FC2ブログ
GI競走で単勝万馬券が発生する確率は極めて
低いです。ましてや6歳馬です。
1983年まで遡らないと例がありません。
あまりお勧めは出来ませんが、そんな馬券に
お付き合い頂いて有難う御座います。
2週続きの台風で万馬券側ならこの馬の可能性を
否定出来ないので、私は買いました。

先読みで「譲位特別法」が成立し、3年間の
仕込みが始まるのでは無いかと妄想の一部を
書かせて頂きました。この馬はご存知の通り
2014年のダービー馬です。皇太子殿下がその日
観覧席から観戦なさいました。
オペラグラスで見たかどうかは知りませんが
レース終了後に「そんな事があるんですね」
とご発言なさいました。

そんな事・・・
皇太子殿下の誕生日が2月23日
(いづれ天皇誕生日になります)
ワンアンドオンリー、横山典弘、オーナー前田幸治
みんな同じ誕生日だったことを指します。
そんな事、普通は起こりません。
それが起こるのが中央競馬です。
仕込みの初年度、私はやっても良いと思います。





競馬ランキング
スポンサーサイト



5月の記事で「初めて弥生賞を三文字馬が勝った」
と書きましたが、これもまた主催者の伏線だったようです。
今年の天皇賞秋は「初めて」4世代弥生賞1着枠を
受け入れる年度として施行されます。

51回弥生賞1着揃目枠ワンアンドオンリー
52回弥生賞1着サトノクラウン
53回弥生賞1着マカヒキ
54回弥生賞1着カデナ

この4頭が1、7、8枠に収まりました。
中でもサトノクラウンは3歳、4歳時に秋天を
出走していて今年が3年目。

2015ブービー対角3着、1着8番
2016ブービー対角2着、1着8番

今年は対角が単勝80倍のワンアンドオンリーです。
貴方がそれを信じるかどうかは自由ですが
私は1枚だけ、その馬券を握りしめて観戦しようと
決めています。

さて今日はここまでにします。




競馬ランキング
距離2000の大阪杯GⅠを受ける「初年度」天皇賞秋
先読みの視点も此処に在ります。
その思惑通りに14頭立て新設GⅠから9頭が参戦。

2017天皇賞秋
101 大阪杯13 4枠(1同)
102 大阪杯06 5枠
203 未
204 未
305 大阪杯03 8枠
306 大阪杯10 6枠
407 大阪杯01 4枠
408 未
509 未
510 大阪杯07 1枠
611 大阪杯14 5枠
612 大阪杯02 3枠
713 未
714 未
715 大阪杯04 8枠
816 未
817 未
818 未

誰でも見れば分かりますが
大阪杯を持ち込まなかった枠は2枠と8枠
その2枠を私は軸枠に指名しています。

大阪杯の1・2着馬を出走させてきたわけですから
一応の役目は果たし終えた大阪杯。
此処でもう一度、連対馬を起用するか???
と言うのが私の考えです。

逆に出走させなかった馬に目を向けてみます。
大阪杯05 7枠
大阪杯08 6枠
大阪杯09 2枠
大阪杯11 3枠
大阪杯12 7枠
大阪杯から2枠と7枠に居た馬を完全に排除しています。

其処を考えるべきかなと思います。




競馬ランキング
<2018年(平成30年)度競馬番組について>
主催者HP→競馬メニュー→競馬番組およびルール

桜花賞5着席と皐月賞5着席に新たに
優先権を与えると書いてあります。
クリンチャーやレイデオロの活躍を思い出すと
成程なと思ってしまいます。
NHKマイルに対するアーリントンカップのTR化
オークスTRフローラとスイートピーSの優先権減
桜花賞TRチューリップ賞のGⅡ化
来年の秋天は、この変化を受ける「初めて」の競走に
なるかもしれませんね。


あまり触手の動かなかったソウルスターリング
ですが、どうもひと仕事しそうな気がしてきました。
http://jra.jp/special/20th/

HPには、いつの間にか「Thankyou20th‐anniv」
の文字が輝いています。クリックすると
<ホームページ誕生1997.10.17>
を否応なく知ることになります。
読み進めると「なるほどエアグルーヴね」と
思わず頷いてしまいます。
ソウルスターリングが勝てば史上初の3歳牝馬

売上を第一義とする主催者は一点馬券など
推奨しませんが、私は4番-9番の
一点でも仕方ないかなと思いました。

思い出してみると朝日杯、皐月、NHKと牝馬が
1番人気を獲得するという新しさを見せていました。
その「初めて」を受ける対象としても
彼女は良いんじゃないかなと思います。
阪神ジュベナイル1着
桜花賞3着
オークス1着(揃目)





競馬ランキング
春の賞タイトル三部作
桜花賞、皐月賞、天皇賞に対して

秋の賞タイトル三部作
秋華賞、菊花賞、天皇賞

春はたまに有りますが、秋は秋華賞と菊花賞の
1着枠を同じ出目「7枠」で揃えるのは今年が「初めて」
桜花賞(万馬券)
皐月賞(金曜発売)
天皇賞(金曜発売)

秋華賞「7枠1着」
菊花賞「7枠1着」(金曜発売)(万馬券)
天皇賞(金曜発売)

「初めてを受ける」三つ目の賞タイトル競走。
此処が考えどころだと思います。


キタサンはテイエム「オペラ」オーと似ています。
3歳時クラシック1冠馬による有馬3着。
4歳時春天、JC制覇。
5歳時春天連覇。

単なる「似た者探し」しかできません。すいません。
それを物差しにしたら、勝てるチャンスがあるのは
JC(連覇)だけと私は考えています。


リアルスティールはとても良い位置に座ったな
と思います。昨年は逆4、今年は正4
昨年同枠だったヤマカツは今年は逆枠で同枠配置。

この馬を外した馬券は不要でしょう。
この馬からの万馬券も不要でしょう。
相手を間違えなければ取れると思うけどな~。

一気に書きますね^^




競馬ランキング