FC2ブログ
現在24:38分です。寝ようと思ったのですが、
朝から出かけるので最後のダービー記事を書いておこうと思いました。
くどいですが皆さん、自分の信じる馬から馬券は購入して下さい。

皐月賞に3連勝で挑んだ馬が3頭いました。
サトノルークス、ダノンキングリー、サートゥルナーリア
現在の人気は皐月賞での結果が反映されています。

皐月を勝ったサートゥルナーリアは「年明け初戦」でしたが、これは桜花賞のグランアレグリアと戦歴を共有した形です。「同じ事をした」のです。

オークスは9頭も桜花賞組が居ましたが、ダービーにも皐月賞組が9頭います。
オークスの連対馬は桜花賞以外の9頭から選出されました。さてダービーも同じ形を継承するでしょうか?多くの方が皐月賞組を軸馬に選ぶはずです。
それが自分が信じる馬券という事です。

2013年の記事を引用したのは、昨年の福永が「19回目の挑戦」での優勝だったからです。「十」の記事の1993年の柴田政人と対比したかったからです。この2013年の記事から現在まで「十」人のダービー騎手が現役で存在しますが、11人目は出ないと考えています。これが私の「令和ダービーの1着騎手の要件」です。出走するのは5人で全て皐月賞組。だからオークスと同じ事をしないと書いているのです。

実をいうと昨年のワグネリアンは「5番人気」での載冠。1984年のGI化、1992年の18頭施行化以降でも初めての出来事でした。此処に主催者の周到な準備があります。

そういう事もすべて把握して解読しても、馬券は当たらないのですから、そもそも私は競馬から引退した方が良いのですが、ブログはやめても競馬はなかなか、やめられないのです。

いつもなら買目を書きますが、ダービーは秘密にしておきます。








中央競馬ランキング
スポンサーサイト



5月1日が「令和」施行日ですから、中央競馬だけが例外という事はありません。
令和最初のGIはNHKマイルですし、令和最初の重賞競走は京都新聞杯なのです。当然1番ゲートに配置されたロジャーバローズは、それを表現していることになります。京都新聞杯は番組を研究される方から見たら、万馬券でも無いし変更も受けていませんから「正規戦」です。でも同日に施工予定だったプリンシパルステークスは、リステッドトライアル戦ですが開催変更があり「変則戦」と考えられます。それが理由かどうかは分かりませんが、サダルは出走させてもらえません。という事は、2011年とは異なり「正規戦」として開催される令和東京優駿と考えてはいけませんか?11競走というレース番号の変更こそありますが、そこに目を奪われ過ぎると落とし穴に落ちそうな気がします。こういう所に主催者の考えが垣間見えると言えるかも。

少し形は違いますが、同じようなケースがクイーンカップです。2月9日施工予定の実開催は2月11日。1着クロノジェネシスはオークス3着席へ。4着カレンブーケドールはオークス2着席へ。別にマイネルサーパスの枠に目を向けさせようとしているわけでは無いですよ。平成の変則戦が令和のクラシック競走で馬券になる理由を考えているだけです。まあそんな考え方を派生させていくと、エメラルファイトはよくダービーの出馬表に名前を刻めたなと感じるわけです。だから枠連2-6なんて私には、とっても良く映るんですよ。





中央競馬ランキング

京都のYさんがコメントに記された通り、何故今年のダービーは11競走で施行しなければならないのか?という疑問には明確に答えられないが、少し前にも取り上げたように、すでに「月の裏側」管理人のクマタローさんが、2011年を見ろと回答している。
2011桜花賞4-8(08-16)
2019桜花賞4-8(08-16)

2011皐月賞612オルフェーヴル
2019皐月賞612サートゥルナーリア

2011優駿牝馬エリンコート(忘れな草)
2019優駿牝馬ラヴズオンリーユー(忘れな草)

その記事を目にした方は、少なくとも400円の単勝馬券は購入できたはず。当然2011年をサンプルにしているからこそ笹田を同枠配置してるのだから。獲れないのは、私のようなへそ曲がりだけ。
それでも、上の3つの競走とダービーだけは条件が違う。

2011東京優駿305オルフェーヴル(東京皐月賞)
2019東京優駿306サートゥルナーリア(中山皐月賞)

わずかにひとつだけのゲートのずれが異なる結果に結びつくのは、よくある話。
むしろオルフェーヴルのコンビが、リステッド元年の戦歴をオークス同様に有している方が怖いと思わないか?
となれば10番ゲートの池江は撒き餌という事か。




中央競馬ランキング

今年のクラシック競走に影響を与える2歳GI競走から1番人気か1着馬が起用されている事象から安易にダノンファンタジーを軸に据えたが、そんなに単純ではなかった。
朝日杯1番人気グランアレグリア「平成桜花賞」
朝日杯1着アドマイヤマーズ「令和NHKマイル」
ホープフル1番人気1着「平成皐月賞」
阪神JF1番人気1着「平成桜花賞4」、「令和優駿牝馬5」

ただ平成桜花賞馬を5着に退けた令和NHKマイルの決着性を考えた時に、平成皐月賞馬が令和東京優駿を連対できるのだろうかという疑問が脳裏を過るのは、まっとうな思考だと思える。それは「平成」の桜花賞、皐月賞の連対馬が、同じ「平成元号」のオークス・ダービーで機能したケースとは異なる結果を提示するのではないだろうか、という仮説に由来するものだが、オークスは一応それを証明した形にはなった。

1989年のダービーで「初めて」の芦毛優勝馬を誕生させる準備として皐月賞2着席を用意していたように「初めて」を使う場合でも、主催者は用意周到な準備を怠らない。

2015年からの5年間を「準備」に当て2020年から新しい競馬を見せるというシナリオが、仮に存在するのだとして(これは私の妄想)、その過程にあって生じた現象が天皇交代劇だったとしたら、令和の東京GIシリーズに主催者側の対応が見えてくる筈だ。
NHKマイル(10500) 揃目万馬券・降着戦
ヴィクトリアM(10500)ワイド揃目1・2番人気排除
オークス(11000)万馬券1・2番人気採用
ダービー(20000)

平成の賞金額と何の変化も無いオークスは1番人気と2番人気を馬券に採用しながらも万馬券を演出したが、賞金増額のケンタッキーダービーでは繰り上げで18番人気が優勝、この微妙な頃合いが面白い。
昨年の平成オークスと、今年の令和オークスは同じ「13番ゲート1番人気」が優勝したが、ダービーも同じとはならないと考えている。
私なりに一応根拠らしきものはあるが出馬表が確定したら、露と消える程度の妄想に過ぎないから披歴するのも気が引けるのだが、何も書かなければ根拠なしとみなされるので当該競走がダービーなので書くとしよう。
私の中での根拠らしきものが是れ。
「10」着 「10」番 ステイフーリッシュ「10」人

まあ真面目に競馬予想に取り組み方にとっては「馬鹿」なのか!とお叱りを受けそうな内容だろうが、当人至って真面目。
2013年に「十じゅう」という記事を書いた。
http://markun1128.blog.fc2.com/blog-entry-341.html

令和最初のダービー馬に、その「10」番ゲートが用意されていても良いじゃないかというのが出馬表確定前の私の予想である。主催者の準備こそが前年のステイフーリッシュの存在だったのではないか?
だいたい出馬表が確定したら、いつも溜息が先に出るのが常だが。

サートゥルナーリア皐月賞1着
ヴェロックス皐月賞2着
ダノンキングリー皐月賞3着
クラージュゲリエ皐月賞5着
リオンリオン青葉賞1着
ランフォザローゼス青葉賞2着
ザダルプリンシパルS1着回避
ステップ競走軽視の令和東京GIが、ダービーだけは特別だと言うのなら仕方がない。

確か本日、出馬表確定だよな。











中央競馬ランキング

2019.05.19 市場取引馬
オークスは、何も閃かないので書けないです。
まず最初に、お詫びしておきます。
まあでも見る視点くらいなら・・・

前の記事に書いた「開催場別出馬表」、後輩が見た事ないっていうんです。
いや、有るやろ。ホームページのどこに有るとなって、あっほんまに見た事ないんや。
という話になりました。
主催者HP→競馬メニュ→開催場別出馬表

こんなもの見るメリットはと問うので「騎手の並びとか厩舎の並び」でサンド状態をチェックしたり(サイン的)するよと言うと、面倒くさい事するなぁというので、そうや当たらへんけど、そういう努力はしてると言いました。

2007年に「マル市」の表記は、実質的には消えたわけですが、主催者はずっと「市場取引馬」の表記を記載し続けています。当然、必要があるから、そうしているのです。
興味のある方は過去に遡って調べても面白いと思いますが、例えば今年のGI競走での市場取引馬の成績を見ると、市場取引馬を買わない訳にはいかないんじゃないかなと感じます。(高松4番、桜花16番、皐月7番、春天7番、NHK17番、VM4番)
大阪杯は1頭しか居なかったので対象外で良いでしょう。
フェブラリーですか?使っていません。ただ、今年のFBと大阪杯は出目が全く同じで何か意図が其処にはあるように思えます。

視点1<市場取引馬が来る>
オークスでは以下の馬番が「市場取引馬」
1、5、7、8、11、13、14、16番
来る可能性の高い8頭という事になります。複数頭居るからこそ良いのです。

視点2<令和東京GI第3戦>
NHKは揃目、VMはワイド揃目、まともではないように見えますが、ちゃんと連対馬は重賞勝ち馬で決着してますし、GI歴も持っています。
オークスの出馬表では5頭しか居ません。2、4、8、15、18番
このボックス買えば当たるはずです(嘘ですよ)

視点3<取消翌年>
2004年、前年の取消位置18が2着
2016年、前年の取消位置3が1着
2019年、前年の取消位置4が連対ゲートですから4、15番


「Keiba List」
https://keibalist.com/

また勝手にリンク貼らせてもらいました。








中央競馬ランキング