HATは幸せ!


抱腹絶倒

もうすぐ2012年が終わります。

年越しそばを食べながらダウンタウンのガキ使を見ています。
涙を流して家族で笑い転げています。
笑う門には福来る
来年は馬券で笑いたいものです。

今年一年間、稚拙なブログにたくさんの方にご訪問頂きました。
本当に有難う御座いました。
明年もどうか宜しくお付き合い下さい。

良いお年をお迎えください。

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

人生に馬を

http://jra.jp/news/201212/pdf/122201.pdf

どこかでウマを探せということかしらん
[マ]ニン[ウ]イスカー
こういうことか?
しょせん私の考える事はこの程度。

正月競馬の雄・ガルボが定量阪神カップの2着席に就いた。
2010年シンザン記念の勝ち馬である。
三冠馬の名前を冠した競走から2年連続で三冠馬が誕生したが
来年のシンザン記念にも、そんな逸材が果たして存在するのだろうか。
http://jra.jp/keiba/program/pdf/h25-henkou.pdf
(1800万以上1キロ増)主催者が発表した新たな別定規定
こうした増量馬がどういった状況で激走するのか、その根本的な
理解が出来ていないので私の記事にはそうした記述が一切無い。
精査すれば概要程度は掴めそうな気もするが根っからの横着ゆえ
叶わないだろう。
サンカルロの戦歴を解析できる方が本当の意味で
馬券の取れる方なのかもしれない。
阪神カップ→阪急杯→高松宮→京王杯スプリング
毎年同じルートを通るのだから、どこかで「本性」を見抜けば
狙い撃ちできるレースがあるはずだが、私にはそれが見えない。
ただ単純に阪神の1400が強いとかそういうことではなく
阪神カップの4年間にしても一つとして同じ条件で走っていないし
阪急杯にしたって彼の背負う斤量がひとつひとつ環境が異なる
高松宮も毎回条件が違う、京王杯に至っては3着席にも座れない。
わ・か・ら・ん
mixiかどこかで書いた気がするがきさらぎ賞と施行時期を入れ替え
ダービーに近くなったトキノミノル記念はディープブリランテと
ゴールドシップが一応それを証明して見せた形になったが
来年のダービー馬がそのルートを通る保証はどこにも無い。
ダービーから最も遠い3歳重賞・シンザン記念は何故2年連続で
三冠馬を排出することができたのか。
そもそも、そこが判らない。
来年シンザン記念だけが別定規定を変更するわけではないが
別定増量馬が居なかった昨年のシンザン記念であるからこそ
「初めの第一歩」に注目してみたくなる。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

Fare thee well

「有馬記念は世相を反映する」
「そう感じるように演出が施されている」
こちらの方が正しい表現でしょう。

「ラジオ日本賞」という冠の取れたセントライト記念の2着馬は用事無し。
フェアウェルに登録していた「ラジオ日本賞」の勝者は見事な勝利。
なぜ?

最後の3日間開催が終わり、すべてのメイン競走が7枠。
フェアウェルだけが違う。
なぜ?

「フェ」アリーと「フェ」アウェル
「よう」精と御機嫌「よう」
似ているから同じ数字を使うのか。
Fairy   枠4-3馬8-5
Farewell枠3-4馬5-8

09Rfarewell定量戦 グランドシチー
11Rfarewellハンデ戦グランドシチー

11RhanshinC定量戦サンカルロ
11RhanshinC定量戦サンカルロ

阪神カップは関東勢の1~3着、これは今年4度目
フェアリーS、東京スポーツ杯2歳S、朝日杯FS
なぜ?

青木芳之騎手が亡くなった。厳しい世界なのは間違いない。
合掌。

  1. [ edit ]
  2. 未分類
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

クリストフ・スミヨン

私の記憶は加齢のせいもあるのでしょうが非常に曖昧で
「確かこうだったよね」と思っていても調べると違っていたりする。
有馬記念に出走予定の外国人騎手を調べる過程で
そういう記憶違いがやはり確認できた。
まあそんな話はどうでもよいのですがクリストフ・スミヨンという騎手は
天皇賞秋を勝った後ジャパンカップでローズキングダムを1着に
押し上げる役目を担った。そのローズが有馬記念を取り消すことで
スミヨンが得た着順は再び2着。
制裁点の関係で短期免許を得られなかった2011年の彼が
ローズキングダムと出会える機会は海外遠征馬で騎乗したJCのみ。
そして今年再びJC・有馬記念で再会する。
そうした一連の流れを1番ゲートでローズ金グダムは教えている。
私の錯誤は彼が「菊花賞2着馬」だったという事。

身元引受調教師・池江泰寿
この関係が凱旋門賞2着オルフェーヴル騎乗につながる。
これはやはりスミヨンを押す条件にしか見えない、こういうのを思い込みと言う。
少し触れたが今年のセントライト記念(菊花賞TR)は環境が変わった競走。
祝日施行されラジオ日本の冠を外された、それがどういうことなのか。
その答えはすでに秋天皇賞でダービー2着馬が表現した。
そして明日の有馬記念でスカイディグニティが改めて見せてくれる。
そう信じて止まない。
世相を表す漢字が「金」になった。そんな記事をたくさん目にした。
2000年も「金」。テイエムオペラオーは春秋天皇賞を勝ち両グランプリも勝った。
でも菊花賞は勝たなかった。
スミヨンの相手は天皇賞馬ではないか、と読む。
102と714、もちろん6枠2頭も買う。
前走ダートの馬をお前は買うのか?買います。
常識にとらわれていては高配当は取れない。
かつての菊花賞馬を買うのか?買います。
南部杯の日に走っていたから。

3歳馬が3年連続勝たない有馬記念。
これも覆しちゃおうか
3番→2番、14番、11番、12番
どうだ!これで。
父親の名前にちなんで「キン」ではなく「カネ」と呼ぼう。
時(タイム)は金(カネ)なり。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

誕生日

今日は私の誕生日なのです。
長嶋が4三振でデビューし、コカコーラが泡を吹き、東京タワーが
その雄姿を地上に現した年に生まれました。
私が生まれた日、奇しくも中山では有馬記念が開催されていました。
ですから、数あるジーワン競走の中で最も当てたいレースが実は「有馬記念」なのです。
もしやJARIS入力に携わる調査部の方が見ておられましたら
ご記憶に留め置かれ、いつの日か私に高配当馬券を齎して頂きますように  
切にお願い申し上げておきます。

その1958年の有馬記念は今年と同じくファン投票1位馬が不在でした。
三冠戦オール2着カツラシユウホウ
前年に菊花賞2着から有馬記念2着になったオンワードゼアがこの年の有馬記念馬
1971トウメイ
2008揃目ダイワスカーレット
2009ブエナビスタ
その後のファン投票1位馬不在の有馬を見ていると牝馬が使われるのは
こういう瞬間なのかと思ってしまいます。

3歳年度代表馬が翌年暮れのグランプリに出走しない。
2011オルフェーヴル→宝塚1着
2005ディープインパクト
2002シンボリクリスエス
2001ジャングルポケット
1995マヤノトップガン
1994ナリタブライアン
1993ビワハヤヒデ→宝塚1着
1992ミホノブルボン
1991トウカイテイオー
1987サクラスターオー
JRA賞になってからで見ると、宝塚を勝ったビワハヤヒデと同じ分類でしょうか。
翌1994年に三冠馬を誕生させているところも同じですしね。

昨年「牡馬三冠馬」が誕生し、今年も「牝馬三冠馬」が誕生しました。
オルフェーヴルは中山グランプリを勝利し堂々年度代表馬に輝きます。
ジェンティルドンナもジャパンカップを勝っておそらく年度代表馬は確定でしょう。
一般の競馬ファンにとっては「連続性」というどうでも良いような事が
私にとってはまた一つ解けない疑問となってストレスになるのです。
「この2年間の連続性は一体どういう意味を持つのだろう」
三冠馬の誕生というのは「三冠最終戦に最も光が当たる瞬間」といっても
過言ではありません。その観点から言えば昨年の菊花賞、今年の秋華賞には
私たちが考える以上に例年よりも何か重みが持たされたような気がします。
だからこそ2年間の菊花賞は1番人気が勝つのではないでしょうか。

でもゴールドシップが勝つとは思えないんです。
春秋天皇賞、これの検証中。まだ時間は有りますもんね。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
90位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
51位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

11 | 2012/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2012 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -