第10競走「花のみちステークス」
<宝塚歌劇100周年記念花のみち特別>
昨年だけの一過性のレースだと思っていたら、今年
1600万「花のみちステークス」として宝塚記念当日の前座として
再登場している。昨年のように宝塚記念と等距離施行でなく
ダート1200戦

ジーワン競走の前座戦で1600万施行競走は
アメジストステークス 「1-3」
フリーウェイステークス「4-3」
むらさき賞       「3-8」

3枠が主役になるように、ちゃんと岩田を配置している
昨年と同じ出目を使うとは思えないので7枠は消す
昨年其処に居なかった3歳馬
カフジテイクは第12競走「リボン賞」登録馬
どうやらこちらで仕事をしたいらしい。
馬4-5


最終「リボン賞」の6枠と「花のみちS」の6枠は共に
1年間賞金未加算の枠として、メイン宝塚記念の6枠を挟む形
今日は岩田が勝ち過ぎたのが気になるので
このレースで保険を掛けておきたい。
枠3-6

スポンサーサイト

【2015/06/27 17:15】 | 競馬・条件
トラックバック(0) |
「Y、先輩のブログ見てますよ、前に教えましたから」
すかさず後輩がLINEしてきた。
Y君ゴメン、今度この記事ネタにして飲もう。
俺が奢るわ。

後輩はトーホウジャッカルを買うという。

7月の壁紙カレンダー「ゼッケン14番」
http://jra.jp/datafile/download/jra2015.html
6/27JRAニュース
http://jra.jp/news/201506/062703.html

<菊花賞を走れないから>だそうだ。
こういう読み方は好きだ。
馬券の的中不的中は関係なし。
たとえケントクと言われようと、買うべき根拠が
明確で良い。

ただ、私なら2003年と2006年に注目する。
ネオユニヴァースもメイショウサムソンも
当然、秋の結果を知りはしないが、二冠の運命は
決まっていたはずというのが
Y君、私の考え方です。
(二冠馬確定年の宝塚記念馬の戦歴)
2003ヒシミラクル    菊花賞→春天
2006ディープインパクト 菊花賞→春天
2015ゴールドシップ   菊花賞→春天


【2015/06/27 13:38】 | 競馬・雑文
トラックバック(0) |
後輩の友人にY君という人物がいる。
そんなに競馬が好きなわけでは無くて、
GIだけは買うという、よくいるタイプ。
私などよりはるか高給取りで馬券の単価が違う。
一度、一緒に飲んで、飲み代を払うと言ったが断った。
断ったのは、なにも薄給の意地などでは無く
競馬の考え方が合わなかったから。

後輩も居たので必然、競馬の話になったが
私は彼の考え方を否定したりしないが、私の考え方を
真っ向う、否定したので、こやつとは意見が合わないと
思っただけの話である。
「競馬に仕掛けなんか有りませんよ(笑)」
Y君が私に言った言葉である。

宝塚記念の出馬表を見ながら、きっと彼は
これを見ても、何の疑いも抱かないのだろうなと
思わず記事を書く気になった。

2013年 1着8枠10番(逆2番)ゴールドシップ 牡4
2014年 1着8枠11番(逆2番)ゴールドシップ 牡5
2015年 0着8枠15番(逆2番)ゴールドシップ 牡6

(追記)書き忘れたが815はタップダンスシチーの優勝馬番である




【2015/06/27 10:14】 | 競馬・雑文
トラックバック(0) |
いよいよ宝塚記念の週に入りましたので、前回の記事で
触れなかった内容を補足して、宝塚記念の最終トピとします。
前回記事で1999年安田記念の1着枠に居た
モーリスドギース賞1着馬シーキングザパールと
今年の安田記念1着枠モーリスとの繋がりについて書きましたが
本当に書きたかった内容は実は別にあります。

シーキングザパールという馬はシンザン記念までは
タップダンスを管理していた佐々木晶厩舎所属馬だったのですが
次走フラワーCから森厩舎所属馬として出走しました。
所謂「転厩」というやつです。
2月末の調教師の引退に伴う管理馬転厩とは異なり
ほぼ馬主の意向による特定の馬の「転厩」でした。
これはモーリスが吉田直弘から堀に移ったのと同じ図式です。
宝塚当日に女優の真矢ミキさんをプレゼンターとして招いている
事と照合しても、其処に視点を持ってきて間違い無いと思います。

いろんな事情があって、元タカラジェンヌの真矢さんは
今年から所属事務所を「転厩」しました。
その際、従来の芸名の「真矢みき」からカタカナの
「真矢ミキ」に変更して再出発をしたのです。
番組担当者が目を付けたのは多分、「此処」だろうと思います。
かつて真矢みき時代にJRAに招かれたレースが2つ。
(猫パンチさんのブログ「競馬を見直そう」で検索されれば
苦も無くヒットします。)
2006 ローズS(中京)  アドマイヤキッス 7-5
2007 エリザベス女王杯 ダイワスカーレット 5-7
どうしても1999年の宝塚記念の出目との一致に目を
奪われそうになりますが、むしろ真矢さんがプレゼンターを
務めた2つのレースがローズSと密接な関係にあったという方が
個人的には惹かれる箇所なのです。

45回JRA創設50周年記念・タップダンスシチー
46回牝馬スイープトウショウ

55回JRA60周年記念・ゴールドシップ
56回牝馬ヌーヴォレコルト

前の記事でゴールドシップは<1着なのか2着なのか>
と書きました。
要するに連対すると考えているわけです。
そう考える理由は明確です。
この馬は厳密にいうと「連覇した宝塚記念馬」では無いからです。
真矢さん同様、名前を変えた馬なのです。
2013宝塚記念「小林英一」
2014宝塚記念「小林英一」
2015宝塚記念「合同会社小林英一ホールディングス」

当然、3連覇した阪神大賞典も春天皇賞も「違う馬」として
参戦しての勝利なのです。
1着ヌーヴォレコルト
2着ゴールドシップ
この組み合わせ一点だけを買う予定です。

【2015/06/22 22:50】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |

2馬編集長へ
HAT
どうもです。宝塚記念のファン投票1~3位って必ず来ますからね
ラキシスかゴールドシップのどちらかなんですよ。
私はゴールドシップを選択しました。


2馬編集長
こんばんわ。
ゴールドシップの馬主の件は非常に迷いました。
多分ですが種牡馬になる為のシンジゲートを組んだという事だと思うのです。

明日の枠順次第ですが◎か○です。

コメントを閉じる▲
CMで語られているタップダンスシチーが今年の指標馬ですね。
その証拠に一時期「死亡説」まで流れたこの馬をJRAは
昨年の金鯱賞当日に公の場で甦らせました。
http://www.jra.go.jp/news/201404chukyo/index.html#event2-1

同一重賞三連覇
2003金鯱賞1→宝塚記念3
2004金鯱賞1→宝塚記念1
2005金鯱賞1→宝塚記念7

2013阪神大賞典1→天皇賞春5
2014阪神大賞典1→天皇賞春7
2015阪神大賞典1→天皇賞春1

タップダンスシチーが以後のGIを勝てずに引退したのと
同じ運命がゴールドシップに待ち受けると断言できないのは
彼にはまだ「同一GI三連覇」への挑戦が残されているからです。
今年の春の天皇賞に出走できなかったフェノーメノを引き合いに
出すまでも無く、過去にもメジロマックイーンやジェンティルドンナなどが
成しえなかった偉業への挑戦権を今年の彼は持っているのです。
さあ、果たして歴史に名を残す名馬となるのか?

望んでいた春天皇賞馬の称号
17頭立て1番ゲート
未だに解読できない「古馬17頭戦の仕組み」
1頭少ないゲートで施行されると何がどうなるのか?
そのヒントを宝塚記念15頭立て逆1番ゲート(2着1番ゲート)で
勝ったタップダンスシチーが教えてくれないものか。
GⅢ 中山金杯、シルクロードS
GⅡ AJCC、阪神牝馬S
GⅠ 天皇賞春、安田記念

17頭戦安田記念をモーリスが勝った時に思ったのは
「今年の宝塚記念のサンプル年度は1999年だな。」

1999安田記念
1着712エアジハード 京王杯2着
3着7枠右シーキングザパール <モーリス>ドギース賞GⅠ
Prix Maurice de Gheest

2015安田記念
1着306モーリス
2着7枠右ヴァンセンヌ 京王杯2着

1999宝塚記念
1着グラスワンダー   「当年グランプリ三連覇達成馬」
2着スペシャルウィーク 「当年天皇賞春馬」

1着なのか2着なのか
焦点は其処だけだろう。

1999.12月 ワイド発売
1999年宝塚は「新馬券発売前年」
グラスとステイの組み合わせは翌2000年のワイド馬券の対象とはならなかった

2002.06月 馬単、3連複発売
2002年宝塚は「新馬券発売前年」
翌2003年では、ダンツとツルマルの組み合わせでは的中馬券にならない

2004.09月 3連単
2004年宝塚は「新馬券発売前年」
翌2005年にタップとシルクは3連単の組み合わせに入らなかった

2011.04月 WIN5
2010年宝塚は「新馬券発売前年」
2010年3着のアーネストリーが翌2011年WIN5で
6番人気で2億配当の立役者になる。

なぜこんなことを書くかというと来年4月以降に「海外レースの馬券発売」が
競馬法で改正された決定したから。
勿論、宝塚記念はその対象レースにはならないが
<新馬券発売前年の結果は翌年に持ち越されない>
だが、翌年の出馬表には必ず存在する、そんな馬が今年の宝塚記念の
馬券対象馬なのではないだろうか?


<参照サイト>
海外レースの馬券発売をめぐる課題(高橋陽子)
http://www.sangiin.go.jp/japanese/annai/chousa/rippou_chousa/backnumber/2015pdf/20150601076.pdf

海外馬券が買える
http://www.excite.co.jp/News/column_g/20150615/Bizjournal_mixi201506_post-3365.html

【2015/06/20 13:52】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |