FC2ブログ
2019.11.24 レシピ
私の今年のジャパンカップのレシピには1番目に、昨年「関東馬」が勝ったと記してある。これは2008年まで遡るので、調理に使うのは「2009年ジャパンカップ」というスパイスです。

振りかけると「1着枠は牝馬だけで構成された枠」という味になります。
今年で言えば、1枠です。
根拠が無い無いと言いながら、レシピに基づいての味付け。
だからこその、カレンブーケドール 押しなのです。

このスパイスも前記事「イレギュラー」と同じで関東馬の2年連続という「新しい調理方法」となるので、越えなければならないハードルは高い。私と同じスパイスを使おうと考えている方には再考をお勧めします。

1番人気の具材で「まずい」と言われたのは、3年目の ジェンティルドンナ だけなので、何を入れるにしても1番人気の材料は、3連では買っとけという呟きです。
前走天皇賞秋からなら買えるのは2番だけ。

後輩から質問が来た、いつものことだから無視すれば良いのだが
一度勝ったシュヴァルグランを何故否定するかとの問い。
これは良い質問だ。
揃目のジャパンカップだったからという事ではない。
かといって、確たる根拠があるわけでも無い。

1着賞金が3億という頂点戦を2度制するという技を使ったのは
「もう来年は、このレシピは使いません」と宣言したキタサンブラックのみ。
理由はこれだけ、単純かつ明瞭。

4100万という賞金しか稼いだことがないのに、いきなり3億って
有りなんや、と思わせた「2018有馬記念」というレシピ。

レイデオロは2億より低いGIは勝っても良いという前例を示したが3億を持って行って良いという事は示してはいない。それを示すまでは本来はダービー馬を買ってはいけない。そんなこと言ってたら新しいレシピで料理を作れないと思う人は買えば良い。

GI一つ勝っていない、「リステッド」だけを勝っている
その馬を推奨するためのレシピづくりはいろんな試作を重ねた上で導き出した答えである。私は、この馬の単勝を買う。これを買わなければ、明年の変化に対応できないはずだ。と思うから、是非みんながおいしかったと思う料理になればと願う。

ああ、ちなみにネットサーフィンはするけど私も後輩も、アメンバー申請なんかしたことはないからね。私がアメンバーなんかやめとけって言ってるから。私も書きたくないことはあるけど、そう思うものは書かない。でもできるだけ思いついたものは書く。隠さない。さらけ出す。大したもんじゃないから。隠す記事って、古寺の御本尊のようなものだろう。それ見たからって、感動するか?ありがたやって。


http://blog.livedoor.jp/stockoperator_tse/archives/10150182.html
さらけ出し方が半端ない!
リバモアさんの記事読んで。











中央競馬ランキング

スポンサーサイト



2019.11.22 イレギュラー
2019年7月30日のJRAニュースで「ディープインパクト号が死亡」のアナウンスがあり、日を置かずして、8月4日2つの重賞競走にディープインパクト追悼競走の副題が冠された。
小倉記念  6-6 08-09
レパードS 4-6 06-10

正確には
【8月3日(土曜)】
・第1回札幌競馬第3日 札幌日経オープン(L)
・第2回新潟競馬第3日 越後ステークス
・第2回小倉競馬第3日 九州スポーツ杯

【8月4日(日曜)】
・第1回札幌競馬第4日 UHB賞
・第2回新潟競馬第4日 レパードステークス(GⅢ)
・第2回小倉競馬第4日 農林水産省賞典小倉記念(GⅢ)

そして3日目の各場メイン競走は「4枠」を使い
4日目メインは「6枠」を使用した。
 
其処に着目するのが私の予想スタイルなので、特に「6枠」には絶対的な注意が必要と感じているのは確かである。なぜかならば、2006年のジャパンカップが前述の2つの重賞競走の数字を使ったレースだったからだ。
2006 ジャパンカップ 6-6 06-07


ただ、京都GIが流れを継承したように、東京GIもその流れを絶やさないとも感じている。
ダービー 1-4
安田記念 3-1
天皇賞秋 1-5

それを裏付ける根拠として、こんなメモリアル投票券が存在する。
http://jra.jp/news/201910/102106.html

ディープインパクト号が入ったことの無いゲート番号「1」
そして何気に印刷されている「2004年2歳新馬」と「2005年若駒ステークス」
しっかりと「4」番ゼッケンが見える。

今年のジャパンカップで主催者が用意している枠番は、1・4・6枠の内の一つであろうことは間違いないと思われる。

101カレンブーケドール
406ユーキャンスマイル
610ダンビュライト
勝馬はこの中にいる。

6枠のシュヴァルグランを選択しなかった理由は、馬も騎手もすでにJCを勝っているからという単純なものだ。
ディープインパクトの産駒が1枠と8枠。
勝つのは3歳牝馬と予想する。

反対意見は多いだろうな(笑)来れば4年連続1枠1番の勝利だし、2年連続3歳牝馬の勝利なんてことになるから。ただ、そんなイレギュラー性を使ってくるんじゃないかな、2006年のジャパンカップみたいに。



中央競馬ランキング

11月16日(土)23時45分、推理開始。
頭の中は全くの白いキャンパス
さて、どこから攻めようか?

昨年は揃目で一つの区切り線で仕切られた。
此処からかもしれない。

昨年の揃目重賞。
フィリーズ、阪神大賞典、阪神牝馬、天皇賞春、目黒記念
JBCスプリント京都、武蔵野、マイルCS、ステイヤーズ

今年の揃目重賞(順不同)。
アーリントン、NHKマイル、中京記念、関屋記念
この4つは昨年のマイルCSの影響を受けている。

函館スプリント、セントウル、スプリンターズS
こちらはスプリント路線。
マテラスカイがセントウルに出走した時点でマイルCS同様に
JBCスプリント京都を継承している。
3つの揃目戦をまとめたタワーオブロンドンが型を示した。

そして揃目開催、小倉記念。


並べるだけなら誰でもできる。
アーリントンを走ったイベリスの存在が鍵だろうか。
フィリーズ、アーリントン、NHKマイル、セントウル、スプリンターズ

そのイベリスが不在なのだから、軸はカテドラルとなる。
アーリントン、NHKマイル、中京記念
武を起用したところがポイント。
GⅡ昇格となる富士Sの1着馬は出走せず、代りが2着のレイエンダと
同枠カテドラル、どちらだと言われればY君のレイエンダなんだけど
私はカテドラル。クリノガウディーは軽視。


穴馬が来るなら当然相手は1~6人気。

2番人気ダノンキングリー
サッカーボーイ同様、マイル戦で負けていない唯一の個性
3歳同士の決着は無いと思うが・・・

3番人気インディチャンプ
この馬は京都GIの流れ(3枠)から外せない一頭。

6番人気ペルシアンナイト
4月に移動したアーリントンの2018年と2019年の1着馬の違いは?
2月開催アーリントンの1着ペルシアンナイトは2017年マイルCSを
勝ち、2018年は2着。評価を下げた今年は狙い目だろう。

5番人気アルアイン
GI馬
ムーア
「目が離せない」というコピー


馬連611→101、305、407、510

11月17日(土)1時23分、推理終了。






中央競馬ランキング

2019.11.16 Y君の勝負馬
今から5年前に後輩の友人のY君の話を書いた。
http://markun1128.blog.fc2.com/blog-entry-602.html

私は猫パンチさんのように酒は強くないので、たまに飲みに行くくらいだが
その後、2回だけY君と一緒に酒を飲んだ。
その2回目が、つい先日。
勿論いつも、その場には後輩も居る。
気を使って、競馬の話を交えてくれる。

「たまにブログ観てますよ」
「ほんまに~?有難う。外れ予想ばっかりやけどな。」

「まあそやけど、どのブログもサイトも予想当たりませんね。
ビックリするくらい(笑)」
「そやろ、私もブログサーフィンするけど、大概、私と一緒でまったく
当たってないわ。そやからY君には自分のスタイルで予想するように
薦めるわ。」

「Yahoo! やGoogleで番組表理論って検索したらHATさんのブログ名
出てくるんで、結構有名な方なんやなと思いましたわ。」
「いやいや番組表予想なんてもんじゃないねん、競馬番組を真剣に
研究している方に失礼やし申し訳ない。長い事ブログ書いてるから
検索ワードに出てくるだけ」


三人で他愛の無い話に終始したが、Y君のマイルチャンピオンシップの
勝負馬について、さり気なく聞き出しておいた、ガハハハッ。
公表するぞ!「レイエンダ」

きのう出馬表で確認したら「17頭」大外。
面白いなと感じた、いやいやY君ほんまに来そうやわ。
GI「30勝」まで、あと1勝の藤沢和雄(美浦)
「レイ・和」あるよね~。





中央競馬ランキング

2019.11.10 スカーレット
毎朝、戸田恵梨香主演のNHK朝ドラ「スカーレット」を観ながら
泣いている日もあれば、笑っている日もある。
役者がうまいのか、演出が巧みなのか、脚本が良いのか。
どうなるんだろうというワクワク感ほど、脳神経を刺激するものはない。
このまま楽しいドラマであり続けて。

別に前振りじゃないんだけど、スカーレットカラーを推薦する。

前振りは10月22日の記事の方で、天皇賞同様8枠からと決めていた。
8枠を支持する材料を並べると、結構大変な労力を要するので
今回は書かない。仕事の提出日が押していて、あまり時間を割いている訳には
いかないので、御免謝意。
ただよく見たら11月最初の記事なので少しだけポイントを。


POINT
60回宝塚記念を「牝馬」が勝った。
2016 マリアライト 今年と同じ8枠

160回天皇賞秋を「牝馬」が勝った。
2010 ブエナビスタ 今年と同じ1枠

府中牝馬は2014年から優先権
2017年と2019年の2頭が「アイルランドトロフィー」代表


POINT
其の内の一頭クロコスミアが2年連続をどう表現してくるか
自分を主張しないと思う


POINT
ラッキーライラック
桜花賞1枠2着
オークス1枠2着
エリザベス1枠2着 となるか


馬券的には福島の方が断然面白いと思うんだけど
スカーレットカラーが天皇賞をアーモンドアイに譲った日から
この馬だと思っていた.。
その馬が8枠に入ったので馬単2点で厚めに勝負。




中央競馬ランキング