HATは幸せ!


三冠馬

出かけるので書く時間がないですが、もし今年
「三冠馬」が誕生するなら、この2頭のどちらかではないのか?
そんな気がします。
もちろん三冠馬、誕生年ならの話です。

アドマイヤダイオウ「GI等」
サトノダイヤモンド

出かけます。
スポンサーサイト
  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

未来

コメントありがとうございます。
参考になります^^

主催者の「注目レース」には皐月賞では、
「1枠1番で勝ったことがある」という馬が
3年連続で優勝している。
と書かれてある。実際そんな馬が出馬表に
存在するのかと調べたら、しっかりと存在していた。
第65回 フジテレビ賞スプリングステークス
1枠1番マウントロブソン 4人気
桜花賞で外した5番にまた騙されるのだろうか。

http://www.jra.go.jp/gallery/ads/放映CMでは「未来」「一歩」「ソフトクリーム」が
気になったので、出馬表をもう一度眺めてみた。
102鮫島[一歩]
306[未来]ヘノツバサ

これか!と思ってしまった。
この思い込みにいつも痛い目を見るのに。
もう一度「注目レース」に目を移した。
http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2016/0417_1/file.html
ジョルジュサンクの馬名プロファイルに
「馬番⑤との連を狙うのが勝ちに通じる」とある。
そんな780倍の馬連、飛び出す訳もないのに
いとも容易く推奨して良いんですか?柳瀬先生。
これが「万馬券側」だとしたら「正規側」は?

「ソフトクリーム」
1951年初めて一般の日本人がソフトクリームを食べた。
1951皐月賞
1着 トキノミノル 1人
2着イツセイ 2人
「朝日杯1着2着馬の決着」

競走名の「フューチュリティ(Futurity)」は、
英語で「未来」「将来」を意味する

馬連 2-5   15-16





  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

決まらない

「逃げろ」と欲した馬が逃げなかったのですから、その時点で負け。
直線を向いて窮屈になってThe End。
Frustrationだけが残った桜花賞でした。
以上、回顧終わり。

メジャーエンブレムが不正解だったので、皐月賞も間違いでしょう。
「メジャーエンブレム」の記事の中で2013年を取り上げました。
GI ヘッドラインも今年とよく似ているのです。
無駄な事はしない主催者ですから、其処にも意図があるはずですが
見抜けません。

第30回フェブラリーS
真の強者は豪快であれ、誇り高き[砂の王]者が[降臨]する。
第33回フェブラリーS
熱き魂を捧げる二月伝説、時代を創る[砂の王][降臨]する。

第42回高松宮記念
語るより感じたい[速さの衝撃]、6ハロンを極めた偉才を知る。
第46回高松宮記念S
時代を切り裂く[速さの衝撃]、一瞬の芸術を春に極める。

第73回桜花賞
[夢]の桜を[一途]に想う、颯爽と春を駆ける天使が微笑む。
第76回桜花賞
桜冠に捧げる[夢一途]、可憐に華麗に想いを咲かせたい。

第73回皐月賞
明日を担う[春一冠]、若き勇者の情熱が時代を変える。
第76回皐月賞
語り継がれる驚異の世代、この[春一冠]から歴史が変わる。

どうも数字では無いようなので戦歴かもしれません。
フェブラリーS[ステップ1着]
2013東海4人1着→2016根岸1人1着
2013Jpn1枠→2016Jpn1枠

高松宮記念[ステップ1人気]
2012オーシャン1人4着→2016シルクロード1人5着
2012阪急杯1人3着→2016阪急1人1着

桜花賞[トライアル1人気敗退歴]
2013チューリップ5人3着→2016チューリップ1人2着
2013チューリップ1人7着→2016チューリップ2人1着

皐月賞[トライアル1人気敗退歴]
2013スプリング1人1着→2016弥生1人2着
2013弥生1人4着→2016弥生2人1着

桜花賞と同じことをするなら、上記かなと思いますが
わかりません。

阪神の2つの2歳頂点戦は、3歳GIにどう影響したのか。
2015桜花賞[阪神JF2・3着出走]
レッツゴードンキ1着

2015皐月賞[朝日FS1・3着出走]
8枠閉込否定

2015NHKマイル[朝日FS2・3着出走]
クラリティスカイ1着


2016桜花賞[阪神JF1~3着出走]
全否定

2016皐月賞[朝日FS1・2着出走]※16T
わからない

「デムーロ&池添」これは違うと思う
「宝石職人」&「スリランカジュエリー」で「ダイヤモンド」も露骨すぎ

3歳別定戦から直接っていうメジャーエンブレム型が3頭
クイーンに次いできさらぎも1番人気ならこれは買わない
マイル馬齢1着が桜の2着、勝ったのは2着馬の方
1着 6枠 11番 シンハライト2人
2着 5枠 9番 ジュエラー1人
2000馬齢1着が皐月の2着、勝ったのはそのレースの2着
1着 8枠 11番 マカヒキ2人
2着 7枠 10番 リオンディーズ 1人

桜花賞と同じ決着を買うなら、この考えが一番素直
なんだけど・・・
ただね、
出走馬決定順一覧(特別登録)
ホッコータルマエ
ハクサンムーン
メジャーエンブレム
リオンディーズ
賞金1位が来てないんだなあ、困った

長々と書いてるのに結論が出ない

  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

がんばれ九州

九州全域を地震が襲い、一夜明けて被害状況が明らかになってきた。
交通機関の動線、家屋の倒壊などの被害もさることながら
死者・負傷者の方も多く出ている様子。
大きい余震も続いていて、しばらく緊張と不安が続くかとは思いますが
十分に気を付けてどうか頑張って下さい。
今の政権は災害に対する反応が早いので、そこは救いだと思います。

妻の友人が熊本に嫁いでいて、安否を気遣っていましたが
遅くにメールの返信があり、ホッとしました。
皆さんの一日も早い復旧、回復と御無事を、お祈りいたします。


  1. [ edit ]
  2. 雑文
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

後継

息子がこの春から東京で大学生活。
夫婦で東京に行ったが関西よりも桜花爛漫だった。
関西は先日の雨でせっかくの開花が一気に葉桜に。
阪神競馬場も明日まで、桜はもたないんじゃないかな。

桜花賞と皐月賞に関しては既に2月26日に名前を
挙げて記事にしているが、一切考えは変わっていないので
特に書くことは無い。
それでも出馬表を見て、5番ゲートに桜花賞馬を
配置したことに番組編成者のwitを感じ、粋やなと呟いた。

それは「東京5輪」に引っ掛けて「エンブレム」を
5番ゲートに入れたからという理由ではない(笑)

田村康仁が阪神ジュベナイルで、開業18年目にして
初めてGI制覇を果たした時にスポーツ報知が
第1回桜花賞を制したソールレディの調教師だった
祖父・田村仁三郎の事を記事にした。
この記事を番組編成者は覚えていたのではないか?
第1回中山4歳牝馬特別 芝1800
5番 ソールレデイ 田村仁三郎 2人

だからこそ、メジャーエンブレムをジュベナイルから
クイーンカップへ参戦させたと私は<推理>した。
ご存じの通り、クイーンカップから桜花賞と言えば
ちょうど40年前にテイタニヤが<それ>をやってのけた。
テイタニヤ
クイーンカップ 3枠
桜花賞     5番

メジャーエンブレム
クイーンカップ 3枠
桜花賞     5番

頭の固い方は、こうした事象をサインと忌み嫌うが
私などは、此れこそが主催者がファンに見せる
「出馬表の美しさ」なのだとさえ思ってしまう。
嫌々、結果を伴ってこその言葉の重みか。
では、まだ黙しておこう。
嫌々、それでも言いたい。
さあ孫よ、続け【5番ゲート】でと、そんな主催者からの
メッセージが今年の桜花賞の出馬表には込められているのだ!
逃げろ、メジャーエンブレム


言いたいことは言ったので後は蛇足。
「2歳女王が明けマイル重賞を連対したら春一冠は
約束される」と先輩が言った、と後輩が
電話で言ったのだが当の本人は、そんな事すっかり
忘れている。調べたが、まあ形の上ではそうなっているかな。
そんな酒の上の話を、良う覚えとうな。

3歳GI競走の優勝馬の血統をちょっと調べてみた。
年度  桜-皐-樫-優-菊
2006  SS-英-米-英-仏
2007  SS-米-米-米-英
2008  米-SS-愛-SS-愛
2009  SS-SS-SS-SS-SS
2010  米-SS-米-米-仏
2011  SS-SS-SS-SS-SS
2012  SS-SS-SS-SS-SS
2013  SS-愛-SS-SS-米
2014  SS-SS-SS-SS-SS
2015  米-米-SS-米-SS
(NHKや秋華を入れても然程変わらない)
(表記に間違いがあっても指摘不要で)

調べるまでも無いと思っていたが、やはりSS系の
存在感は凄い。非SS系の中では昨年のキングカメハメハの
ミスタープロスペクター系が善戦してはいるが
これも連続年で活躍するほどの破壊力は無さそうだ。
2005年の牡馬三冠馬誕生年から、2010年の牝馬三冠馬誕生年
までSS後継世代が台頭するまで様々な系統の馬が
勝ち馬に起用されたが、結局落ち着いたのはSS系。
2014年にファンサービス事業部や総合企画部を
経験した後藤理事長が就任されてから
いろんな取り組みが導入されているが、まだ其処に
思い切った血の改革がなされていないのは些か残念。
ひょっとすると、もう改革は始まっているかもしれないけど
もしそうなら、ごめんなさい。

パイロという新種が今年の桜花賞の目玉。
芝でも通用するところを見せており、今後益々その名前を
目にする機会が増えそう。
2頭のダイワメジャーと同居させている、
これは<私の眼>から見たら新鮮。
皐月賞の登録馬と一緒に見たら想像力が働く。

GI週、多くの訪問有難う御座います。


  1. [ edit ]
  2. 競馬・GⅠ
  3. / trackback:0
  4. / comment:0

NEW ENTRY  | BLOG TOP |  OLD ENTRY>>


プロフィール

HAT

Author:HAT
「Happy All the Time」

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
ギャンブル
258位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
競馬
125位
アクセスランキングを見る>>

FC2カウンター

カレンダー

03 | 2016/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

検索フォーム

QRコード

QR

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

« 2016 04  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30