FC2ブログ
2017.11.28 3連覇
連覇の話に触れたのは、ステイヤーズSのアルバートの記事を書く為の前振り。
アラブ・障害・指定交流の重賞群を除けば「3連覇」を発生させた重賞はわずか。
1956~1958鳴尾記念(4歳~6歳)
2003~2005金鯱賞(6歳~8歳)
2005~2007函館記念(セ5歳~セ7歳)
2007~2009オールカマー(4歳~6歳)
2013~2015阪神大賞典(4歳~6歳)

脂の乗った4歳から6歳の期間での達成が多いのは至極当然で、アルバートも同じ条件下で3連覇を狙いに行く。

年2回施行をやめた鳴尾記念は、距離変更の阪神を走ったセカイオー
2004創立50周年を間に挟んだ金鯱賞のタップダンスシチー
2006のサマーシリーズ化を受けたエリモハリアーの函館記念
絶対的な中山巧者マツリダゴッホのオールカマー
2014・2015春天優先権ホルダーとなったゴールドシップ

アルバートはこうした馬たちと比べると、どうも宣伝コピーに乏しい。今年開催変更を受けた金鯱賞のヤマカツエースの3連覇の方が可能性が高いように感じる。
ただ一縷の可能性を否定できないのは登録馬のほとんどが「高齢馬」である点。
中でも6年「連続出走」サイモントルナーレ(2012~2017)の存在が挙げられる。

サイモン6歳時の、2012年の勝ち馬はトウカイトリック号
無事是名馬の見本、G2阪神大賞典を8年連続出走(2006~2013)
初年度2006年はディープインパクト(菊1-有馬2)
最終年2013年はゴールドシップ(菊1-有馬1)
ゴールドシップが以後、3連覇を果たすのは前述した通り。

トウカイトリックはステイヤーズも連年出走(2010年は海外遠征)
初年度2006年はアイポッパー(京大-アルゼンチン2)
最終年2013年はデスペラード(京大-アルゼンチン1同)
デスペラードは以後、連覇を果たしている。

さてサイモントルナーレに話を戻すが、2013年で役目を終えたトウカイトリックに代わって任務続行指令を受けた彼の実質的な初年度は2014年
初年度2014年はデスペラード(前年1着馬)・・2連覇
最終年2017年はアルバート(前年1着馬)・・3連覇
これが「アルバート」の3連覇を否定できない根拠である。






競馬ランキング


スポンサーサイト



特殊な年度と読んだなら揃い目も買うべきでしたね。
本線で取った方、少ないんじゃないかな。
安いけど、難しい。

予想しても当たらないから。
チャンピオンズカップは三頭のボックス買うつもり。
だから直前記事は書きません。

テイエムジンソク
アウォーディー
グレンツェント


京阪杯もそうだったけど、今年は連覇が多いなぁ。
理由はなんだろう?
競馬番組に載ってる?
6レース、そんなに多くも無いか。
シルクロード、京都記念、金鯱賞、春天
スプリンターズS、京阪杯

印象が強いんだな。




競馬ランキング



2017.11.26 黄金の王
半年前に知り合った方が競馬をすると知ったのは、つい最近の事だ。奥様と温泉に行った理由が、当たらない競馬資金をたまには競馬以外の事に使おうと思ったからだと言う。
宿で見た競馬中継、思わず身体が震えたという。予想していた3連単予想が見事に的中。だがそんな時に限って馬券を買っていない。買っていれば1200万円になっていた。
話を伺って、そんなものかもしれないと思った。


史上初のジャパンカップ。今年は新設GIの誕生年。違う景色を用意したのは当たり前といえるかもしれない。
オークスとダービーは共に2400GI。
今年主催者は、藤沢和雄厩舎と騎手ルメールにその栄誉を与えた。二度あることは三度ある。
結論としてまずは、これを提示する。

そのオークスからデムーロの快進撃が続いている。これは何時まで継続するのだろう?
オークス馬を毎日王冠から秋天へ向かわせ、ダービー馬も神戸新聞杯からジャパンカップに直行させた藤沢。
オークス馬、ダービー馬が居ない秋華賞・菊花賞。
それはいったい何を意味するのだろうと誰もが考える。
その後の重賞戦線では高確率で3歳馬が活躍した。
其処に刻まれた戦績にはダービー2着、皐月2着、オークス2着といった面々が顔を並べ、クラシック馬の格を上げているようにも映る。
ペルシアンナイトはダービー1着同枠
スワーヴリチャードはダービー2着
モズカッチャンはオークス2着(1着同枠)
その3歳の勢いそのままを持ち込むジャパンカップであろうと考える。

それを牝馬3歳と考えていない理由はソウルスターリングが、「青鹿毛」だという事と「C.ルメール」が騎乗しない事に尽きる。

キタサンブラックを軽視する訳ではないがジャパンカップまで連覇するとは、到底思えない。
サトノクラウンも3着が精一杯という気がしてならない。

奇をてらう訳ではないが「3歳決着」「ダービー馬決着」
これが今年のジャパンカップ連対構造では無いかと予想する。







競馬ランキング



2017.11.05 大統領
11/4は大統領選挙でロナルドレーガン、バラクオバマが当選した日です。
1964東京優駿には「ダイトウリョウ」という馬が
出走を果たしましたが最下位着順でしたね。
1971中山記念 ヒダプレジデント
1988小倉記念 プレジデントシチー
2004中山記念 サクラプレジデント
なんていう馬名もありました。
GIに手の届かなかったエイシンワシントンなんてのも居ました。
トランプ来日から、何かしらサインが出ているはずですが
見つけられませんね。
すでに2日間でPATの2/3は消滅。今日負ければゼロ。


11/5 9R2000「百日草特別」5東京2

サフラン賞、りんどう賞(牝馬限定)
アスター賞、くるみ賞、きんもくせい賞
紫菊賞(牝馬不在)
勝っているのは牝馬、いつまで続くのかはわかりません。
それでも、百日草特別も牝馬から入るべきだと思います。
牝馬が来る条件の一つとして人気面での裏付けが
必要であることはデータが物語っているので
1番か8番の両サイドのいづれかです。

ノームコアは福島1800からの臨戦
モルトアレグロは札幌1200から
レーツェル は福島等距離
レッドレグナントは札幌1500牝
マドモアゼルは新潟等距離牝

「牝馬限定戦」から来てはいけない気がするので
8番ダイワメモリーを1着馬(連対馬)と決める。
3、4、5、6番の牡馬へ。
8頭立てで4点も買うのは主義に反するが言ってられない。





競馬ランキング
マウスが急に動かなくなった。
どうしても直らないので急遽、ヤマダ電機へ。
女房と一緒に出掛けたので、もう書き込みが
出来なくなった。

残念な事がもう一つあって
「競馬データセンター」さんのデータは
着順通りの並びになっていない。
これはとっても残念。まあしょうがないか。

11/3 11R1400「KBS京都賞ファンタジーS」8京都2
正番逆番ともに外れていた。
セルフリンクは内枠有利と出ていたがこれも外れ。
当然そういう事はある。
出走13頭に対しオープン連対馬5頭
まあ普通は1頭は来るよな。
改めて言うまでもなく昨年の勝ち馬は阪神1600で
デビューし同じ阪神マイルの朝日杯で1番人気に
支持された。3着馬は秋華賞を勝った。
対して東京マイル「アルテミス」はジュベナイル
桜花賞、秋華賞で2着。夏の新潟1600デビュー馬で
今年の勝ち馬にも戦歴を継承させていた。
牝馬限定1600「新馬」→アルテミス1
牝馬限定1400「りんどう」→アルテミス2
この牝馬限定戦を重く見てスズカフェラリーと
読んだが外れて、PATの三分の一が消えた。


11/4 9R「きんもくせい特別」3福島2
正番の重なりは「1」「7」、逆番は「4」「10」
2010年まで福島1700での施行。
2011~2013年まで新潟1600
2014年に福島に戻り1800で施行。
その上で今年ならではの特徴はレース番号の変更と
牝馬の異常登録。これは6頭出走の2013年に
牝馬を1・3着に起用した形と同じ。
ただ出走頭数が7頭になったので牝馬は2着と想定。
2013年に新潟等距離馬を起用していた経緯から
レーツェルが2着だろうと考える。
馬単2着付け
1、7→3

京王杯2歳ステークスに回せる資金は無い。
きんもくせい特別が的中したら考えよう。



11/5 9R「百日草特別」5東京2
正番の重なりは「1」「3」「7」、逆番は「1」「2」「6」「9」
こういう数字の重なりが多い時が難しいのでは。
2014年に距離を1800から2000へ変更した「百日草特別」
一転して牝馬を使い始めている。
◎ディロスから牝馬へと現段階では考え中。
明日の結果を見てから最終決定。




競馬ランキング