外れ続けのブログになにゆえ多くの方が訪問して下さるのか
あくまでも私の軸は3歳馬ですが、申し訳ないので一般論も書いておきます。
今年のジーワン競走は1番人気にとって非常に厳しい環境下にあります。
でもまあ2番人気や3番人気まで飛ぶ訳ではない。

611オルフェーヴル 1番人気
407ルーラーシップ 2番人気
815トゥザグローリー3番人気

だからこの3頭の内、いづれかが連対する確率は高い。
それは正しい判断だろうし、この3頭を一気に消してしまえばその時点で
馬券は激しく「はずれ馬券」に近づいてしまう。

それで主催者は本日の競走に我々へのヒントを仕込んでおいた。
それが前の日記に書いた発想なのです。
7番「タ」ケショウ「カヅ」
12番「カラ」フルデイズ
15番ニシオ「ドリーム」・・・1着

安田記念が揃目戦を提示しました。
次のジーワンはどうなったのか
というと
06ジャパンC 66→ジュベナイル15(4-1人)
07ヴィクトリア22→オークス  14(5-1人)
07マイルCS 44→JCD   46(1-6人)
08有馬記念  88→09フェブラリ87(6-3人)
10フェブラリー22→高松宮   38(1-6人)
10オークス  88→東京優駿  14(7-5人)フラッシュ
11菊花賞   77→秋天皇賞  46(7-2人)
11朝日杯   22→有馬記念  46(1-7人)フラッシュ
12安田記念  22→宝塚記念

三度までも「2-2」の揃目戦の次走は1番人気を起用している現実を
突きつけられるし、同時に
エイシンフラッシュが2度もその次のジーワンで真価を発揮している事実にも驚愕する。
そしてまた、4番、5番、6番、7番人気と連続して起用している
人気が後退していることから7、8番人気にも目が行く。
すると不思議なことに(現時点)それは1番人気と2番人気枠である
ことに奇妙な符号を見つけることになる。
ニシオドリームが1着を刻んだことでエイシンフラッシュと
トゥザグローリーの人気は逆転してしまうんじゃないだろうかという
妙な疑念さえ抱かせてくれる。

2枠が軸でなければ私はこの3つの枠から軸を選ぶでしょうし
言い換えれば2枠の相手は3枠、4枠、6枠を選ぶと言う事に
なるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/06/23 23:29】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック