あまり気のりしないのですが、「競馬徒然草」のshigeさんの
記事に後押しされました。
地方出身騎手に触れ、最後に岡田君の事を書いておられます。
(リンク先、参照されたし)
http://ameblo.jp/wq0vvxgj/entry-11479677064.html

5枠10番でスタートし最下位着順。
そして5枠10番でデビュー日を終える。
この何気なさが個人的には美しく感じます。
勝つんじゃないでしょうか、阪神9レース。

地方出身騎手が重賞を勝つのはデビューから何年も後です。
今までは。これからの事は知りません。
デビューしていきなり二つの重賞に乗る騎手の成果もわかりません。
ですが個人的には勝てないだろうと考えています。
引退したアンカツは別です、世論を味方につけアンカツルールを作った方ですから。

チューリップはクイーンと同じ仕様です。
[地]馬を一頭用意、頭数は同じでもひとつずらしている。
1番人気枠と外人枠。
馬連1-14

オーシャンは5番→3番、14番へ(押え馬単5→13)
関連記事
スポンサーサイト

【2013/03/02 11:35】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック