がんの放射線治療は、「細胞内にある酸素」によって効果を発揮する。がん細胞は直径2〜3センチになると毛細血管から遠ざかる部分が「酸欠」になり、その効果は2分の1となる。さらに5センチを超える大きな癌に至っては「酸欠細胞と抗酸化酵素」だらけとなり、放射線治療の効果は3分の1程度に低下してしまう。その大きな固形がんに対する放射線治療の効果を高める新治療が、酵素標的・増感放射線治療KORTUC(コータック)だ。

考案した兵庫県立加古川医療センターの小川恭弘院長に話を聞いた。「骨肉腫や悪性黒色腫など一部の悪性腫瘍は、放射線を照射しても細胞はなかなか死にません。骨肉腫などには「抗酸化酵素ペルオキシダーゼ」が多く、放射線に抵抗性があるのです。人間が放射線に影響されるのは、細胞核のDNAが障害されることが原因とされていました。しかし、それ以上にリンパ球に抗酸化酵素がないため、放射線により細胞内に過酸化水素が増加し、細胞死することの方が大きな原因だと気づいたのです」

ヒトが酸化することは、イコール老化や細胞死を意味する。健康人にとっては「抗酸化酵素が活性化」することで、酸化を防ぎ老化を抑制することになる。がんも大きくなると酸欠細胞と抗酸化酵素が増えて放射線治療に抵抗するが、抗酸化酵素の働きを弱め酸化を促進させ、そこに放射線を照射すると治療効果が高まる。

実は、抗酸化酵素の働きを抑制する物質が、生体でも産生されている。身体の3分の2は水(H2)だが、放射線が当たると活性酸素ヒドロキシルラジカルが発生し、それが2個集まり、H2O2(過酸化水素、この3%水溶液をオキシドールという)となる。つまり、体内では過酸化水素が常に産生され、酸化や殺菌作用を担っている。
そこでオキシドールをがんに注射して抗酸化酵素を不活性化し、酸素を発生させた後に放射線を照射すれば、がん細胞がアポトーシス(細胞死)する。これがKORTUCの仕組みだ。

「乳がん患者さんに対する臨床研究で、オキシドールと粘着性のあるヒアルロン酸を混ぜた薬剤を注射した後に、放射線を照射しました。I、II期乳がん70例では、69例で手術せず、KORTUCで、がんは消滅し、患者さんの5年生存率も100%と極めて良好でした。また、進行乳がんの患者さんも抗がん剤併用で手術することもなく、良好な治療効果を得られています」(小川院長)

この治療は現在、高知大学や大阪医科大学、長崎県島原病院、東京放射線クリニック、神戸低侵襲がん医療センターなどで、700症例以上に実施され、乳がんだけでなく、膵がんなどでも効果を上げている。

新たな治療費は1回数百円の注射計5回分で済む。神戸大医学部出身の小川院長は「この治療法を世界に発信するため兵庫県に戻ってきた。安価で容易なのでぜひ普及させ、多くの患者を救いたい」と話す。
ロンドンの王立マースデン病院でも、公的保険適用に向けた治験が実施予定だ。日本では薬剤原料の価格が安いため製薬会社が薬剤開発に積極的ではない。日本発の安価で安全な、がん治療としての保険承認が待たれる。

▽引用元:神戸新聞NEXT





人気ブログランキング
スポンサーサイト

【2017/08/04 18:35】 | 雑文
トラックバック(0) |