HATは幸せ!


勝手にリンクさせてもらっている

私が勝手にリンクを貼らせて頂いている先の皆さんたちは
なんと!素晴らしい記事を書かれるのだろうと、
本当にいつも感心させられます。
その一部を紹介すると(勝手に紹介してすいません)
菊花賞へようこそ!(菊花賞トライアル編)
http://blog.livedoor.jp/nckeibakai/
まあ逆立ちしたって私にはこんな記事は書けない。

神戸新聞杯 GⅡ 菊花賞トライアル 2400m
http://ameblo.jp/emr2/
簡潔だけど切り口にキレが有る。

今年1勝しかしていないダービー馬
http://d.hatena.ne.jp/herbager/
この反骨心が好きです。

もう秋華賞の答えを出しておられたり
http://2uma.blog36.fc2.com/
全部紹介したいんだけどキリがない、本当にすばらしい。

何点か切り口を持ってますが、恥ずかしくて書けません。
ですのでサインを書きます。
神戸新聞杯2枠2番トーホウジャッカル
この馬の出走するレースはすべて「8枠連対」
2011.3.11生まれ、こういう要素はサイン馬には欠かせない要素
だったりします。
どちらかを選択するのが難しいです。
ヴォルシェーブは自身が連対しない時は同枠馬を引っ張りますから。
キネオペガサスの鞍上、戸崎と蛯名がオールカマーに出走。
オールカマーこそ、どちらかのマイネルだと思います。

昨年エピファが使った10番を今年も1着に使うとは思えない。
16頭戦神戸新聞杯はこの間、書いたけど2002と2006
2002は菊花賞に影響せず、変更開催2006は菊花賞に
影響を与えた。仮にこの考え方を持ち込むと今年の
神戸新聞杯馬券対象馬は菊花賞に直接的な影響を与えない馬で
構成されると考えるのです。
今年の菊花賞はセントライト記念優位ではないのかと。

神戸新聞杯8枠2頭から3、9、11番へ

第60回オールカマーについて
http://ameblo.jp/rudolf/entry-11930639292.html
18頭戦オールカマーに関してはリゲインさんが書いておられるので
凡人が触れることなど無いのです。ましてやプレゼンターは釈由美子。
私はマイネルラクリマから推し量って7枠1着が有ると考えてます。
セントライト記念が前年の正3番1着を受けて逆3番2着
オールカマーは前年の正4番2着を受けて逆4番1着

オールカマー単勝715マイネルメダリスト



スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅡ
  3. / trackback:0
  4. / comment:4

タイミング

メールで概略は伝えたが、どうも理解できないようで
もっと詳しく書けと後輩がうるさいので
面倒くさいが早起きして記事をまとめている。

もしも今年のセントライト記念にタイトルをつけるなら
「謝罪する朝日」という同意語が多数を占めるかもしれない。
だからといって2枠4番「吉田」を推奨する記事では無い(笑)
まあしかし、このタイミングで第68回朝日杯セントライト記念を
開催する主催者の意思が「朝日新聞社賞」を正賞とする
東京優駿連対馬をや菊花賞で起用したいという考えに
傾いたとしても不思議ではないので、3枠に東京優駿馬券対象馬を
同居させたのも頷ける。

冠競走
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%AD%E5%A4%AE%E7%AB%B6%E9%A6%AC%E3%81%AE%E5%86%A0%E7%AB%B6%E8%B5%B0%E4%B8%80%E8%A6%A7

多分当初の予定では昨年の12月に2つあった「朝日」が
今年はひとつになり、ひとつは9月に来るという単純な
シナリオだったと思うのだが、きっと何かが歪んだような
気がする、あくまで「気がする」程度の話。

1995年に菊花賞トライアルに指定されたセントライト記念が
初めて開催場を変更し菊花賞を迎えたのが2002年。
その菊花賞の8枠には、変更開催セントライト記念の馬券対象馬が
ものの見事に3頭すべて配置されていた。
結果から言えば、結局この枠は機能しなかったのだが。
セントライト記念(新潟左回り)
1着菊花賞8枠05着
2着菊花賞8枠11着
3着菊花賞8枠14着

対してもう一つのトライアル神戸新聞杯のチケットも
現物起用されなかった。
神戸新聞杯
1着菊不出走(天皇賞秋1着)
2着菊花賞1人気競走中止
3着菊花賞(1着同枠)

2006年に神戸新聞杯が中京で開催された時の菊花賞は
優先チケット6枚を揃え、その内の2枚を1着枠に同居させた。
セントライト記念
1着菊花賞16着
2着菊花賞14着(1着同枠)
3着菊花賞11着

神戸新聞杯(中京左回り)
1着菊花賞02着(現物)
2着菊花賞04着
3着菊花賞01着(現物)
僅かにこれだけの根拠で第75回菊花賞も優先チケット1枚は
優勝枠に配置されると考えるのは安易な考えかもしれないが
一つの切り口ではあろうと思う。
付け加えれば、この2年間の菊花賞馬には夏番組までに
重賞出走歴すらなく、三冠ルートに存在しなかった馬と言える。

冒頭に挙げた1995年は、セントライト記念がトライアル指定を
受けた年で、この年はご記憶の通り神戸新聞杯は代替開催。
3つのトライアル競走に9つの優先権(実際は8枚)

神戸新聞杯(京都右回り)
1着菊花賞14着
2着菊花賞01着(現物)
3着菊花賞08着

京都新聞杯
1着菊花賞07着
2着菊花賞01着(現物)
3着菊花賞13着(1着同枠)

セントライト記念
1着菊花賞17着
2着菊花賞15着
3着菊花賞11着

不思議なことに、この年の菊花賞馬も三冠戦を走っていない。
そして、優先権の中でも「3着優先権馬」に仕事をさせている点が
取り上げた変更開催3年間の共通項になっている。

きっと朝日の問題が起きなければこれが菊花賞ルートで起用される
当初のシナリオではなかったかと考えているが
個人的にはセントライト記念を落馬競走中止した父親の無念を
同じ6枠から出走するアルテが果たさないかと応援したい気持ちは
充分にあるが、如何せん3枠2頭のどちらかが
トライアルでは力を発揮するのだろうと思うのだが2着までだろう。

消えた朝日の冠競走「チャレンジカップ」はバルザローナが
勝った。消えない朝日フューチュリティSは、もう4年も
外人騎手の天下。
桜、樫、皐月、そしてダービーと既に外人騎手に栄誉を
与えているが頑なにそれを拒み続けた菊花賞が
それを今年受け入れる「言い訳」が整った機会ではないのか。
その為にもトライアル・セントライト記念もM.エスポジートを
勝たせなければならない(のではないか)と推測する。

フューチュリティS
 1回6-1
22回1-7
53回1-5

チャレンジカップ
 4回1-6

これらの競走が「朝日」を冠するタイミングに1枠を
起用したように外人騎手を1枠1番に配した主催者の設計の意図も
きっとここにあるに違いない。

◎ラングレー

そういうことだよ、後輩。




  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

左回り

12年前に新潟で開催された京成杯オータムハンデキャップは
ブレイクタイムが揃目戦で勝ちました。
この揃目戦を覚えていらっしゃらない方がいたとしても
春の東京・京王杯スプリングカップの8枠3頭の揃い踏みは
覚えているのではないでしょうか?
同じ電鉄レース、競走名に季節まで織り込まれている共通レース。
翌年2003年も、この2つの競走は枠出目を揃えました。
以降2つの競走に目につく共通項は見当たらないんですが
50回大会
京王杯スプリングカップ   2着10×3着逆5=50
京成杯オータムハンデキャップ2着5×3着10=50

55回大会
京王杯スプリングカップ   2着9
京成杯オータムハンデキャップ2着9

来年60回大会が面白いのではないかと思うのですが、どうでしょう。

中山の重賞が新潟で開催される事で一番大きなポイントは
「左回り」で施行される事だと思います。

新潟の京王杯オータムハンデキャップを勝ったホクトヘリオスは
同じ左回りでも「京王杯タイトル」のスプリングカップは
勝たせてもらえませんでした。

今年のこの競走の面白さは昨年の「中山覇者エクセラントカーヴ 」
を用意した事と京王杯スプリングカップ2着馬に新潟マイル・関屋記念の
タイトルを与えて出走させることだと思います。

楽しみです。


  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:2

スーパームーン

スーパームーン
表題は競走馬の名前ではありません(笑)
今年は9月9日がスーパームーンだというので仕事帰りに探しましたが
雲が掛かって見れませんでした。
実はこの前後の日も、夜空を眺めて、帰っておりました。
50代半ばのおじさんが毎日毎日、天を仰いで歩く様を見て
すれ違った人の中には「この人何かあったのかしらん」と思ったかもしれません。
悩み事は多いですが、大丈夫です、元気です(笑)
皆さんもお月さん、見ましたか?
忙しくて見れなかった?
興味が無い?
私は結構、こういうイベント事が好きです。

日本の年中行事
http://www.bite-japan.com/kako/saijiki10-j.html
此処で詳しく紹介してくれています。
現代のように夜が、昼と同じように明るい世界では無かった昔、人々にとって
月明かりは大事な安らぎだったとあります、成程なと納得しました。

特に此処で紹介して下さっている内容で気に入ったのが
『十五夜なのに月見えず?』引用させて頂くと

〇江戸時代の書物には、「中秋の名月10年に9年は見えず」といった記述もあるそうで、
この時期の晴天率は、昔からあまり高くなかったことが伺えます。
秋の長雨や台風のせいなどで十五夜の晩に月が見られないと、
お月さんを拝めなかったことを惜しんで、日本人独特の感性で美しい言葉を作り出しました。
十五夜の晩に月を見られないと、人々は
十六夜「いざよい(いざ宵だ、月を見に行こう)」
十七夜「立待月たちまちづき(月が出るまで立って待っている)」
十八夜「居待月いまちづき(立って待っていたけど疲れて座ってしまったけど待っている)」
十九夜「寝待月ねまちづき(待ちくたびれて横になってしまったけど待っている)」
二十夜「更待月ふけまちづき(夜更け、つまり深夜になっても、まだ待っている)」
と辛抱強くただひたすらに月の出を待ち続け、
遂には30夜まで、日毎に表情を変える月を楽しみに待った。

なんだか粋じゃありませんか。
でもそこまで待ったら、もう望月もちづき(満月)じゃないですけどね(笑)

ここ数日間の月の中で最も美しく感じたのは、少し雲が掛かっておりましたが
「小望月」でした。月のウサギも久しぶりに見れました。


  1. [ edit ]
  2. 雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

風が吹く

2度あることは3度無いかも
というのがこの世界の常識だが、此処しか見えないので
此処から入る。

2回函館5日 函館2歳ステークス
アクティブミノル 牡
函館2歳  函館 芝1200
新馬    函館 芝1200

2回新潟10日 新潟2歳ステークス
ミュゼスルタン 牡
新潟2歳 新潟 芝1600
新馬   新潟 芝1600

2回札幌5日 札幌2歳ステークス
アドマイヤガスト牡
新馬   札幌 芝1800

奇しくも?8枠に等距離1800を勝ち上がった2頭が同居
迷わず此処から入る。
もちろんレッツゴードンキとアドマイヤガストに明確な差が
ある訳ではなく、単純に「牡馬」を選択しただけである。

こだわりかな・・・

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅢ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
257位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
123位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

08 | 2014/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2014 09  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -