皐月賞も別の所で書こうと考えていたのですが
猫パンチさんがブログで紹介して下さったからだと
思うのですが、先週の土日から訪問して下さる方が
一挙に増えてなんだか書かないのも申し訳ないなぁと
思い直し皐月ネタを2本書いたので結論の当然書かないと
いけないのですが今日も仕事なのでこまか~い所までは
書けませんが要点だけ列挙します。
直前ですし、既に馬券を購入しておられる方も
居るでしょうから大勢に影響ないでしょう。


今更言うまでも無く昨年の皐月賞は「特殊な」一戦でした。

シンザン記念・別定
1着レッドデイヴィス(クラシックを走らない)
2着オルフェーヴル
3着マルセリーナ

今年の桜花賞はこの不在だったシンザン記念1着席から誕生。

昨年の桜花賞2着馬ホエールキャプチャ
阪神ジュベナイル2着→クイーンC・別定1着

彼女の戦歴を主催者は、今年の桜花賞で分割しました。
2着ヴィルシーナ  クイーンC・別定1着
3着アイムユアーズ 阪神ジュベナイル2着

同じ事を皐月賞でも行う、そう感じさせる馬が一頭います。
【ディープブリランテ】
間違いなく今年の皐月賞で連対馬となると思っています。

2011皐月賞
1着同枠馬ペルシャザール
 スプリングステークス2着
2着サダムパテック
 東京スポーツ杯2歳S

ディープブリランテは「2000」を知らない。
これは2000を走らずに皐月賞に向かった昨年の三冠馬と同じ。

今年の桜花賞1着馬がマルセリーナのシンザン記念3着歴を
1着歴に置き換えたように、
きさらぎ賞 3着オルフェーヴル
きさらぎ賞馬ワールドエースを今年の1着馬にとは考えていません。
それはもう既に、別の記事に書いたとおり。

CM馬アグネスタキオンを感じさせる馬は下記3頭。
102アダムスピーク
407ベールドインパクト
818グランデッツァ
必然ディープブリランテの相手はこの三頭。

アダムスピークに関しては桜花賞の記事にも書いたと
記憶していますが私の中での皐月賞有力馬。
ピンナ石坂コンビはまだ強い可能性を感じています。

ベールドインパクトはタキオンの「7番」を
背負うからという理由(だけ)ではありません。
ロッカヴェラーノ(1着対角)
レッドスパークル(1着平行)
過去の「すみれステークス1着馬」たちがベールドインパクト
同様に【4枠7番】からの発進・発信だったように
彼にも大事な役目があると睨むからです。
でもナイアガラよろしく隣のディープブリランテを
サポートした段階で、役目を果たすことにもなるかもしれませんが。

グランデッツァ、これはもう書きました。
タキオンの子供、それだけで十分じゃないですか。
同枠馬も含めて8枠は注意なのですが
彼を支持するもう少し突っ込んだ話を書けば
1996揃目、1989東京開催翌年
この2年間を除けば、トライアル戦1着馬が馬券対象から
外れた事は無いので他2頭よりは此処を1枚
残しておきたいというのが本音。

◎ 306ディープブリランテ
● 102アダムスピーク
▲ 407ベールドインパクト
△ 818グランデッツァ
× 816ゼロス
× 817ロジメジャー
関連記事
スポンサーサイト

【2012/04/15 11:47】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック