FC2ブログ
ゴールデンウィーク終了。
何処へも出かけずNetflixとHuluで
ひたすら映画や海外ドラマを見て過ごした。
皆さんはゆっくり休めた?



牝馬は一円も要らないと書いたのに
牝馬があろうことか馬券対象になってしまった。
これはもう予想は大外れと言っても良い。

2019菊花賞出走メロディーレーンの春天連年出走が
昨年の再現という所までは合っていた。
着順まで一緒とは。
「菊花賞1着+日経賞3着」

「天皇賞盾」に関係しているのだろうか?
1947年トヨワカが3着席について以来のカレンの3着席。
この年のオーライトには、どういう訳か
「天皇賞盾」が贈られなかった。

この事と阪神開催天皇賞と因果関係が有るのか?
そんな妄想を抱いたレース結果。

まあ予想は外れたが、馬券は大的中したので
思い出に残る天皇賞となった。


スポンサーサイト



春天のGⅠ ヘッドライン
孤高の魂を誇れ、春のこそ王者の勲章だ。」

それ以前のヘッドライン、レーシングダイアリーは
確認できていませんが、私の調査では
2014年から2020年まで7年間のヘッドラインに
「盾」という言葉は使われていません。
今回は、大事な文字を使ってきたという事です。

今から遡る事80年前の1941年
それまでの銀杯授与が、この年から「天皇盾」に
変更され、その第1号の栄冠を授けられたのが
菊花賞馬マルタケでした。
やっぱり西暦「1(ファースト)」の年でした。

この一点を見ても何か、新しい事を今年の春天は
見せてくれるのではないかと期待しています。
あっ、ちなみに天皇賞の盾は実際に下賜されずに
競馬場に保管されます。
馬主にはJRAが制作した盾の複製品が授与されます。
本物の盾は毎年、春と秋、厳重な管理体制のもと
競馬場を職員が移動させるのだそうです。



1981年ジャパンカップ創設年度から
天皇賞は「どうぞ何回でも勝って下さい」と
勝抜き制廃止で施行されました。
史上初の天皇賞2勝馬はタマモクロス
3200mと2000mの両レースを勝った初の天皇賞馬。
私が無い無いという牝馬が春秋を制すれば
勿論、天皇賞史上初ですがね。

今週の「名馬の肖像」はライスシャワー
93年と95年の天皇賞春を2勝した菊花賞馬
ミホノブルボンの三冠を砕きマックイーンの3連覇を阻止。
「刺客」とも呼ばれたが子孫を残すことはできませんでした。
先ほどのヘッドラインの「孤高」という文字は
実はライスシャワーを指しています。

1981年を、また引っ張ってきますが
この年から合計87種類の競走馬ポスターが
作成されており、39枚目のライスシャワーの
コピーが「淀を愛した、孤高のステイヤー。」
https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒーロー列伝

https://www.jra.go.jp/gallery/ads/heroes/index.html

余談ですが的場親子には未だに重賞勝利がありません。
そろそろ勝たせてやって下さい。

1981年作成のポスターには3頭が選出
1973皐月賞ハイセイコー
1973東京優駿・菊花賞タケホープ
1972菊花賞タイテエム


やっぱりクラシックの栄冠は必要なのではないでしょうか。
菊花賞かダービーかいづれにせよ友道ですね。

三世代の馬を出走させるんですね。

2015年ゴールドシップ
2016年〜2017年キタサンブラック
2018年レインボーライン
2019年〜2020年フィエールマン

菊花賞入着・メロディーレーン出走の意味
1枠の揃目だけは忘れずに買っておいてください。