FC2ブログ
さて今週もダート重賞が有り、2週連続となる。
結構、競馬会には理解しがたいことが沢山あるが
その最たるものがダートGIで「牝馬」が勝てない事

意図して、そうしているのは1996年にホクトベガが
勝った事から明白で、翌年GI化に際し
此処で「牝馬勝たせとけ」っていう歴史がある。

じゃあサンビスタはなんで勝ったんだよって
言われそうだけど、それも俯瞰したら、分かる。

頂点がそうなんだから、以下
ファストフレンド、ヤマトマリオン
GⅡは、この2頭のみ

マーチ、アンタレス、平安、みやこ、武蔵野は皆無
根岸は2001年が最後
プロキオンは2012年が最後
エルムは2002年が最後
シリウスは2006年が最後
ユニコーンは2011年、レパードは2010年が最後

原則「牝馬に勝たせない」という強い意志が其処には有る。
なぜ、そうするのか?
ダートでは牝馬が力量的に劣る?
そんなわけがない!
そもそも牝馬が勝てないことに皆、気付いてなかった?
まあ、そんな記事を書いている奴も居ないのは確かやけど
たぶん裏でも書いてないだろう。

じゃあ今年みたいに牝馬が走らない根岸で
あんた、どのタイプの馬買う?
騙馬、高齢馬、二桁人気馬?
それとも初ダート? ○外馬ってのも居るよね
では、その馬買う理由は何?

この傾向は、指定交流でも似たようなもの。

牝馬が居る舞台と、おらへん舞台では
おのずとプログラムも違う。

このあたりを理解した上で、タイトルからの考察となる。

第28回 根岸ステークス (GⅢ)
東京競馬場 ダート1400メートル
2014. 2. 2 晴 良

1着枠 カペラ2着 7歳
2着枠 カペラ1着 6歳
3着枠 カペラ3着 8歳

4・5・9歳が各1頭
7歳が4頭、6歳が3頭、8歳が6頭
枠に収まった世代を見ると、ものの見事に7~9歳を
1~8枠に点在させ、小頭数世代枠を排除している。
1枠4-7歳
2枠7-8歳
3枠6-7歳 1着枠
4枠7-8歳
5枠6-8歳 2着枠
6枠8-9歳
7枠5-8歳
8枠6-8歳

出馬表が確定したら、まず世代ごとの頭数を見る。
枠の世代構成をチェックする。
その上で「すばる」と「ギャラクシー」の1~3着馬の
配置を見比べる。どちらのレースを使うかが分かるはずだ。
それでも見えなければ、登録馬の世代頭数を見る。

4歳2頭
せ5歳1頭
5歳4頭
6歳5頭
7歳4頭
8歳5頭
9歳1頭

出馬表確定前に、楽しむ推理。
確定後に楽しむ予想。

木曜日の記事は、こんなもので如何だろう。
あっ、ちなみに東海Sの世代頭数、枠配置、小頭数世代の
結果なども参照しておくことを、お勧めする。







スポンサーサイト



今年も2回東京3日目で開催される青葉賞から

ダービー馬は出ないのではないか?

2017年の様に揃目の勝馬でさえも採用しなかった。

また2011年のトーセンレーヴの様に負けた青葉歴を

プリンシパル1着歴に置き換えても駄目。

むしろ2回東京5日に戻ったプリンシパルの方が

可能性は高いのかもしれない。








2020.01.26 AJCC回顧
中山金杯 ハズレ
京都金杯 的中
万葉S  的中
シンザン記念 ハズレ
フェアリーS ハズレ
愛知杯 ハズレ
京成杯 的中
東海S ハズレ
アメリカジョッキークラブカップ 的中


ストレスを少なくして良い記事を書くには
馬券を当てるしかない。
そういう意味からいえば、今年は良い記事が
書けていると言えるのかもしれない。


61回大会
2018-04-07阪神
第61回 サンケイスポーツ杯阪神牝馬ステークス(G2)
7枠10番 2着

2018-10-27京都
第61回 毎日放送賞スワンステークス(G2)
8枠10番 2着


ここから10番ゲートの2着に目星をつけた。
だが、この2つの競走の1着枠は7枠
そこで7枠のニシノデイジーの1着起用まで考えて
一度、実は記事をアップしたが
直ぐに削除した。

昨年のシャケトラと同じように前年賞金加算の無い
サトノクロニクルと一緒に配置されたブラストワンピースが
1番人気の支持が確定しそうだったから。
どうにも勝つのはこの馬に思えた。
案の定、7枠10番が2着。


月が変わって2月、「ツキ」が変わらないように
このまま当たる競馬を継続したいものだ。




2020.01.26 2020AJCC
昨年は独特のローテーションで、菊花賞を勝ち
其処から直行でアメリカJCCを走るという
選択をしたフィエールマンが出走した。
それは、かつて1973、1975、1976年に歴史に
名を残す馬たちが通った道。

ところが勝ったのはなんと!1年以上も休養していた
シャケトラだった。
だから今年の、このレースのカギを握るのはサトノクロニクルだと
思うのだが、間違っているだろうか?

昨年の「60回大会」が7番人気→1番人気で
今年同じ60回開催・京成杯での7番人気→1番人気決着へと
繋がっているのは偶然か必然か、などと少女のようなことは
言わない。こうした類の例は、枚挙に暇がないくらい存在するから。
ただ記憶力が悪いのとメモってないので提示できないのは残念。

それでも過去の61回大会を検証しておいて損はない。
近い所では2018スワンや阪神牝馬といった「GⅡ」繋がりだろう。

そう考えると7枠のいづれかが明日の主役になるのだろうと
想像できる。


今年の東海ステークスの怪しい馬は「須磨浜」

昨年の同レース1着インティの同枠馬

この馬がインティと共に復活した「みやこ」で

共に相果てるのである

インティはその後、チャンピオンズCを走り

スマハマはペテルギウスを選択

それを見たアスカノロマンが、私にスマハマだと囁いた