FC2ブログ
天皇陛下御在位30年慶祝「中山記念」はクイーンエリザベス2世カップを勝ってGI馬になりましたね。これ「国際オペレーション」ですよね。
たぶんドバイターフも同様でしょう。
てなことを頭の隅に置いてNHKマイルを少し考えてみます。

振り返ってみると平成に誕生したNHKマイルも秋華賞も昨年は、優勝馬番を同じ11番で統一していました。この2つの競走は既に平成を終えている。したがって「令和」最初のGI競走に最も相応しい舞台なんだなと感じます。
同じ馬番でもNHKは18頭が出走。ところが秋華賞は取消で17頭しか出走しない。
微妙に違いがあります。

フィエールマンが勝った菊花賞の出目は「12-9-7」で、11月のエリザベス女王杯でまったく同じ出目を再現するのですが、これも出走頭数に違いを見せていました。
こうして主催者は巧みに数字を変化させてきます。はっきり言って、これを読むのはほとんど無理です。おおよその見当はつけられますが、まあそれも勝ち負けまで読めないです。

同じ数字を使った初めての秋華賞とNHKマイル。秋華賞は2003、2010、2012、2018年に三冠馬を誕生させますが、同一年のNHKで牝馬を起用しません。ならば翌年はどうか?やはり牝馬を決着構造に組み入れていません。今年のNHKマイルのポイントは牝馬が来るか来ないか。アーリントン1着、桜花賞1着、Fレヴュー1着、その他
牝馬を消せば予想は楽になりますし配当も付くでしょう。

二の足を使えるワイドファラオ、彼じゃないかなと思います。馬名の意味は「王様」
アドマイヤマーズを相手に、平成最後の予想を終えます。




中央競馬ランキング

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/1027-9574f0e8