昨年の夏のローカル2歳重賞連対馬はストークアンドレイを除けば
みんな「牡馬」でした。今年は札幌2歳終了時点で
新潟を2着したイスラボニータを除けば牝馬を起用していたので
昨年を反転させる結果を期待して「牡馬が勝つ」とほざいたのですが
思い通りの結果にならないなぁというのが本音ですし
本当に昨年の反転と思うなら牝馬同士を買うのが正解だったなと思います。

2012年
函館2歳 牝馬と牡馬
新潟2歳 牡馬同士で決着
札幌2歳 牡馬同士で決着
小倉2歳 牡馬同士で決着

2013年
函館2歳 牝馬同士で決着
新潟2歳 牝馬と牡馬
札幌2歳 牝馬同士で決着
小倉2歳 牝馬同士で決着

ところで、昨年の唯一牝馬ストークアンドレイはファンタジーSに向かったのですが
そのレースから牝馬GI馬が誕生したのは、なんらか関係してるんじゃないかな
と考えると、気になるのが唯一牡馬イスラボニータの次走です。
netkeibaの掲示板には芙蓉SかいちょうSから朝日杯と書いてますが
芙蓉ステークスは三年間牝馬が勝利し、その三頭はすべてジュベナイルで連対。
今年はそこに一石を投じると考えて芙蓉に出走してもらいたいものです。

49回新潟記念は馬連4-9
この牡牝っていう考え方、サマー2000でも使えるかと一瞬考えたんだけど
打ち消しちゃった。
昨年はフミノイマージン一頭を起用、今年も昨年と同じ3枠から出走コスモ・・・
しくじったなぁ

関連記事
スポンサーサイト

【2013/09/02 12:32】 | 競馬・回顧
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック