札幌クイーンステークスの出目の流れが2010年を境に変化してます。
1996年に1800芝に距離を短縮されてから7枠8枠の外枠は
何故か敬遠されていたのですが、「ア行の3歳」が7枠を引っ張って来てから
一気に外枠の天下になってしまいました。
52㌔馬の存在が無く、これで4連覇は無くなりました。
4歳復権だと思います。
1999年に中山から札幌に変わる際に、古馬の出走を可能にしました。
2000年は4歳馬の勝利。形は違いますが、同じことをやるのだと思います。

1999 4枠10人気→2000 4枠10人気(2着枠)
2000 4枠10人気→2001 6枠10人気(2着枠)
2001 6枠10人気→2002
2002年は6枠も、10番人気の入った7枠も馬券になりませんでした。
変化がないから拒んだのだとしたら、今年は函館への変化がある。
来ても不思議じゃない。

第57代ピエナビーナスが翌年、桃色帽子で10番人気。
2010 8枠10人気→2011 8枠10人気(2着)
2011 8枠10人気→2012 8枠10人気(2着)
2012 8枠10人気→2013 8枠??

明年に引き継がない8頭戦(10番人気を発生させない)
今年まで8枠を使うと考えています。


四つ葉のクローバー 槇原敬之

あげるよと言って 差し出した君の
指先風に震える 四つ葉のクローバー
見つけた人は 幸せになれるんだと
ずっと君が探してくれていたもの

見つかりっこないと諦めれば
幸せなんて見つからないよと笑う君

この目で見ることが出来ないからといって
そこにはないと決めつけてしまうことは
夢とか希望とか絆とか愛が
この世界にはないと
決めつけることと同じなんだ
関連記事
スポンサーサイト

【2013/07/26 21:54】 | 競馬・GⅢ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック