デインドリーム(牝3歳、独国)が正式に秋華賞を辞退し
[外]馬が一頭も居ない秋華賞という図式が決定。
其の事が一体何を意味するのかということは人によってその感想が違う。

私が何を書こうとそれを信じるか信じないか人それぞれ。
逆に書く方からしたら、それは有難い話。
自由奔放にいつも自信満々で書けるから。

今年の3歳ジーワンはいつもの年とは仕様が違う。
トライアルの事に少し触れたけど、中山マイル・アネモネを開催しない桜花賞は
京都マイル・エルフィンの覇者を起用。
そして忘れな草がオークスを勝つといった起用性は1998年を彷彿とさせるが
だからといって「エリ」ンコートが「エリ」モエクセルになると決まったわけではないし
マルセリーナがファレノプシスになれるかどうかも定かではない。
ただ期待した「9番」ゲートに入ったマルセリーナを応援するのは至極自然だろ。

そのローズステークスは「関西テレビ放送賞」
同じ系列のフジテレビ賞 スプリングステークスは今年、その冠を
外され阪神で開催。勝ち馬オルフェーヴルは2冠馬となる。
先日亡くなったセイウンスカイが菊花賞を勝って2冠馬となった1998年を
あえてサンプルに持ち出しているのはオルフェーヴルの3冠は怪しいと
思っているが故。
ただ私がやっているようなサンプルの引き出し方は全く同じことを
やらない以上、あくまでも似たもの探しに過ぎない。
現にエリンコートはローズに、オルフェーヴルも神戸新聞杯を予定していて
トライアルを経由しなかったセイウンスカイやエリモエクセルとは違う。
そしてすでに出馬表は、当初の形と姿を変えている。
ローズS     騎手変更
セントライト記念 出走取消

他にも切り口はたくさんあって、優駿牝馬2着馬が出走しないローズ
なんてのも、その一つ。
まあそれはちょっと置いといて、6頭のオークス経由馬が
6つの枠に見事に収まり、1枠と2枠にオークス歴が無い。
「逆枠」といって1枠と2枠を「逆8枠」と見立てる考え方からは
1枠リヴァーレのみがオークス歴を持たない馬枠ということになる。
この馬の魅力は年明けデビュー馬であると言う事、そして
4/30に初勝利を挙げている点。
それ以上あえて深くは書かない。
去年と同じ決まり目にはならないと思う。
5-7 06-09-12 12頭

◎609
○101
関連記事
スポンサーサイト

【2011/09/17 20:56】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック