競馬は難しいですね
ジュベナイルの新しいステップ「アルテミス」
101コレクターアイテム
408アユサン
全く同じ数字は使いませんでした、残念

正逆1番に着目したのは、同じ「重賞2着馬」が対角配置に
なったからという理由だけではありません。
ローブティサージュ 2歳新馬 7枠揃目
アユサン      2歳新馬 8枠揃目
新馬戦を「揃目」で勝ち上がった個性を両端配置に据えて
いたからです。

この注目点が最初にあったからこそアルテミスの出目に
期待したわけですが・・・
枠連、買わないといけませんね。
2着クロフネサプライズの出走した小倉2歳ステークスも
揃目戦だったことから、今年のジュベナイルはこの履歴が
重要視されていたようです。
では何故1番人気コレクターアイテムの新馬戦揃目が使われなかったのか
という疑問には、私は答える能力がありません。

軸にしたサンブルエミューズは「競走除外戦」を二度経験したという
2歳馬がめったに持たない戦歴を有しているのも魅力の一つだったのですが
この視点もプラス側に働きませんでした。

まあ要するに「ツキはなかった」ということです。

4枠を軸に据えると断言した時に過去の出目を浚いました。
ジーワン昇格前の枠連1-4(1983年)
ジュベナイル誕生年の枠連1-4(2001年)

今年は同様に「区切り」の年という認識で良いと思います。
関連記事
スポンサーサイト

【2012/12/10 01:18】 | 競馬・GⅠ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック