中山牝馬S  中山芝1800→阪神芝1800
フラワーC  中山芝1800→阪神芝1800
スプリングS 中山芝1800→阪神芝1800冠なし
日経賞    中山芝2500→阪神芝2400
マーチS   中山ダ1800→阪神ダ1800
ダービー卿チャレンジT 中山芝1600→阪神芝1600
ニュージーランドT   中山芝1600→阪神芝1600

たぶん、何らかの作用は働いているはずなんだけど
見えないので仕方ない。

日記に書かなかった「阪神大賞典」
クラシックトライアルから5連勝で2着に敗れたディープインパクトと
クラシックトライアルから6連勝で2着に敗れたオルフェーヴル

ジーワンで連勝を阻まれたディープインパクトと
ジーツーで連勝を阻まれたオルフェーヴル

当然、違う馬なのだから負け方も違う。
でも負かした馬が、同じ要素を持った馬である点は「統制」の
裏付け以外何物でもない。

1着ハーツクライ
2着ディープインパクト(三冠馬)

1着ハーツクライの息子
2着オルフェーヴル(三冠馬)

こういう考え方を好ましく思わない方がいるのも承知しているが
主催者はいろんな角度から切り込む馬券購入者に対し
遍く門戸を広げているのも事実だと認識しているので
お構いなく今後も好き放題書いていく。

ケントク買い
辞書を引くと「根拠のない馬券購入を指す」とある。

「真実」は判らないから、確かに「根拠」は無いと言える。
幾つかの事例を挙げたところで、「方程式為り得ない」ので
反論できないが、そう信じる人には「一つの方式」なのだ。
そういう方式もJARISはプログラムされている?
私を含めてそう考える方は少なくない。
だが現実には、その考えは「根拠」の無い「妄想・邪推」の類なので
気に障ったらお許し頂きたい。
http://www.hitachi.co.jp/products/it/server/ap8800/case/case31.html

「3・11」という震災日さえも馬券の考えに組み入れるという方は
たくさんいるわけで、直前週には、本当にその数字が使われたし
http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1207010211/
当日の特別競走にも、そうしたファンの為に主催者は、その数字を
用意している。
http://keiba.yahoo.co.jp/race/result/1209010609/
まあ、これだって信じない人から見れば「偶然」だし「こじつけ」なのだが。
(ちなみに数字に拘る私もさすがにそんな買い方はしていない)
血統であれ、戦歴であれ、いろんな取り組み方をも受容するのが
競馬の面白さなのだから、何でも良い楽しめれば。

話は飛んだが、拙い演出ではあったがオルフェーヴルが負けた阪神大賞典は
やはり格式のある競走なのだと思う。
外人騎手の4連覇に連勝を防止されたディープインパクトの有馬記念と
いまだ外人騎手の勝利を許さない阪神大賞典とは、ある意味どちらの方が
グレードの高い競走なのだろう。と、思ってしまう。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/03/20 14:44】 | 競馬・雑文
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック