2009年高知・黒潮菊花賞を勝ったグランシングが三冠を達成した。
高知競馬における3冠馬は
カイヨウジパング(98年)、オオギリセイコー(00年)
に続く史上3頭目だった。
あれから4年、再び三冠に挑戦する馬が居る。

ドンスキマー(工藤英嗣厩舎)

黒潮皐月賞、高知優駿を勝った後、脚部不安で今回は8月以来の実戦。
同馬主の馬が4頭出走、同厩舎が同枠配置

古馬が出走できたり、廃止されたりする地方の「菊花賞」にあって
唯一「ラスト三冠」の位置づけが成されている競走。

地方の馬券がJRAの元で発売される記念すべき年度に
中央では無く、高知で誕生する「三冠馬」
そういう図式
だろうと思う。

中央からの転厩馬の代表格となった同馬に、かつて
岩田・川田が乗っていた事を知って「おおっ!」と気付く人は
何人いるだろう。
高知優駿で1番人気だったクロクモにかつて大野拓が騎乗したと
知っても、関心が無い方にはどうでも良い事なのだ。

http://www2.keiba.go.jp/KeibaWeb/TodayRaceInfo/DebaTable?k_raceDate=2012%2f10%2f14&k_raceNo=7&k_babaCode=31

http://www.keiba.or.jp/hensei/youkou/youkou.cgi?field=5
関連記事
スポンサーサイト

【2012/10/14 10:22】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック