仕事がハードで調査と推理が思うように進みません。
秋明菊賞 2012年11月3日(土)5回京都1日 1400m

「秋明菊賞(しゅうめいぎく)」について主催者はHPで下記のように紹介しています。
・アネモネ属キンポウゲ科の植物の一種。
・秋頃、菊に似た花を咲かせることが名の由来。
・別名「貴船菊」ともいう。
・京都の貴船地方に多く見られ、古くから観賞用として栽培。
・紫紅や白の花が咲き、清楚な美しさが魅力。
・花言葉は「忍耐」。

にも拘らず、2001年と2002年の秋明菊賞は「福島開催」でした。
サラ系500万円以下「混合・特指・馬齢・2歳」

2001年11月3日(土)3回福島3日 9R 1200m・・・万馬券
712番 ビッグスマッシュ     牡2歳 6人気 2歳未勝利1200 01着
101番 [地]ヴィジョンサンヒコ 牝2歳 9人気 地若松賞  06着
711番 ニシノマズルカ      牝2歳 2人気 2歳新馬1200 01着

2002年11月3日(日)3回福島2日 10R 1200m
304番 ミヤギーロイヤル  牡2歳 6人気 きんもくせい特別1700 07着
711番 エイシンバクオン  牡2歳 4人気 2歳未勝利1200 01着
712番 エフテーパラダイス 牝2歳 14人気 地ウィナーズチャレンジOP 08着

花言葉の通り、10年の歳月を待って無事「京都開催」に辿り着いたのだとしたら
競馬番組というものは一体、何年先まで「予定」を組んでいるのだろうかと
本当に驚かされます。
過去の秋明菊賞勝馬は福島2歳オープンで馬券対象になりますが
その履歴が翌年のクラシック戦線に影響を与えることは有りません。
彼らの役割は一体なんだったのか。

指定競走
[地]が出走でき、地方騎手が騎乗できる競走
GI及び同ステップ戦・ダート重賞・オープン特別が該当。

特別指定競走
JRA2歳認定競走乃至、地方競馬で1着になった[地]馬、地方騎手が騎乗可

JRA2歳認定競走
ウィキに拠ると今年から新馬・未勝利戦でJRA認定競走を
実施するのはホッカイドウ競馬のみとなる。と書いてあるけど本当かな?

これがもし本当なら「2歳戦の変化」がすでに起きているわけで
馬齢表記の変更、またこれに伴う競走名の変更、負担重量の変更が
行われた「2001年」
や、1回福島および3回阪神競馬を夏季競馬番組
として開催し、2歳馬競走を編成した「2002年」
に繋がるんだけど・・・

出馬表を見ると、その門別から認定未勝利馬による競走「アタックチャレンジ競走」を
勝利しJRAに転入した2頭が名前を連ねている。
2001年、2002年同様7枠によるワイド馬券が成立しそうなので
黙ってこの馬券だけを買っておこうと思います。

此処を勝ち上がった馬はやはり「京都2歳ステークス(特指)」に向かうのでしょうか?
昨年のトリップが伏線になっているのだとしたら・・・
関連記事
スポンサーサイト

【2012/11/02 21:04】 | 競馬・条件
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック