2歳S →小倉初出走
登録馬で小倉を走っていない馬って2頭しかいないんですよ。
トルークマクトとメイショウユウダチ
ユウダチの新馬戦はダートで揃目戦だったので割り引けば、勝つのは
「唯一」前走、重賞のトルークマクトなんですがどうでしょう(笑)

08/19 札幌記念 フミノイマージン 札幌1000万勝ち
 ↓
09/01 札幌2歳S →札幌初出走
コスモシルバード
ディアセルヴィス
トーセンパワフル
ロードシュプリーム
ロードシュプリーム以外はみんな枠連非発売戦勝ち馬
新馬戦を戦ったメイショウオオゼキが新潟で1着枠稼働したことから
この「唯一」を持つロードシュプリームで良いのでは(笑)

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

9=7

今年の夏は仕事の関係でなかなか休みが取れなかったのですが
お蔭で経験したことの無い「9」連休を堪能できました。
ただ、家族との予定が合わずどこにも行けなかったのが少し残念でした。
あっという間に8月も終わり「9」月に入ろうとしてます。
朝晩は少し暑さもましになった気がしますが、それもそのはずで
陽が出るのが遅く、沈むのが早いのですから当たり前ですか。
秋季競馬番組がもうずいぶん前に発表されていて
休みの間に調べようと思ってたんだけど、夏番組の方が気になって
違う事を調べてました。
ブログの更新を休んでおられる皆様もぼちぼちと始動されるはずで
自分の考えには無い切り口に触れると刺激を受けますし
勉強になりますから、今から楽しみにしています。
「September」という言葉は、本来「7」番目の月(septem- = seven)
を意味しているのだそうです。
http://www.yasuda-u.ac.jp/eibun/message/message-0106/frameleft.html


  1. [ edit ]
  2. 雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

エルムS回顧と本日の2鞍

クリールパッションが連続年出走で示したものは起点[]駒
であり、エーシンモアオバーが示したものは[番]の起用
クリールパッション⇒エスポワールシチー
エーシンモアオバー⇒ローマンレジェンド
それぞれが指し示す馬は共に人気でとても買えない。
私が最も嫌う馬券だ。
だが、今日はその馬券を買った。
PATに残高が少ないので当たる可能性が高い馬券で
増やそうと考えたからだ。
決め手にしたのが1番のキングトップガンの存在。
宮崎ステークスが行われる週のエルムステークス・ダート1700
2007.07.28「宮崎競馬100年記念」
http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/0710020510/
この枠連5-8をそのまま使うと判断したからだ。
少し資金が増えたので・・・
キーンランドS
函館SS1着の連続性が止まる要素が見つからなかった。
13番から福島1200オープン加算馬を付ける
13番→14番、11番、12番

新潟2歳S
The G-Files ロサード 江田
朱鷺ステークス・サンディエゴシチー
11番→3番、4番、8番、12番、18番

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
227位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
113位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2012 08  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。