書かないと言ってるのに変わらずの沢山の訪問有難う御座います。
18日から始動と書きましたが、ご無沙汰しているSNSに
ローズの記事を書きました。
申し訳ありません、セントライトは書きます。

ハナズゴールに期待したのは唯一、桜花賞優先出走権を
保持していたからで、2007、2001を模するなら
必要な戦歴だと考えたし、ドンナとの一点で十分馬券は仕留められると
思ったのですが、どうも間違いだったようです。
こうなると、もう私の取れる馬券ではないと言う事です。
ランキングのジャンル分けでは「競馬」はギャンブルという分類です。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%AD%E5%8D%9A
ですが競馬への取り組み方は人によって違いませんか。
私のなかでは競馬は至高の推理「ゲーム」です。
でも「賭ける」という行為が無いと面白くない。
大きな配当を得たいという衝動も常に持っている。
だったらそれは「賭け事」だというなら仕方がないですね。
6枠揃目しかないから買えないのではなく170円だから買えない。
昔タマモとオグリの240円に3万賭けたけど今でも買えるかな。

シルクプリマドンナ
スティルインラヴ
ダイワエルシーロ
ラインクラフト
レジネッタ
トールポピー
アパパネ
マルセリーナ
エリンコート

いろんな変化が今年はこの馬たちと違うシナリオが用意されていると
言ってるように思いました。
桜花賞とオークスで1番人気になっていない二冠馬
セットで考えないといけない「月曜日に開催される」セントライト記念
私たちは正月競馬で既にこの形を見たはずです。
競馬は記憶力のゲーム。

1月8日(日)7番枠ジェンティルドンナ
1月9日(月)8番枠トーセンベニザクラ

誰だって買うでしょ、7番枠ジェンティルドンナ
誰だって買うでしょ、8番枠エタンダール

私のこうした発想はゲーム感覚だから思いつくのです。
ではゲーム感覚でエタンダールの相手を捜せば誰に行き着くのか。
日月と札幌記念に出走した牡牝3歳馬が登録をしていました。
まずは此処を見ていました。
ハナズゴールの取消は予定外だったけど配置は変わらない。
と言う事は出馬表に名前を落とすことが大事だったのではないか。
ハナズゴール起点5駒は7番枠ジェンティルドンナ
フジマサエンペラー起点5駒は8番枠エタンダール

カク地から起点6駒はジェンティルドンナ
カク地から起点6駒はフジマサエンペラー
[地]一頭と二頭の違いもなんのその

私は170円の馬券は買わないけれど、馬連万馬券は買います。
ラジオ日本賞  4番-8番
セントライト記念8番-4番

こういう結果なら面白いじゃないですか。
何度でも言います、ゲーム感覚です。

ローズS     6枠左 優駿牝馬2着
セントライト記念 6枠左 東京優駿2着
私ならこれも買う。主催者が提示したピースですから。
ジャニュアリーステークスの揃目をフェアリーSはしっかり2着枠に起用
だからセントライトも枠連4-6は買わないといけない馬券です。
それがたとえ10倍を切っても。

◎ 408エタンダール
○ 204フジマサエンペラー
○’612フェノーメノ 
関連記事
スポンサーサイト

【2012/09/17 03:01】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック