2012.11.29 格付けなし
本当は注目されるべき「PAT発売地方競馬」は10月2日の
金沢「白山大賞典」だったはずなのに、順延競馬でそれが叶わなかった。
10月3日「初めての栄誉」を享受した「東京盃」は「揃目」で
恐れ多いと退き、結局翌日の1800ダート「レディスプレリュード」を勝った
ミラクルレジェンドが続く「JBCレディスクラシック」も勝ち
2年連続で2つの競走を連覇し、彼女こそ「地方競馬発売の象徴」
巷、噂される存在になった。(誰が言うてんねん)
当然面白くないのはニホンピロアワーズである。
いち早く「みやこ」を目指し調整するも新星ローマンレジェンドに屈する。

その2頭が対面する正逆3番位置は非常に私の中で評価が高い。
帝王賞で肩を並べて同居したエスポワールシチーは
昨年に続き「馬券を発売する南部杯」の主役となった馬だ。
この馬もまた「地方競馬発売の象徴」と言って良いだろう。
今年の阪神ダートジーワンは、この2枠が連対枠となる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%AC%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%83%89

http://ja.wikipedia.org/wiki/JBC%E3%83%AC%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%82%B7%E3%83%83%E3%82%AF
格付けを持たないこの2つの競走を勝った牝馬の存在はあまりにも大きい。

ような気がする・・・。
関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/256-824ab24e