HATは幸せ!


中京記念は62回の歴史

札幌グランドオープン買いましたよ、そりゃ。
きっちり外れましたけど、何か?
エイシンドーバーもウオッカも来ましたが
肝心の7番が3着では話になりません。
エルムは荒れないと見ていますので、中京記念を。
フラガラッハとミッキードリームが出走する3年目。

ミッキードリームから5駒目がフラガラッハの位置で
其処が1着枠だった2年間。
さすがに3年間も同じ馬を配置したりしません。
が、機能は継続するはずで510ダイワマッジョーレです。

フラガラッハは自分の相手となった2着馬番をやはり
翌年にも使用していますので、昨年2着の612ゲート
オリービンは要注意だと考えています。

2着席から1着席に昇華した8枠の5年連続は
無いだろうと思います。
ダービー同様に浜中と蛯名の枠で決着してしまっては
何の妙味もありませんし、昨年区切りをつけたような・・
2011被災地支援競走・トヨタ賞なし
2012近代競馬150周年記念
2013連覇

2006~2009、この4年間は「1枠」
翌年2010は8枠逆1番の2着。
この結果から1番クラレントが2着候補です。

馬1-10-12BOX
3連複1-10-12
馬単2着1→10、12



スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:1

両雄再会

さすがに夏番組に突入するのと同時に訪問者が少しだけ
減りますが、夏番組はこれはこれで結構、面白いんですよ。

2013ティアラ、2011チョイス、2010マイネ、2009アシュラ
この馬たちは「中1週」あけて連対席に座るのですが
同じ条件でOKなら正逆2の位置の2頭のどちらかなのですが
今年が土曜開催で有ることを考えると2012年仕様なのではと
考える方が正解だと思われるかもしれませんが、
この年はどちらかというとラベンダー賞を出走馬の中から排除した年
という考え方を用いる方が正しいような気がするので
中央馬が持てない「2勝」というアドバンテージを機能させる年度
でない限り(今年は特に岩田の騎乗馬が注目されてます)
今年も「中1週組」を起用するんじゃないですかね
わざわざ対角に配置しているのは、そういう事だと思います。

菱田、三浦、丸山、この3人の騎乗する馬は10頭以下戦での
勝利を持つので、たとえ二桁人気でも「風の扉」を
簡単には切れないのである。

イベントは「両雄再会」
だからエンゼルカロを狙う。

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

暑いね~

http://jra.jp/news/201403/031903.html
JRA60周年記念競走及び記念競走当日の第10レースのレース名

初っ端は、出目も騎手も使ってない。
でも、オルフェーヴルカップの3着騎手と4着騎手を
一つのサインにはしている。

オルフェーヴルカップ
1-712サウンドガガ武
2-507ダッシャーワン戸崎
3-711アビリティラヴ「柴田」善
4-304マルカバッケン「横山」
11-405キクノストーム柴田大

皐月賞
1-102イスラボニータ蛯名
 4-101ワンアンドオンリー「横山
2-817トゥザワールド川田
 3-818ウインフルブルーム「柴田」大


2戦目もほぼ使い方としては同じ、といっても間違いでは無い。

サイレンススズカカップ
1-606タガノグーフォ戸崎
2-202スノードン「北村」友
3-101エーシングングン酒井

宝塚記念
1-811ゴールドシップ横山
 6-812フェイムゲーム「北村」宏
2-505カレンミロティック池添
 9-506ジェンティルドンナ川田


3戦目も同様

ツインターボカップ
1-811レモンチャン江田
2-505ジーニマジック「北村」宏
3-606キーパップ伴
4-607ヒーラ横山

七夕賞
1-102メイショウナルト田辺
 5-101ミキノバンジョー田中
2-204ニューダイナスティ吉田
 9-203ダイワファルコン「北村」宏
6-815ラブリーデイ川田15-816アドマイヤブルー横山

いかんせん、これを事前に証明する事が困難
一度この手のものを紹介すると外されるのが通例だが
この事前証明の難しさ故に、かえって継続するのではないかと
思われる。

まあもう一つも二つも検討の余地ありだが
2-507ダッシャーワン戸崎→1-606タガノグーフォ戸崎
2-202スノードン「北村」友→2-505ジーニマジック「北村」宏
2-505ジーニマジック「北村」宏→ハードロッカー「北村」宏

このラインの継続を願う事にしよう。
此処に江田や戸崎が出走する心配はない
エリモハリアーカップで北村の枠が連対枠なら
軽量バウンスシャッセに大いなる可能性が出てくる。





  1. [ edit ]
  2. 競馬・雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

7月7日の翌年

何か特別な結果が待っている今年の七夕賞なのではないか。
登録段階で揃っていた4~10歳の「7世代」が出馬表でも
しっかりと勢ぞろいした。
私の記憶する限り、最近では2010年の春の天皇賞が同様の
出馬表だったことが思い起こされる。
この年の天皇賞は、けして人気の上で荒れた結果を見せはしなかったが
外国人騎手に初めて春天皇賞の栄誉が与えられた。
そんな「初めて」を今年の七夕賞にも期待したいが、それはいったい
何なのかが、わからない(笑)
個人的な興味でいうとイケドラゴンの戦歴は面白い。
48㌔と56㌔を交互に繰り返していた馬が、もう一度48㌔で
出走したいと云う。ちょうど一年前の函館に戻るわけで・・・。
彼は過去に2度、七夕賞を走っているが2010、2012年と偶数年度しか
出走しない。
第46回4-4 11-6人気 (3着同着)
第48回3-3 14-1人気
この2年間の決着は今年の七夕賞の結果を予見しているような気がする。
ただ、勝つのはマイネルラクリマだと思う。
福島の重賞をおさらいしておくと、
福島牝馬S オールザットジャズ 2012~2013
福島記念  ダイワファルコン  2012~2013
こんな好条件が揃っているのにアスカクリチャンは翌年、七夕賞の
翌週の函館記念を選択。その選択が間違っているというのではない。
それがアスカクリチャンに与えられた役目だったのだろう。
7月7日七夕賞 マイネルラクリマ 柴田大知
騎乗するのが柴田以外ならマイネルラクリマの目は無かった。
前回7月7日の七夕賞の勝利騎手、田中勝春は翌年も勝利。
だからこそ、この馬を外した馬券など考えようが無い!
ミデオンビットは福島を知らないと云い、対してウインブレイズは
カブトヤマ記念と福島記念を連勝した福島巧者。
ラクリマの相手は、福島を知らないニューダイナスティ、ロードオブザリング
ラブリーデイ、アドマイヤブルー、この4頭に絞られる。
58㌔馬が勝てば1997年の「マイネル」以来となる。


  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

同じ条件

番組を予想に取り入れていらっしゃるブログは結構、存在しますが
新馬戦や条件戦を取り上げた記事は希少です。
それは情報を提供することが嫌なのか、それとも私のように
解読が難しいから取り上げないのか、それは聞いてないので
判らないのですが、一つの特別競走を取り上げても毎年、微妙に
変化しているのでやはり、そこに調和が有る事は理解していても
記事に書くことは「出来ない」という事だろうと思うのです。

今週の番組メインは、JRAの番組表の中でも少ない
「同じクラス」「同じ距離」を同一日、そして
連続2日間で施行する番組編成になっています。
過去2年間をおさらいしても、出目には何らかの共通性が
見受けられるので、今年も同様の数字の使い方をすると思うのですが
相互の勝ち馬の要素を比較する事は、私にはやはり難しいです。


2012夏番組
7月1日(日)2回函館2日巴賞芝・1800m 3歳以上オープン 別定
7月1日(日)2回福島6日ラジオNIKKEI賞芝・1800m 3歳オープン ハンデ

7月7日(土)2回函館3日五稜郭S芝・2000m 3歳以上1600万下 ハンデ
7月7日(土)2回中京3日関ケ原S芝・2000m 3歳以上1600万下 定量


2013夏番組
6月29日(土)1回函館5日TVh杯芝・1200m 3歳以上1600万下 ハンデ
6月29日(土)2回福島1日テレビユー福島賞芝・1200m 3歳以上1600万下 定量

6月30日(日)1回函館6日巴賞芝・1800m 3歳以上オープン 別定
6月30日(日)2回福島2日ラジオNIKKEI賞芝・1800m 3歳オープン ハンデ


2014夏番組
7月5日(土)2回函館1日TVh杯芝・1200m 3歳以上1600万下 ハンデ
7月5日(土)2回福島1日テレビユー福島賞芝・1200m 3歳以上1600万下 定量

7月6日(日)2回函館2日巴賞芝・1800m 3歳以上オープン 別定
7月6日(日)2回福島2日ラジオNIKKEI賞芝・1800m 3歳オープン ハンデ


五稜郭レインボーダリア55 2000勝利なし
関ヶ原ダノンバラード 57 2000勝利あり2歳G

TVh杯ファインチョイス  55 1200勝利あり
TVU福島プリンセスメモリー55 1200勝利なし

意外とこういう対比を強調したいのかもしれないのですが
同条件で施行するという事は「W登録」が可能という事でもあり
現に今回もTVh杯に出走した2頭もそうです。
ローブドヴルール 牝8 53(福島なら55)△2㎏
レッドヴァンクールせ8 53(福島なら57)△4㎏
必ずしも軽量で結果を残せる保証はありませんが
老齢馬にとっては少しでも条件の良い方に出走したいと願うのは当然でしょう。

同様に福島では函館ハンデ戦にW登録していた
シルクオフィサー 牡6 57(函館なら55)+2㎏
バートラムガーデン牝5 55(函館なら53)+2㎏
ダノンエレガント 牡6 55(函館なら52)+3㎏
8歳にとっては53キロが好条件、ならばTVU福島の2枠2頭に
取ってはもっと好条件だった筈。

とまあ、これは私の足りない頭が考えたもので実際には
「選択の余地が無かった」「馬主の意向」など
違う力が働いた可能性は十分にあるのですが、それでもなんの手がかりもなく
出馬表に向き合うより、そういう発想を持って向き合った方が
的中に近づける気がするのですが如何でしょう?

  1. [ edit ]
  2. 競馬・条件
  3. / trackback:0
  4. / comment:1

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
174位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
92位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2014 07  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -