FC2ブログ
猫パンチさん、コメントありがとうございます。
いろいろ忙しく検証する時間が取れません。
私の記事を待っていて下さる方が居るのなら
嬉しいし、申し訳ない限りです。
正直、何も思い浮かばないので書くのも気が引けるのですが
サイン的な見立てだけ書きます。

今年も「牝馬」じゃないかなという感じがします。
2014年に3連覇の掛かったレースでジェンティルドンナは
「1着枠配置」で仕事を終えていますが、それ以外は2009年から
牝馬が輝ける競走で有ることは間違いないのです。
ただ今年の出走牝馬は人気がありません。言葉を継ぎ足せば
今年のジャパンカップは荒れるという事です。
万馬券かどうかは分かりません。

比べればわかりますが万馬券だった昨年と同じ配列です。
本当に抽選をしていれば、このような結果にはなりません。
多くの方がそう思っています、でもそれが競馬というものです。
306ラストインパクト 「10駒1着」
408イラプト     「8駒1着」
713ヒットザターゲット「3駒1着」
818ナイトフラワー
上の駒数に配置されていたのがショウナンパンドラでした。
今年はその位置にナイトフラワーが居ます。だから馬番を変えています。
1着なのか2着なのかわかりませんが彼女が今年輝く牝馬だと思います。
これはもう予想というより配置を見た上での所見です。
配置に意味があると考えるから彼女を選択する訳ですが
同じ配置にならなかった「しなかった」馬も存在します。
612サウンズオブアースです、昨年のゴールドシップの位置です。
ある意味、上の誰でも考え得る抽出馬より時間を掛けて
考えるべき馬だと、私は思います。ですが時間が無いので此処まで。

http://www.jra.go.jp/news/201611/112203.html
突然、週初めにプレゼンターが決定。非常に珍しいケースです。
サインを読む方なら必ず、此処に食いつきます。
ただ人それぞれ考え方は異なりますが。
そもそも「JRA柔道部」とは?
歴史ある実業団らしいです、私も知りませんでした。
バルセロナ銀、小川直也
シドニー金、瀧本誠
彼らはなんと、1.3キロのダートコースを使ってトレーニングを
するらしいです。これは余談です。
パスキエではなく「ブドー(武道)」怪しいなっという落ちです。

ウェルカムパーティーが開催されて、唯一参加した外国人騎手
ファーガソン、彼も怪しい。

CMは最後の「メロンパン」より、広げた新聞の「ロンドン式」
の方が気になる。
銀メダリストと英国ムーア、合わせ技一本でリアルスティール。

◎815シュタルケ
〇612デムーロ
〇408ブドー
〇305ファーガソン
〇816ムーア


『東京から世界へ衝撃、最強の覇者が新時代を告げる。』 
最強の覇者って誰ですか?
新時代を告げるのは誰ですか?

スポンサーサイト
2016.11.13 栗毛の女王
今週のエリザベス女王杯は面白そうだなと思っていたのですが
いつになく仕事が舞い込み、それどころじゃなくなってしまいました。
また、当てずっぽうの予想になりそうですが、まぁ別に今に始まった事でも
ないので良しとしましょう。
今年の大きな変革点が牝馬路線にあることは、間違いない事実。
春の結果から追いかければ、3歳馬が走れる2014愛知杯から、
3歳不在の2016愛知杯へ衣替え。
一年休止で5歳馬バウンスシャッセが起用されたのも
今となっては頷ける気がします。
同じ5歳でも1番人気シュンドルボンには愛知杯歴が無い。

2014愛知杯8着バウンスシャッセ[3歳]
2016愛知杯1着バウンスシャッセ5歳

そのシュンドルボンは「揃目」中山牝馬Sを制し
「揃目」開催ヴィクトリアⅯに向かいますが、あっさりと否定されます。
然るに同じように1人気を2着に据えた「揃目」阪神牝馬Sの
1着枠はヴィクトリアマイルの2着席へと迎えられました。
関西弁で言うと「なんでや?」と思うのが普通で、
そう考えない方が不思議だと思います。
思考を巡らせた理由が下記。

2016中山牝馬1着シュンドルボン5歳(2016愛知杯1人)
2016中山牝馬2着ルージュバック4歳(1人)

2016阪神牝馬1着スマートレイア 6歳(2013愛知杯1人)
2016阪神牝馬2着ミッキークイーン4歳(1人)


愛知杯の1・2着馬はヴィクトリアMを走りません。
愛知杯最下位馬もヴィクトリアMを走りません。
だったら鍵は其処にあるのではないか?
私ならそう考えます。
だって年内最初の古馬牝馬重賞に指名されたんですよ愛知杯。
此処を掘り下げたかったのに時間がない。

愛知杯現物2着5歳リーサルウェポンは2/20京都牝馬、3/13中山牝馬、
4/23福島牝馬、10/15府中牝馬と走りますが「4/9阪神牝馬」は
選択しなかった。そこもまた「なんでや?」の領域。
愛知杯2着同枠馬6歳マコトブリジャールは5歳リーサルウェポンと
福島牝馬で<再び>同枠に配置されて今度は立場が変わり勝利。
福島牝馬Sを勝ったあと、ヴィクトリアMを走らずに
夏のクイーンSを勝ち重賞2連勝するもその姿はやはり
リーサルウェポン共々、エリザベス女王杯出走表に無い。
と言う事は4歳以上愛知杯の連対枠馬は悉く、古馬牝馬GIを
走らない2016年度になったと言う事。それが何を意味するのか?



少し視点を変えましょう。
古馬牝馬ファースト戦の看板を愛知杯に譲った京都牝馬Sは
明け4歳の1人気が勝利。
2/20京都牝馬1着クイーンズリング4歳(1人)
2/20京都牝馬2着マジックタイム 5歳

これはある意味、ルージュバックやミッキークイーンとは真逆の結果。
京都牝馬の2頭はヴィクトリアで否定、阪神牝馬は肯定。
そのような結果を踏まえた上で主催者は<春と同じこと>を
秋も行ったのです。
10/15府中牝馬1着クイーンズリング4歳
10/15府中牝馬2着マジックタイム 5歳

誰が考えたって、其処に意味があると思うのが普通です。
私もその一人。
ただ、難解な出題をする主催者はヒントを一つの事例に
留めることを嫌います。
それを表現させたのがマコトブリジャールという馬です。
彼女はバウンスシャッセのモデルです。
2013愛知杯8着マコトブリジャール[3歳]
2016愛知杯18着マコトブリジャール6歳

モデルであるがゆえに彼女もまたヴィクトリアもエリザベスも
走れない、バウンスシャッセと同じように。

クイーンズリング同様に彼女が見せる<春と同じこと>
2016福島牝馬1着マコトブリジャール6歳
2016福島牝馬2着シャルール4歳(1人)

2016クイーンS 1着マコトブリジャール6歳
2016クイーンS 2着シャルール4歳(1人)

<春と同じこと>を見せながら春季・夏季・秋季の3つの
番組表を表現しているがゆえにシャルールという4歳牝馬こそが
3歳馬が走れるエリザベス女王杯にあって力を発揮できる『枠』
に収まったなという実感を持つのです。
相手ですが、ヴィクトリアマイルは京都牝馬を禁じ手としましたが
出目までも拒まなかった。
京都牝馬  7-5
ヴィクトリア7-5

たぶんエリザベスで禁じ手となるであろう府中牝馬
府中牝馬  8-1
エリザベス 8-1

相手はミッキークイン以外に思い浮かばない。

マリアライトが来れない理由を京都大賞典に牝馬が
出走していなかったからと書いたら笑われるのでしょうか?

メルボルンカップは買えなかったので
海外競馬第2弾は
ブリーダーズカップフィリー&メアターフ(G1)

もう圧倒的に4歳と5歳が強くて
当然のようにアメリカの馬が強かった過去の結果
そんなもの何の役にも立たないという事が
改めてわかりましたね

レディイーライでは、拙い
それが何だろうという話です
海外競馬は時間のある時にゆっくり書きたいと思います


2016.11.05 Excel の不具合
どうも最近、Excel の調子が悪く、上書き保存したり
計算したりするだけで、表示が乱れたり、文字が大きくなったり
表がやたら大きくなったりしていた。
上下に移動したり、シートを移動したら元に戻るので壊れてはいない。
そこで、あちこち調べたら解決したので、同じ問題を抱えている方が
いたら試しては如何か。(当方Excel 2010)

コンピューター下の「Windowsマーク」をクリック
歯車のマークの「設定」をクリック
「デバイス」をクリック
「プリンターとスキャナー」の下にある
「Windows で通常使うプリンターを管理する」を<オフ>にする

わずかにこれだけの動作で不具合が治った。