GW真っただ中に関わらず、たくさんのご訪問有難う御座います。
NHKマイルの考えをまとめました。

1996年の開設から2001年まで上位着順をマル外馬が席巻していたのですから
<マル外馬の為のGⅠ>そう表現されていた事は間違いではなかった筈です。
その流れを止めたのが2002年のスプリングSの規定変更でした。
スプリングSが混合競走に指定された背景には皐月賞のマル外開放が
有るわけですから正確には皐月賞がその流れを止めたとも言えます。
「止めた」という表現は的確ではないかもしれませんが
ステップ、もしくはトライアルと本番の関係にしたって
既に早くから決着は決まってるはずなんです。
そうでないと本番の「枠」すら決められないですから。
万が一、どこかでアクシデントが発生したら、ナビゲーションシステムのように
ルート変更がなされる。そういう事なんじゃないでしょうか。
先日の福島のような天災による「代替開催」もひとつでしょう。
競馬はピラミッド形式ですから積木のように頂点への流れが作られている。
2002スプリングS
1着タニノギムレット・・皐月賞馬
2着テレグノシス  ・・皐月切符放棄
3着アグネスソニック・・皐月切符放棄

2013スプリングS
1着ロゴタイプ   ・・皐月賞馬
3着マイネルホウオウ・・皐月切符放棄

NZTのマル外による3枚の優先権を機能させなかった2002年
NZTのマル外による1着優先権を機能させる2013年

マル外を出走させず揃目戦にした2012ニュージーランドT
マル外を出走させなかった2012NHKマイル

しっかりと其処に今年マル外が勝つ「伏線」が有る!と考えるのは私だけですか?

(外)エーシントップ

この馬が第18回NHKマイルカップ馬です。

対角に同厩舎マル外
鞍上に天皇賞を歩いた内田博幸
唸ります。

天皇賞の記事の中で枠連4-7について触れました。
私が違うと感じていたのは3歳GⅠでの連続性を頭に描いていたからです。
5月5日施行競馬
毎年5月5日に同競馬場に近接する大國魂神社で祭事が行われる関係上、
東京競馬場の開催については、競馬開催の土・日曜日と重複した場合でも
競馬の開催は行われず、前後に開催日を振り替えていた。
しかし、2007年、2012年は5月5日に競馬を開催した。(ウイキ参照)

2007年 2回東京5日プリンシパルステークス4枠1着
2012年 2回東京5日プリンシパルステークス4枠1着

今年も5月5日に東京競馬が開催される。

実はこの4枠に(外)馬が配置される、そう睨んでいたのですが
少し当てが外れました。そこには皐月の切符を放棄したマイネルホウオウ。
この微妙なズレが悪い方に働かなければ良いのですが・・・
いずれにせよ3歳GⅠでの「枠連4-7」の連続性という考え方は
間違っていないんじゃないかと妙な自信すら感じます。
NHK杯の時代から数えて60年間、一度も出たことの無い「出目」です。
なのに自信を感じるというのは、思い込みによる錯覚というものですから
皆さんは、けして信じてないで下さい。

NHKを冠に持つ競走で「数々のドラマ」と主催者が謳っているのですから
NHKドラマの何かが使われると思うのですが、まだわかりません。
「あまちゃん」だと思っていたのですが、「第二楽章」かもしれない。


関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/329-8dca7340