FC2ブログ
2020.08.30 へっぽこ
人の考える発想なんて、みんな似たり寄ったりだな。
と思うのは、書いた記事と同じ内容を他のサイトやブログで
発見した時です。書いた日にちも私より古い。
なので昨日の記事も削除したいところですが
それは私の考えも一緒に葬ることになるのでクレーム
覚悟でこのまま晒します。



最近は聞かなくなりましたが「へっぽこ」という
言葉が有ります。役に立たないとか、出来ない人への
嘲りに使われたりします。
私の事です(笑)


よく後輩に言われるんです。
「わざと外してるの?」

そんな訳ないやろ!当てに行ってるわ。
「それやったら、ある意味、天才!やな」

関西人ならではの、遣り取りなのですが
実はいつも、ちょっと悔しい・・・
でかいの当てたいなぁ~。
いや小さくても良いから当てたいなぁ~。



安倍首相が辞任の意向を発表。
2007年のダービーを思い出します。
小倉で谷水オーナーの馬が激走?
などと考えたりしますね。
あからさまな「タニノ」ではなくバロンデッセなど
どうでしょうか。



キーンランドでライトオンキューを指名しましたが
「大雑把な括り」と書いたのはこの馬を指名した理由が
「北の大地だけ」を走っているから、だけではなく
レーティングを参考にもしているからだと書いたら
驚きますか?


重賞競走・オープン特別競走レーティング
https://www.jra.go.jp/datafile/ranking/jyusyo/2020/08.html


8月16日 札幌 UHB賞
ライトオンキュー110
カッパツハッチ97
イベリス96
ショウナンアリアナ90


このレースでの「110」という数値は
8月23日 札幌記念GⅡの
ラッキーライラック109を上回る数値です。

此処では距離による換算値には触れませんが
主催者は出馬表に前走レーティング値なんて
表記したりしません。実はそれこそが
馬券の狙いどころだったりします。


せっかくなので札幌記念を事例にします。
以下が札幌記念の1~3着馬の過去の履歴と
レーティング(当時の)です。


2019ヴィクトリアマイル(G1) 113
2017マイルチャンピオンシップ(G1) 118
2020大阪杯(G1) 116
2019エリザベス女王杯(G1) 115

↓↓↓


札幌 札幌記念GⅡ
ノームコア114
ペルシアンナイト116
ラッキーライラック109


ペルシアンナイトが、勝ったノームコアより
レーティングが高い理由も理解できるのではと思います。


こんなに、いろんなことを参考に予想してるのに
なんで当たらないのかな?

当然ダイアトニックの数値は良いのですが
同着・降着競走を専門にしているこの馬よりも
ライトオンキューを応援したくなります。




2歳馬「最初のレーティング」は函館2歳から。
リンゴアメ104
ルーチェドーロ103
ラヴケリー102
フォドラ102

このレーティングから翌年のダービーへと
レーティングは変遷していきます。


函館の数値は1~4着が「クビ・クビ・ハナ」差だった事
が起因してます。2歳の場合は基本、勝っても「102」
だったと思いますが、揃目の2頭は此れを上回っています。
計算方法まで熟知していない私には、その理由までは判りません。

だから「へっぽこ」だと言われても仕方ないのです。




スポンサーサイト



2020.08.29 暑いですな~
2歳の新潟は

2012年「3回新潟6日」に戻る。
福島→新潟未勝利 ザラストロ
新潟新馬 ハウレッジ

1着枠は新潟勝利馬だけで構成
今年これを再現したのが「8枠」

牝馬が勝つ年では無いので(こう断言したら牝馬が勝つ)
1着牡馬→2着牝馬
811→810、708
607→810

馬単3点。
ハウレッジの存在だけが、荒れる可能性。




サマースプリントの方は

昨年は牝馬を起用しない年だった。

此処でも2012年が出てくる。
翌年は舞台を「函館」に移し、牝馬だけで決着。

函館SS3→アイビス2→キーンランド1(シリーズ2位)
2着は1年間誠実に「変更開催地だけを走った」

大雑把な括りで申し訳ないが、今年
北の大地だけを走った馬は612ライトオンキューのみ。
昨年の1着同枠馬。

サマースプリント王は昨年「揃目・関東馬」起用のセントウル1着
と想定して、此処の1着馬には加点していない馬を指名したい。
713と816

2020.08.22 札幌夏の陣
春の阪神に2000のGIが誕生した事で秋天は
2017キタサンブラック大阪1
2018サングレーザー札幌1
2019ブラストワンピース大阪6札幌1
阪神・札幌・東京というルートが明確になったのか。


今週の注目点は、其処ではなく2頭の3歳馬。
札幌2歳ステークス(ブラックホール)
小倉2歳ステークス(マイネルグリット)

共に2歳頂点戦で隣の1番人気馬を1着に指名した。
コントレイル(優駿1)
サリオス(優駿2)

わざわざ、この2頭を用意した意味が
「それ」だという事では?

小倉は、713メイショウキョウジ

札幌は素直に読めばラッキーライラックだが
初めての大阪杯1着から札幌夏の陣への参戦が
引っかかるので、608カウディーリョ
穴馬指名やな。

函館2歳ステークスのビアンフェは重賞・葵ステークス
新潟2歳ステークスのウーマンズハートはローズから秋華賞へ

古馬戦へ参戦した上記2頭と、この2頭の違いは
1番人気で勝利したか否か、だろうか。

今年は家族旅行に行かないと決めた後輩は
昨日から盆休みで競馬を楽しんでいたようで
小倉と新潟6レースの両ローズから馬券を買い
新潟の馬連は的中したので収支が浮いたと
LINEが来た。

さっきもまた、LINEがきて小倉と関屋が同じ日に
施行されたら「何なん?」と聞いてきた。

そうか、そこまで詳しく書かないと分からないのかと
思うし、読者が分からなければ、仕方ないじゃん
とも、思ってしまう冷たい自分が居る事にも気付く。

これまで主催者が創設したサマーシリーズで
マイルと2000の競走が顔を合わせる事は
無かったので、7月19日の中京記念と函館記念なんて
凄い荒れ方をしたが、ある意味仕方が無いとも云えた。

中京記念 (GⅢ)阪神競馬場
揃目・最下位人気の勝利

函館記念 (GⅢ)
15、13人気馬でフィニッシュ

なぜ14番を揃える必要があったのかという所まで
考察はできないのだが
先週の同日ダート戦も含めて、目新しい番組に
興味を示すのは、一競馬ファンとしては
大事だという事を書きたかっただけである。

https://jra.jp/datafile/seiseki/#summer_series

面白いと感じる事が大事だと書いたのは
既に終わった七夕・函館のサマー2000も
米子・中京のサマーマイルも、すべて7枠を起用している点で
そろそろ途切れる頃と考えても良いし
まだ続くと思うのも買い手の勝手。
でも面白いやろ?

小倉はともかく、関屋の7枠なんか人気薄だらけ。
買えるとしたら、こういうスタンスで臨んだ時なんちゃうかな。
ちなみに記念競走の7枠は6月の安田・宝塚から継続している
リンクなんだよね。
8月は北九州・札幌と有るから、違う出目を使う可能性も
当然あるよ。



2020.08.15 お客様
「有人」での競馬を開催する予定だった「新潟」は
観客を入れる事を諦めた。
従って9月6日まで「無観客は継続」される。


有人化のサンプルになる予定だった
「上越ステークス」は1番ゲートに配置された3歳牝馬
ウルトラマリンによって抜いた刀が一応
鞘に収められた形となった。

すでに「無観客競馬2勝馬」だった唯一の3歳馬が
其処に収められた事は、一つ意味を持つ。

オジュウチョウサン
フェアリーポルカ
ダノンスマッシュ
デアリングタクト
コントレイル

彼や彼女ら無観客重賞2勝馬が有人化されたレースで
どの様な評価を受けるのかが、一つの角度からは
見えたような気もする。
ウルトラマリンがただ単純に2勝していただけでなく
唯一性を兼ね備えていた事もキーになる。


6月・7月の重賞で仕方のない場合を除いて
無観客勝利馬は受け入れられていなかったが
08/01 新潟ジャンプSのフォイヤーヴェルクや
08/09 エルムSのタイムフライヤーは
既にオープンで勝利を収めていた。

既に主催者の方向性の中に「有人化」の流れが
息づいている証だと考える。

たとえば55回を迎える関屋記念には「無観客初日」を
勝ちあがった無観客2勝馬アンドラステが居るが
この馬もウルトラマリン同様の働きをするだろうと思っている。
この馬もまた唯一を持っているから。
岩田望来君にとって初重賞勝利となるか。

調べてもらえば分かるが同じ日に開催される
関屋記念と小倉記念
其処に主催者のどのような意図が隠されているのかは
凡人には知る術も無いが、とにかく面白い!
それを面白いと感じない方は競馬を推理する資格がない。

主催者は小倉にも無観客2勝馬を用意し関屋との
比較を提示している。
同じ4歳牝馬で。


無観客で引退式を挙行した四位はどうしたのか?
と調べてみると、藤沢和雄調教師のもとで研修中