サマーシリーズの特徴はあまり語られることはありませんが
同日開催のどちらかの競走でチャンピオンを決定するという
ルールがあることです。
分かりやすく書くと昨年は8/29のキーンランドCと新潟記念の
優勝馬が即、サマーシリーズの覇者になったということが
延々とサマーシリーズ開催時から続いているということです。
2006年新潟記念スウィフトカレント4着03P優勝
2007年新潟記念ユメノシルシ 1着10P優勝
2008年新潟記念ミヤビランベリ 9着01P優勝
2009年新潟記念ホッコーパドゥシャ1着10P優勝
2010年新潟記念ナリタクリスタル 1着10P優勝
2010年キーンランドCワンカラット1着10P優勝

今年も同じことを繰り返すという保証は何処にもありませんが
仮に「同じ事を繰り返す」という前提に立った場合
優勝馬を特定することが非常に容易になるわけです。
何故なら、既に新潟記念はシリーズ優勝馬を排出しないことが決まっているからです。
(サマー2000の優勝馬はこのルートから出ないという事)
同日開催のもうひとつのキーンランドカップから
サマースプリントの優勝馬が出るという事になるので
話は簡単、エーシンヴァーゴウという14ポイント馬が現在トップで
セントウル出走を明言しているので最悪でもプラス1ポイント
「15ポイント」これを上回らないと優勝はないわけです。
従ってカレンチャンが勝って10ポイントを加算した時にのみ
<同日開催のサマーレースのどちらかでサマーチャンピオンを決定する>
というルールが生きることになるのです。

単勝 408 カレンチャン
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/14-1a7357fb