これといった運動もしませんし、帰宅してから遅い食事を摂りますので
気づかない間に立派な中年腹になってしまいました。
一度脂肪がつくと外科的治療による以外もとに戻すのはかなり困難らしいです。
ある程度は、食環境の改善や日常的な運動を継続する事で少しはへこむそうですが
たぶんそれができていれば、こんなお腹にはなって無かったと思うので厳しいです。

テレビで特集を組んでたりすると、ついつい見ちゃうから恥ずかしい。
先月かなぁ、「やせるホルモン」についてやっていて、これは見なあかんと
観ていると、ある刺激を与えることによって、小腸の下の方で
「GLP-1」という痩せるホルモンの分泌が増すというのです。
ふむふむ、「ある刺激」とは何だろうと興味津々見ていると
刺激を与える方法を2点紹介しておりました。

一つは「食物繊維」を摂ることなのだそうです。
一日に18グラム摂取するだけで良いというので、「なあんだ~」と思っていると
18グラムってきゅうり18本分かレタス4個分相当って言うじゃないですか。
無理でしょう!

もう一つは「EPA(エイコサペンタエン酸)」という、鯖など青魚に含まれる成分
ああこれはあかん、青魚は苦手。
だいたい、こんな事、毎日考えて料理作ってる主婦って、そんなにおらんやろ。
サプリに頼る人の気持ちが分からんでもない気がしてくるなあ。

「アボカドまぐろ」

アボカドまぐろ


嫁がよく食卓に出す一品。実はこれ食物繊維EPAを同時に摂れる
非常にバランスの良いメニューらしい。
一緒にテレビを見ていた嫁がドヤ顔でこっちを見てました。
「そんな自慢そうにされても家族全員、太ってる事実はどうするの?」
と口には出さず、心の中でつぶやきました。

関連記事
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://markun1128.blog.fc2.com/tb.php/388-fa6447be