どうも2010年の結果と似てるなあと思って、あれこれ探していたのですが
これを使っているんじゃないかと思えるのですが、どうでしょう。
レース体系
http://jra.jp/company/gyomu/g_04.html
スクープしたので外される可能性は有りますが。

2010フェブラリーS2-2 04-03-06 16頭
2012フェブラリーS8-2 16-03-10 16頭    

2010高松宮記念3―8 06-17-16 18頭
2012高松宮記念5-7 10-17-01 18頭    

写真アパパネ黄帽
2010桜花賞5-4 09-08-11 18頭
2012桜花賞5-7 10-15-11 18頭

写真ヴィクトワールピサ橙帽
2010皐月賞7―8 13-16-11 18頭
2012皐月賞7-5 14-09-06 18頭

写真マイネルキッツの桃帽16
2010天皇賞(春)6―8 12-16-04 18頭
2012天皇賞(春)1-8 01-16-11 18頭    

写真なし
2010NHKマイルC7-1 13-01-03 18頭
2012NHKマイルC7-1

「写真が載っていない年明け2戦のジーワン」は
2着馬番の一致なので、「1番」が2着だろうと踏んでます。
今のところ1着枠も7枠ではないかと目星をつけているのです。

25頭の牝馬が挑戦し、4頭の馬が連対確保。(16%)
過去16回中、1997、2005、2007年が牝馬起用年度。(18%)
2003年にニュージーランドTが馬齢化した翌年から
頻繁にNHKマイルで7枠が登場するようになるのですが
牝馬を起用した翌年だけ7枠を使わないで3枠を使います。
昨年は牝馬起用年度ではありませんから、今年は7枠。
(笑)単純な理由です。
ですが、こういうシンプルな解読の方が案外当たったりします。
実際今年のジーワンは7枠か8枠しか来てませんしね。

一応、2010年をテーマにする限りウィリアムズが勝った春天の
翌年の出目は大事なんじゃないかと思うんです。
第143回春天 1―7 02-15-03 18頭  

第16回NHKマイルC  ウィリアムズ 7―8 13-17-01 18頭  
第17回NHKマイルC  7-1
関連記事
スポンサーサイト

【2012/05/02 10:32】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック