FC2ブログ
2017菊花賞1着

2018東京優駿2着
2018皐月賞2着

2019皐月賞1着
2019菊花賞1着

2020桜花賞2着
2020秋華賞1着


エリートたちの戦歴を外したくないと考える
運営側の思惑からいえば
2、5、6、7、12番の中に少なくとも
一頭は連対馬が存在する。


2017年に新設された2つのGI
大阪杯2000
ホープフルS2000



その2017年度の2歳頂点組から昨年初めて
ラッキーライラック(2017阪神JF)が大阪杯を制した。

コントレイルの先駆けとしての役目を担っていたの
だとしたら、ホープフル馬として初めて出走する
コントレイルが大阪杯に名前を刻んでも何の不思議もなくなる。


スポンサーサイト



女性蔑視の発言や態度をとると問題視されるが
競馬会では必ずしも、そうはならない。

調教師の問題だけではなく、牝馬と牡馬でも差別化がある。

オークス>桜花賞・VM・EV女王>秋華賞
ダービー>菊花賞>皐月賞>NHKマイル


3歳はこの順番で賞金順位が決まっており
牡馬下位の皐月の1着賞金と、牝馬最上位の
オークスの1着賞金は等しい。

2歳も似たようなもので、以下の順位になる。
朝日杯=ホープフル>阪神JF

ただこれも主催者による反論としては
牡馬は牝馬のGIに出走できないが牝馬は
出走できるから、という回答が一般的である。

牡馬三冠馬には報奨金が出るが、確か牝馬三冠馬には
該当する制度は無かったはず。


「牡牝の差別化」とは少し次元が異なるが
「距離体系の差別化」も賞金額で明確に区分されている。

有馬=JC>天皇賞・宝塚>大阪杯>
高松宮>安田・スプリンターズ・マイルCS


主催者によると、「格と歴史」が加味されている
という表現になるのかもしれないが
大阪杯の賞金額は、この視点に於いて眺めれば
けして優遇された金額などではなく「短距離GI」との
区画板の役割を果たす意味での金額設定なのかもしれない。

2017年に2つのGIが新たに編成され、翌2018年に
多くのGI競走の賞金額が「増額」され今に至る。

まあ、ここまでは他愛もない独り言という事で許して頂き大阪杯に移る。


今年の大阪杯の注目点はなんといっても「前走歴」だろう。
キタサンブラックやキセキも、JCを経由したが
前走は有馬記念出走歴に置き換えていた。

GI化以前には確かに前走JC歴があったが、それは
海外遠征前のオルフェーヴルや、安田記念の前のディープスカイ
の様にGⅡたたき台で、前方には大きな目標が視野に入っていた。

創設5年目大阪杯の1番人気馬は、前走ジャパンカップから
の参戦となるが、これを「初の春古馬三冠」という事を
視野に入れての出走だとしたら許せそうな気もするが
もし、そうでないなら連にも絡まない可能性が有る。

同様に2番人気と3番人気の馬が持つ「前走マイルチャンピオンシップ」
此処を否定してしまうと前の記事をも否定する事につながるが
前走マイル以下戦の馬が連対席につけたのは2008年の
エイシンデピュティまで遡らないと見当たらない。

仮に「代替阪神開催」のマイルCSによる特赦が発動されるなら
その限りではないが、連にも絡まない可能性は残る。

とはいえ

この3頭を置いて今年の大阪杯に1着席と2着席を
争える馬など存在しない。(純粋にそう思う)

2年間大阪杯に出走させたダービー馬が指標馬となって
隣馬と起点5駒で決着させた3度目が今年も
再現されるのなら2020年の皐月賞と東京優駿の
「逆転決着」こそが最も似つかわしいドラマであることは
間違いない。

2020年度、3歳戦の主役はレシステンシアとサリオス
これは記事の中でも何度か発言した(9/26、11/22)
2歳の覇者二頭の戦歴を比較すると
その役割がより明確になる。


レシステンシア = サリオス
新馬1着 = 新馬1着
GⅢ-1着 = GⅢ-1着
GⅠ-1着 = GⅠ-1着

TR-2着 = TR歴なし
GⅠ-2着 = GⅠ-2着
GⅠ-2着 = GⅠ-2着

STEP歴なし = 秋天(優)GⅡ-1着
MCS-8着  = MCS-5着
 
高松(優)GⅢ-1着 = STEP歴なし
GⅠ-2着      = GⅠ-2着



あくまでも個人的な注目点。   



馬券的な妙味に欠ける大阪杯というのが
皆さんの共通認識ではないのかと思うが
久しぶりに昼休憩時に思考を巡らしてみた。


【2020年高松宮記念は牝馬2頭による決着】
牝馬モズスーパーフレアから戦歴を引き継ぐ形となった
今年のダノンスマッシュ

モズスーパーフレア
2019スプリンターズS2着

ダノンスマッシュ
2020スプリンターズS2着


2着もまた牝馬グランアレグリアからの戦歴移譲が
なされたレシステンシアの起用

グランアレグリア
NHKマイル1番人気敗退
阪神カップ1番人気優勝

レシステンシア
NHKマイル1番人気敗退
阪急杯1番人気優勝


【2020年大阪杯は牝馬2頭による決着】
同様の手口を使うとは思えないが、似たような
手法を用いる可能性を否定はできない。
そうなると戦歴云々よりも牝馬を2着に指名する
と読んだ方が簡単だし、より分かり易い。
608レイパパレ
812グランアレグリア

レシステンシアが古馬マイルCSの敗退を糧に
GI2着席に辿り着けたのだとしたら
サリオスにもチャンスは有ると思うのだが・・・。