土曜日は家族で完結篇を見てきました。
歩いて行ける場所に映画館があるので映画は家族で
よく見に出かけます。
嫁と息子は本も全巻読むほどの大ファンですので
私も必然、一緒に見ることになったわけですが
正直、二人ほど熱狂的ではありません。
でもあの小さかった子役たちが成長していく姿には
感動しますね・・・今は億万長者らしいですが(笑)

3Dで見ましたが眼鏡をかけている私には重ねメガネは
やはりしんどいです。
もう少し改良してくれないかな。
ミッキーのフィルハーマジックのような立体感は
無いですが作品そのものに深みを持たすような3Dの
使い方だったような気がします。

この作品が多くの人に愛されているのは
「立ち向かう勇気」がテーマにあるからじゃないかなと
個人的には思っています。
関連記事
スポンサーサイト

【2011/08/14 02:26】 | 映画・ドラマ
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック