HATは幸せ!


代替結果

東京新聞杯 7番 蛯名
共同通信杯 7番 蛯名

一番、つまらん形ですよね。でも、綺麗か。

08ピオネロ
09シングンジョーカー
10ラインカグラ
11イスラボニータ蛯名→7番へ



09シングンジョーカー
10ラインカグラ
11ピオネロ

勝負するんじゃなかった・・・

スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・回顧
  3. / trackback:0
  4. / comment:3

久しぶりに雑文

今年の冬季オリンピックは面白かったなぁ。
TVでやってた感動のドラマ集、良かったですよ。
日本人だけじゃなく、海外の選手のドラマも取り上げていて
へぇ~、そんなことがあったんやぁ~って

大舞台に立ってもそこで結果を残せるかどうかは
実力以上に「運」も左右します。
上村愛子や高梨沙羅の4位もその例。
メダルとの間にそんなに極端な実力差は無かったと思います。
でもメダルには届かなかった。
まあそれもドラマなんですよね。

真央ちゃんのショート16位の演技を見た人が
「ショックのあまり」結構辛辣に評価していたけど
(正直私も「あかんたれ」な部分が出たなと思った)
一生懸命スポーツに取り組んだ経験を持つ方は
彼女を批判したりしなかった筈。
彼女が目指した何年間かの努力や苦労を、
自身の体験に照らして知っているから。

でも彼女が偉いのは、その雑音を自分の演技で黙らせた事。
此処がやはり一流のアスリートだなと思うのです。

朝ドラ「ごちそうさん」が終盤。
序盤はもう一つ、面白みに欠けたけど、回を重ねるごとに
面白くなり、出演者の演技も上手くなったような気がする。
一週間ためておいて見るのだけど
先週なんか「夜這い」で笑いこけ
かっちゃんの海軍志願でぼろぼろ泣いてしまいました。

最近たしかに涙腺が緩くなったのは事実だけど

  1. [ edit ]
  2. 雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

今日は勝負

よもやショートプログラムの「16」を使うとは・・・
相棒は佐藤コーチだと思ったのに対角・・・

本日の代替は迷うことなくピオネロ
出馬表を変更した東京新聞杯は同位置に移動した馬を
馬券対象にしなかったので、
9シングンジョーカー
10ラインカグラ
この2頭は馬券にならない
この2頭に寄り添う形で移動したのがピオネロ

変更前の出馬表とは頭数が異なるので、それを上手く利用している
と私には映る
ジャンポケが8番で勝った翌年の4番位置
それを表現しているのがピオネロだと思う。
11番(逆4)は降雪競馬ショウナンアルバを一緒に
表わしたかったから。

ピオネロの持つ500万勝利歴、当初は新馬と同居だったが
今日の出馬表はOPEN特別勝利馬と同居
最初の出馬表では、この馬の優勝は無かったのかもしれない

相手もほぼ一頭だと思うのだけど11頭の6番位置サトノアラジン
ただ、最初の出馬表の4番位置が
ピオネロの対角位置に居たガリバルディだったので
この馬も消せない
サトノアラジン同様、前三走1番人気

◎711
〇305
▲814

当たりが止まっているので馬連で
今日は勝負




  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

ソチ閉幕

JRA60周年記念競走
http://jra.jp/60th/article/03.html

フェブラリーはこの競走リストには無い

2011東京大賞典   04番 3人 2着
2012フェブラリーS 10番 2人 3着

2012東京大賞典 02番 1人 3着
2013フェブラリーS 10番 7人 3着

2013東京大賞典 04番 2人 2着
2014フェブラリーS 04番 5人 2着

この馬は4番に座ると力を発揮する馬です
2着は有ると思います
勿論、数字に全面まかせている訳ではありません

オリンピック閉会式
204 ワンダーアキュート 武豊

オリンピック開会式2/7の週の重賞は「きさらぎ賞」
101 トーセンスターダム 武豊(佐藤)

多分始まりと終わりは揃えると思います
なのに上の一覧ではアキュートを2着と予想しました
佐藤コーチはメダルを取れなかったからです
2010年バンクーバーの揃目2着枠番
1着カードは持っていないと思います

勝つのは浅田真央の「6」です
メダルを取れなかったからJRAが金メダルを与えるのです
30[6]ノーザンリバー [6]歳
[6]11ペルシャザール [6]歳

オル「フェブ」ルと同世代ですね

当初、1着予想だった「日本」は4枠に
中京(大)重賞連対馬同居で嫌いました



  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

二択

二頭取消が無かったらヴィルシーナだった
と、せめて負け惜しみぐらい言っておこう。
ちょっと核心に近すぎたか。

昨年のクイーンCは久しぶりに大好きなミホノブルボンを
甦らせてくれました。
生産者「ファニーフレンズファーム」
ウキヨノカゼ、彼女がつけていたゼッケンはブルボンの
ダービーゼッケン、いや引退ゼッケンの「15」

東京新聞杯で第1回、第2回出馬表の、この「15」ゼッケン
を見て頂ければわかりますが、2頭はクイーンCの勝ち馬。
2011.2.12 ホエールキャプチャ 9番
2012.2.11 ヴィルシーナ    9番

こういうキャッチボールはとても大事だと思うのです。
いつも言いますが結果云々は、私に求めないで下さいよ。
東京新聞杯と違って、出馬表を変更しないという所は
主催者のこだわりですからこれも大事。

*******
明日の東京競馬(第1回東京競馬第5日)の代替競馬につきましては、
2月18日(火)に出馬表の内容(出走馬、出走馬の馬番等)を
変更せずに施行いたします。
*******

ミホノブルボンが活躍した1992年のクイーンCは
「9」番サンエイサンキュー
この後、サンエイサンキューはマイル戦を桜花賞しか
走らない。
1着 5枠 9番 ニシノフラワー
7着 2枠 4番 サンエイサンキュー(逆15)

少なくとも今年のクイーンCで使われる馬番は
15番か9番の二択だろうと考えています。

509フリュクティドール 牝3 54.0 津村明秀 田中清隆
815ラインハーディー  牝3 54.0 横山典弘 水野貴広



  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:1

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
123位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2014 02  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -