オールカマーは
1着カリバーン 2着アーネストリー
で考えてます。
ホオキパウェーブやマツリダゴッホが経由した札幌記念が
4歳馬が勝つ為のルートで、同じ人気を揃える条件が
整えば確勝級なのですが・・・
「ジーツー2200」の記事に書いたとおり、3歳を意識してます。
昨年、同日開催・神戸新聞杯と出目を一致させたオールカマー。
これは同日開催初年度1996年以来。
翌年のメジロドーベル(3歳)が6番ゲートで勝った事で
逆6番マイネルラクリマという考え方も有りなのですが
それよりも上位にとった考えは
2007~2008年に見せたマツリダゴッホ「蛯名」の
札幌記念正逆4番ゲート → オールカマー勝利
これを「蛯名」が今年、4歳カリバーンでやったことを評価してます。

馬単 606 →707


神戸新聞杯は
ショウナンマイティの馬券対象着順を信じてます。
第58回1
第57回2
第56回2
第55回1
第54回7×
第53回1
第52回3
第51回2
第50回2
第49回未出走
第48回3
第47回3
これは武豊の神戸新聞杯
普通に考えたらダービー連対馬につければ取れるはずですよね
普通に考えたら・・・少なくともワイドは

305オルフェーヴル
306クレスコグランデ ・・・神戸新聞取消

101ウインバリアシオン・・・神戸新聞○同枠
102サダムパテック ・・・セントライト3着

407ベルシャザール ・・・セントライト2着同枠
408フェイトフルウォー・・・セントライト1着

クレスコグランデの取消はオルフェーヴルの沈没を想像させるし
ウインバリアシオンも連対枠同枠馬になる危険性も感じる

馬連506 → 811
関連記事
スポンサーサイト

【2011/09/25 00:43】 | 競馬・GⅡ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック