本日も仕事です。
あまりネタがありません。
昨日、帰りの電車の中でiphoneを弄りながら調べておりましたら
気になる馬が一頭だけおりました。
6枠10番マイネイサベル

2002~2004年にかけて中山牝馬→府中牝馬と連覇した馬が
連続して登場しますが以後、この2つのレースをまたぐ馬は
居ませんでした。そこに登場したのがイサベルで
彼女はさらに3つ目を狙いに来ました。
府中牝馬→中山牝馬→福島牝馬

おいおい厚かましいぞ、と思う方が多いようで現在離れた3番人気。
この評価は本当に妥当でしょうか?
昨年の府中牝馬は施行日の変更や斤量規定の変更があり
その事がイサベルにプラスに働いたのか2歳以来の勝利。
こういうのを「意味のある使われ方」と言うのだとしたら
中山牝馬を勝つのも頷けます。
ならば、ならばですよ、1800の牝馬戦3連覇やっちゃっても
良いなんて、有りませんかね?

2012府中マイネイサベル7- 14-08-11 17頭
2013中山マイネイサベル6- 11-08-16 16頭  
2013福島マイネイサベル6- 10-07-14 15頭  

2着枠に4枠を指名
それと昨年のフローラで馬券にならなかったゴールデンナンバー

馬単 10 → 7、14
関連記事
スポンサーサイト

【2013/04/20 13:52】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック