朝日杯が牝馬に出走機会を与えた2004年以降、牝馬による朝日杯挑戦は
8年間に2度ありました。
2005年スロクハイネスは出馬表に名前を留めただけでしたが
2007年フォーチュンワードは見事にゴールしました。
今年サンブルエミューズが朝日杯に登録してきました。
彼女を朝日杯に出走させるというシナリオも用意されていたはずなのですが
2012朝日杯は、そのパターンを使わなかった訳ですから
阪神ジュベナイルは其処を考えるのも切り口かもしれません。
2004年は揃目戦で、牝馬を実際には走らせなかった2005年と
2011年の揃目翌年の今年とでは「牝馬を走らせない理由」が違うような気が
しているのは昨年の朝日杯に「マル外」が居なかったからです。

朝日杯に出走が叶わなかったサンブルエミューズですが、彼女の役目は
朝日杯のキー馬としての機能だけなのでしょうか?
<芙蓉ステークス>を豪快に勝って来た彼女の姿勢に私は強い意志を感じます。
軸は迷わずサンブルエミューズです。

今年のジュベナイルの注目点は松田博資です。
6年連続、馬券になるのか?
有限会社キャロットファームは軸馬サンブルエミューズと同じ。
彼女に権利を譲与するのか、それとも?
加藤さんの位置は「平行」
昨年の赤松賞を勝った津村君が華を咲かせると思います。

エミューズの相手は正逆1番の「重賞2着戦歴馬」二頭
関連記事
スポンサーサイト

【2012/12/09 00:41】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック