「9・11」に競馬が開催されるのは2005年以来。
セントウルステークス
2004.9.12ゴールデンキャスト 武 豊 8-6 12-08-05 12頭  
2005.9.11ゴールデンキャスト 小牧太 5-3 05-03-02 11頭
京成杯オータムハンデキャップ
2004.09.12 マイネルモルゲン 後藤浩 7-1 07-01-02 9頭  
2005.09.11 マイネルモルゲン 柴田善 2―4 02-05-10 13頭

東西で「連覇」、こう云うのを「たまたま」だと受け取る素直な気持ちが
私には無い。「何らかの理由で必要だったから」このように考える。
たとえば今年もセントウルに昨年の覇者が出走して来るが
「彼」が勝てば、「初めて」セントウルの歴史に「58㎏」斤量馬の勝利が
刻まれる瞬間となるのだが果たしてこれは「許される」だろうか?

前述した2005年のセントウルは「GⅢ」だ。
サマーシリーズが始まってから「初めての」牡馬の勝利がダッシャーゴーゴー
初めてを許された馬、初めてを許される馬
そういう発想を持ち込んで良いのではないだろうか。
此処までWIN5で期待を裏切っていないGⅡ戦での1・2番人気
この人気を得られれば、と一応断っておきましょうか。
2005年
阪神10R元町特別    枠1-4-6馬1-4-7人気4-6-5
中山10R白井特別    枠4-2-5馬4-2-5人気5-4-3
札幌11R札幌日経OPEN  枠4-6-4馬6-10-5人気4-3-2
阪神11RセントウルGⅢ 枠5-3-2馬5-3-2人気5-2-1
中山11R京成杯AHC  枠2-4-7馬2-5-10人気3-4-10

何か見えますか?見えたら教えて下さい。

土曜日にならないと日曜日の枠順が確定しないので
時間があれば土曜日に続きを。
関連記事
スポンサーサイト

【2011/09/09 17:18】 | 競馬・雑文
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック